もう愛の唄なんて詠(うた)えない (幻冬舎文庫)

  • 23人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : さだまさし
  • 幻冬舎 (2009年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344413429

もう愛の唄なんて詠(うた)えない (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実はよっちんは芸風に似合わずさだまさし氏が大好きです。実家のおかんが好きでその影響ですね。さだまさしを聞くと「生きること」についてとても謙虚な気持になります。納得させられたり、心があたたまるエッセイでした。なかでも感動したのが昭和62年7月1日の岩手県大会、強豪の盛岡商業高校VS無名の岩手橘高校
    53:1で5回コールドとなった試合について書かれた一文。すでに大差がついていた4回裏、ただ1回のエラーとそれに続く3塁打で
    1点を返している。当時映画で28億の借金をかかえていたさださんはこの事実から「最後まであきらめるな」ってエールに思えたそうです。53対0なら凡戦だけど、37点をリードされた後の4回裏の一点の本当の重みある得点。
    「37対0でもたった一点を取りにいこうとするのが『生きる』ことだよ、『捨てるな』と。夏の高校野球。それは只の一度も負けなかったった一つのチームと、たった一度しか負けなかった四千幾つのチームで出来ている。僕は苦しい時いつもこの53対1のゲームを思い出す。そして自分に言うのだ。結果ではなく中身だと」
    この文章だけでなくほのかな感動を与えてくれる文章満載でした。

  • 自分が抱いていた思いを、さだまさしさんが書いてくれた気がします。

全2件中 1 - 2件を表示

さだまさしの作品

もう愛の唄なんて詠(うた)えない (幻冬舎文庫)はこんな本です

もう愛の唄なんて詠(うた)えない (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする