知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)

  • 440人登録
  • 3.50評価
    • (19)
    • (55)
    • (58)
    • (13)
    • (3)
  • 43レビュー
著者 : 橘玲
  • 幻冬舎 (2009年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344413733

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 橘玲が綴る40の物語。
    厳しい現実を淡々と、クールに、気持ちいいくらいビシビシ突きつけてくれます。
    マイホームご購入、生命保険加入を検討中の方にご一読頂きたい。
    どちらも考えてないけど、年金がもらえるのか心配な方も是非。

    名言だと思った部分を一部抜粋。
    ------------------------------------------------------------------------------------
    ・生命保険というのは、身も蓋もない言い方をするならば、宝くじの一種である。保険料は宝くじ代金の分割払いであり、自分が死ぬと保険金という名の当せん金が支払われる。
    さらに、一般の宝くじと同様に、生命保険の場合もほとんどの人が損をする。おまけに経費率が高いので、ギャンブルとしては救いがたいほど魅力がない。だが、抽選に外れたということは自分がまだ生きているということだから、文句を言う客はいない。
    ・保険とは損をすることに意味のある宝くじなのだ。


    ・全財産百万円に加えて四百万円を銀行から借り、五百万円を一つの銘柄に投じる人がいる。資産運用理論からすれば彼のやっていることは狂気の沙汰だ。不思議なことにこの国は彼のような危険な投資家であふれている。
    五千万円のマイホームを購入するのに、ほとんどの人は一千万円の自己資金しか用意しない。残りの四千万円は住宅ローンで借りるからだ。誰もが当たり前と思っているが、やっていることは不動産を投資対象とするハイリスクな信用取引と変わらない。


    ・米国では目の前に理想の病院があっても、ほとんどの人がその恩恵を被れない。最高の治療を受けるためには金が必要なのだ。
    ・だが、私たちにも、十分な治療を受けるために必要なものがある。それは時間だ。・・・・・・・日本では暇な人ほど質の高い医療を受けられる。金で患者を差別するのは不平等である。では、時間による差別は何と呼ぶのだろう。

    -------------------------------------------------------------------------------------

    この本はあくまで橘エッセンスを集めたものだと思うので、『世界にひとつしかない「黄金の人生設計」』とかもっと厚めの本で勉強しないとちゃんとは理解できないかな。復習せねば。。。

  • 経済的自立を達成するには経済合理的に行動すればいい
    橘玲の著作の核心部分です。日本人の行動基準は確実に合理的になっています
    。以前は「コスパ」なんて言葉は広く使われていませんでしたが、
    今はあらゆる場面(人間関係、付き合い等でも)でコスパを基準に行動する人が増えました。
    社会は、潔癖主義(社会常識に照らして白黒つけたがる)になっていますが、
    利便性と合理性を追求する社会では仕方ないのかもしれません。
    全ては自己責任になっています。
    内容自体は少し古びていますが、10年以上も前に氏が提起したことを考えても、
    その先見性には脱帽します。

  • 何度か改訂はされているものの、実質的には十数年前の本。にもかかわらず内容に古さは感じられず、むしろその当時指摘した通りの状況になっている。
    その当時は色々異論もあったのかもしれないが、今やそんな人もおらず、現実を淡々と受入れているように見える。

  • GLOBIS推薦図書

  • 著者らしい語り口で、40の話をサクサクと読んだ。
    頭の体操といった感じで、経済についての考え方の訓練ができる。
    part2の「正しさの問題」は、リバタリアニズムの思想を著者なりに翻訳したものである。

  • 医療費の増大や年金問題など社会問題についてのエッセイ。
    暴論と言われてもおかしくない意見を提示して、あなたならどう考えますかと問いかけてくる。
    現代社会が孕む矛盾が浮き彫りになっています。
    テレビを降板させられた某本アナウンサーと似たような意見も出てきますが、問題にならないのは品の有無でしょうね。

    #読書 #読書倶楽部 #読書記録
    #知的幸福の技術
    #自由な人生のための40の物語
    #橘玲
    #2016年91冊目

  • 橘玲が得意とする厭世的なハナシで世の中の不具合をバッサリと切っていく。

    民主主義と資本主義は並立しているが、前者は1人1票、後者は1株1票。積立不足分を厚生年金が補充する国民年金ほど優れた商品はないから、その点を社会保険庁は宣伝すべき。国民のプライバシーを侵害しなければ確定しない所得税より、人頭税の採用を。

    例によって、身も蓋もない露骨な表現だが、説得力は充分。「知的幸福」につながる、誰もが知っておくべき情報だ。ただし、読んでいて気分が良いかどうかは、別の問題。

    で、なぜ著者がこうしたバッサリ論を振りかざすような人間になったのか、自身の過去を理由にあげている。珍しく自分語りをする著者。興味深いけど、それを信じるかどうか、読者を試しているような気がしなくもない。

  • 20160730 言っていることに追いつくのが大変だった。結局、追いつかないまま終わったような気がしている。

  • 宝くじは止めた方がいいかなぁ。。

  • 経済的合理性の話。倫理観とか、人間の考えや行動の癖などもあるため、なかなか筆者の提案通りに生きようとする人はいないだろう。

全43件中 1 - 10件を表示

橘玲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)の作品紹介

億万長者になって王侯貴族のような生活を送ることは誰にでもできるわけではない。だが自分と家族のささやかな幸福を実現することは、難しくはない。必要なのはほんの少しの努力と工夫、人生を設計する基礎的な知識と技術だ。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』の著者が、激変する状況のクールな認識から人生設計を再構築する方法を凝縮。

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)はこんな本です

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)の単行本

知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする