悪夢のギャンブルマンション (幻冬舎文庫)

  • 810人登録
  • 3.27評価
    • (34)
    • (66)
    • (153)
    • (35)
    • (9)
  • 85レビュー
著者 : 木下半太
  • 幻冬舎 (2009年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344413689

悪夢のギャンブルマンション (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おもしろかった!これまた一気に読んだ。木下半太の書く本はほんと読みやすくてテンポよくておもしろい!
    簡単に人がしにすぎて怖いけど、ヤクザものだしね。ちょっと、ラストに向けて失速気味な気がした。

  • 悪夢シリーズは何も考えなくていいから好き。

  • 「悪夢」シリーズ やっぱり面白い。 いつも最期に裏切られる。意外な関係だったり、最期にホロッときたり、今回はスッキリ系。 ドラマの様な(ちょっと軽い)展開でスピード感もあっていいんだが、結構簡単に殺されるのがなぁ。 今回何人死んだのって感じ。

  • 主人公がアレだ。一人超人が混じってる。

  • 大国町の裏カジノマンション。当然、経営者はヤクザ。オカマバーのママ、マッキーは、借金に悩むイケメン客のために、その裏カジノマンションでのギャンブルに付き合うことに。同じくオカマのジェニファーとその元カレ、輝男も加わるのだが……。

    いろいろ出てくるイカサマが興味深くて楽しいです。全編に飛び交うベタベタの大阪弁とオカマ言葉、特にジェニファー、サイコー。

    あんまり元気じゃないときにはうってつけの本なのでした。

  • 細かいとこはすっ飛ばして読める娯楽作品。

    ギャンブルシーンの心理戦は痛快。
    でも、またもや最後の方はご都合良すぎ。

    主人公トリオ以外は案外あっさりと処理されるとこも驚き。
    それも裏切りとして楽しめばOK。

  • 読むのをやめるほどつまらなくはなかったけど、勢いで押し切る映像か舞台のほうが合いそうな気がする。
    とはいえ、そんなお手軽さ、読みやすさが良さなんですよねきっと。

  • 悪夢シリーズ。
    キャラクターは相変わらず強烈だが、他の作品に似ていて、盛り上がりに欠けたかな。

  • オカマのマッキー再び!
    つか、
    マッキーーボンちゃんなんですよねぇ。。。

    ヒロが脅されてるから、
    ヒロのお金を元金にして、
    ギャンブルマンションで増やして借金を返そうと画策し、
    マッキーに、
    あの、
    ジェニファーに、
    ヒロ、
    と、
    輝男とでギャンブルマンションに挑戦!

    1回入ったら最上階の5階まで登らないと出れない。
    各階に、
    ギャンブラーがいて、
    ギャンブル勝負をし勝たないと登れない。
    金は増えることもあるが、
    もちろん、
    減る、
    つまりは借金が増えることも多々あると。
    つまり、
    ブルース・リーの死亡遊戯的な?!

    もちろん、
    向こうはイカサマしてるわけで、
    こちらも、
    そういった対応で戦うのですが、
    オーナーを裏切ろうとしてる奴と、
    警察とが絡まりあって事態はてんやわんや!
    の、
    はずですけど、
    伝わってこないのねぇ。。。
    ちょっと、
    緊迫感とか読んでて感じられないのが残念ポイントかな。
    で、
    まさかですが続くのかな?
    悪夢シリーズってまだまだあるんですが、
    マッキーが主人公のってまだあるのかな?
    いちおう、
    読むけどねぇ。。。
    ちょっと、
    今回のが期待外れ感が強かったので微妙だなぁ。。。

    そもそも、
    なんでまたオカマをつかったのでしょうかね?
    使わなかったら、
    もっとシリアスにでもできただろうし、
    逆に、
    コメディにもできたんじゃないかな?
    マッキーに縛られすぎてるんじゃないかな。

    ジェニファーも前回よりも頑張ってるけど、
    強い!
    と、
    言うイメージが負けすぎてて無くなってしまったし、
    そもそも、
    格闘というか、
    腕力で強いキャラって必要じゃない気もします。
    オールミスキャスト?!

    発売当初は知らないけど、
    カイジをはじめ、
    ギャンブルを元ネタにした漫画や小説って結構あるし、
    おもしろいのも多い中、
    ちょっと、
    ネタ的にも弱かった。
    もっと、
    練ったギャンブルバトルを期待してたかな。
    そもそも、
    悪役も魅力あるキャラにできてなかったね。
    強そう、
    怖そう、
    なんですがそれだけって感じで、
    中ボスが、
    仕方なしにラストボスになっちゃってる印象がありました。

    読みやすいのはいいところなんでしょうけど、
    軽い印象が強まっちゃったんで残念やな。
    あー、
    密室の作り方もちょっと弱かったかもですね。。。

    まぁ、
    次に読む予定は、
    「悪夢の商店街」なんですが、
    商店街で何が起きるのでしょうね?
    たぶん、
    マッキーはでてこないだろうから楽しみにしている!

  • マッキー&ジェニファーに会えて嬉しかった。

全85件中 1 - 10件を表示

木下半太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

悪夢のギャンブルマンション (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

悪夢のギャンブルマンション (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悪夢のギャンブルマンション (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪夢のギャンブルマンション (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする