松本紳助 (幻冬舎よしもと文庫)

  • 139人登録
  • 3.51評価
    • (8)
    • (14)
    • (19)
    • (1)
    • (3)
  • 11レビュー
  • 幻冬舎 (2009年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344412743

松本紳助 (幻冬舎よしもと文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新創刊の”よしもと文庫”。店で発見して思わず買ってしまった1冊。あの「松紳」を文庫化したもの。
    さすがに面白い。2人のトークもリアルによみがえってくるし。
    が、私の好きな”生まれ変わりトーク”と「楽しい学校なんてないねん!誰と過ごすかやねん!」という名台詞が入ってない!本にする意味半減だよ、マジで。残念。

  • 一番大好きな番組。DVD化願う(´Д`)
    腹抱えて大笑いする番組ではないけどめっちゃ面白い。ごっつやガキ使以上に大好き。

  • 笑えた。テンポも早いし、すぐ読み終えれる。テレビの会話、そのまんまってとこです。

  • 好きな番組だったなぁ。古本屋で見つけて即購入。

    セクハラの話めちゃおもろかった。

  • 島田紳助と松本人志とのTV番組「松本紳助」のトークを収録した一冊。

    紳助のトーク展開の天才さ。松本のド変態は性癖話など。

    トークを全て読んでわかった。紳助は天才やったんや。
    いや、実際すごい人なんやけど、でもって好きじゃなかったけど、
    明らかに松本に勝る部分がある。ほんと、すごいなぁ。

    松本の一言に感動。「『俺の耳が一番笑い声を聞いた』と思って死にたい」

  • やっぱりすごい。

  • ずっと辞めたいと言うてはったんやなあ、紳助さん。
    でも、社会をやっぱりよう考えてはるわ。だからこそ、テレビにも出続けられたわけで。
    今頃は肩の荷物が降りてゆっくり生活されているんやないかなあ。

  • お笑いの巨匠同士の対談。プライベートまで赤裸々に告白。

  • 2009年10月12日読破★
    印象に残ったこと
    P115
    紳助:お前がそっち方面で来んのなら、俺もそういう戦い方するで。(笑)
    P125
    紳助:けどな、「いつもみんなで考えよう」や。俺らもな、親をやるのは初めてやねん。そんなうまいこと解決できへんがな。ただ、子供は一回経験している。「だから、お前らの気持ちはわかる。俺もそうやった。中学の頃はそうやった。だから、今はいっしょに考えようや」ってな。「悪いけど、親は初めてなんや」と。ほんで、俺があまりにも怒りすぎたら、次の日にちゃんと謝るねん。「ゴメンな。考えたら、ちょっと間違うてたわ」って。
    P151
    紳助:「全てを学ばんでええ」と。「それは無理や。雑学だって、全てを学ぶ必要はない」と。基本的なことはいらんねん。もっと外側の難しい話を一個知ってるだけで、、内側のことまで全部知っとると判断されるねん。
    P187
    紳助:仕事すきなんやんけ。絶対に、それは好きなんや!俺、ちゃうで。トータルで生きるというかな、仕事も必要だけど、おれは「生きる」ということがテーマでありたいねん。

  • 下品な話もいっぱいですが、真剣な話もいっぱい。
    私の大好きな芸人さん二人の番組文庫化で、楽しいのです、大好きなのです。
    ただ…女の私はできればしらないままでいたかったこともぺろっと話してくれちゃってます(笑)

全11件中 1 - 10件を表示

島田紳助の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

松本紳助 (幻冬舎よしもと文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

松本紳助 (幻冬舎よしもと文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

松本紳助 (幻冬舎よしもと文庫)はこんな本です

松本紳助 (幻冬舎よしもと文庫)の単行本

ツイートする