ふたたび、恋が訪れて (ラベンダーブックス)

  • 68人登録
  • 4.35評価
    • (15)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : 松本 都 
  • 幻冬舎 (2009年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344413344

ふたたび、恋が訪れて (ラベンダーブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いやぁ~久方ぶりの★五つです!
    私の大好きなシンデレラストーリー
    それにものすごく可愛い幼い子供二人。
    読んだ後もじーんと心が温まるステキなお話でした~!

  • 夫を亡くし、悲しみにくれていたロクサーナは好色な義兄から逃れるため、戦争と離婚スキャンダルで人から遠ざかっていたウィン卿の屋敷の離れを借り、2人の娘と暮らし始める。自分の気持ちを気付かれないようロクサーナに無償の愛情を注ぐウィン卿、子供にモテモテのウィン卿、雪の山越え、カッコいい。涙もろく、意外とユーモアのセンスもあって、ピアノが弾けるところもカッコいい。しかも眼鏡男子で読書家。一冊まるごとウィン卿の魅力でミッチミチ♡もちろん、ロクサーナはチャーミングで、2人の娘も愛らしく、彼女を襲う災難など、ストーリーも読み応えあります。

  • 1995 RITA賞”Best Regency Romance”賞を受賞した作品。
    部下の温かな家庭を羨ましく思いながらも、泥沼の離婚劇の後で、彼の評判は地に落ち、結婚はもう懲り々だと考える。そんな世を拗ねた男が、苦労しながらも温かな家庭を作る未亡人ロクサーナに恋をする物語。
    ヒロインのロクサーナは、夫の兄に愛人関係を迫られ、自活するにも経済的に苦境に立たされている。そんな彼女を守るために心を砕く彼の姿がキュンとくるお話。
    カーラ作品は、ホットなシーンは極力すくない(というか3行?)ので、ホットなシーンもある情熱的なヒストリカルロマをお求めの方はご注意。
    あらすじなど下記
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4657.html

  • 前半おもしろかった。いろんな物事を諦めた感じのヒーローがヒロイン母子に出会った途端メロメロになるところは微笑ましい。しっとりとした大人の雰囲気の、いいお話でした。

  • ウィン卿とロクサーナ、お互いいつ心が開けるのかと気を揉みながら、読み進む。ウィン卿は、傷ついているが、本来優しい人だ。
    貴族の名誉がありながら、便宜上の結婚をしてしまう所は、驚くとともに勇気に驚く。最終的には、”便宜上”でなくなりほっとした。

    200年近く前の貴族の仕事や生活の様子がわかる。領地の管理は、大変そうだ。ティビーがいい味を出している。

  • バツイチ侯爵・元大佐(38)+牧師の未亡人(27)娘二人あり[more]
    <blockquote>内容(「BOOK」データベースより)
    19世紀英国。ロクサーナ・ドリューは半年前、夫アンソニーを病気で亡くし、悲しみに暮れる生活を送っていた。ところがある日、亡夫の兄マーシャルから、養ってやるかわりに自分の愛人になれと迫られてしまう。好色な義兄から逃れるため、ロクサーナは小さな家を借り、幼い娘ふたりを連れて移り住む。家の持ち主は侯爵のウィン卿であるが、戦争のため不在にしていた。ある晩、領地の視察をしていたウィン卿がこの家を訪れる。ウィンは悲惨な戦争体験や離婚のスキャンダルのため、人に心を閉ざしていた。だが、健気に生きるロクサーナや娘たちと友情を育むうち、ふたたび人を愛する気持ちを取り戻し…。ヨークシャーの大自然を舞台に、第二の人生を歩もうとするふたりが出会い、さまざまな障害を乗りこえて結ばれるさまを丹念に描いた、心温まる感涙のロマンス。RITA賞受賞作。</blockquote>
    さくさく読めた。
    よく涙ぐむヒーローだった。ヒロインに一目ぼれで世話を焼く。
    ヒロインも明るく健気。ヒロインの娘が可愛らしい。

    tagは、ヒーローの凍傷と娘のインフルエンザ。

  • 大人のロマンス。ロマンス小説にカテゴライズされていなかったら、さらに多くの読者に愛されるであろうと思うと複雑な心境。

    未亡人と離婚歴のある侯爵が新しい人生を切り開いていくお話。

    映画化されたら、美しい英国の田舎風景が堪能できそう。
    ストーリーもしっかりしているし、現代の女性が共感できるヒロイン。自分の境遇を受け入れて、延々と丘を散歩するヒロインが綺麗。原題:Mrs.Drew plays her hand

  • バツ1侯爵 × 子持ち未亡人

    大人の恋。
    下手な駆け引きや苛々する誤解、すれ違いはなし。
    二人とも色々つらいこともあったのに、とても素直で読んでいて清々しい。
    子どもは可愛らしく、大人はしっかり自分の仕事をする。
    皆幸せになれるよう応援したくなるカップル。

  • 他の方のブログの評価を見て興味が湧き、古本で購入。
    初めてのヒストリカル・ロマンス本。 評判通り、素晴らしい物語。 恐らくこれから何度も読み返すと思い、星五つ。
    真摯に降りかかる災難に立ち向かうヒロインに感動。 「配られたカードで勝負する」という言葉は、普遍的に使えそう。 すごい作家だ。 他のロマンス作家の作品とは格が違う印象を受けた。

  • 洋書の方も読みましたが、気になって邦訳も。
    ロマンスの翻訳本は翻訳者が玉石混交で
    泣きを見ることがあります。
    松本都氏は素晴らしい~。
    この作者の持ち味が崩れていない。
    優しい物語です。読んでよかった。

全11件中 1 - 10件を表示

カーラ・ケリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョージェット・...
ジョージェット ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ふたたび、恋が訪れて (ラベンダーブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ふたたび、恋が訪れて (ラベンダーブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ふたたび、恋が訪れて (ラベンダーブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする