会社じゃ言えないSEのホンネ話 (幻冬舎文庫)

  • 78人登録
  • 2.96評価
    • (0)
    • (7)
    • (11)
    • (4)
    • (2)
  • 9レビュー
  • 幻冬舎 (2010年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344414273

会社じゃ言えないSEのホンネ話 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  SEって大変だ、なんか人間として扱われていないような気がする。著者が偏っているだけなのかいまいちこの職種危なっかしい部類に入りそうだ。

     と言いながらなんかその反面とても楽しそうにやっているような雰囲気もちらほらあり本当に好きなんだという気持ちが文体にあらわれていて少し安心する。

     一番大切な仕事なのにあまり表に出てこないそれでも人はこの職種にあこがれを持つ・・・・かな?

  • ■書名

    書名:会社じゃ言えないSEのホンネ話
    著者:きたみ りゅうじ

    ■概要

    働けば働くほど貧乏になるじゃん!?超過酷な労働環境が教えてくれ
    た、トホホな実態&究極の仕事論。
    (From amazon)

    ■感想

    この人の本は、当たり外れが激しいです。
    これはハズレですね。
    というか、読む時期が遅すぎた感があります。

    今の時代と少しズレた話が多いかな?と感じますね。

    今さら本で読む事でもないという内容です。
    ネットに同じような話があふれています。

    これは、読む時期に左右される本です。

  • 読んでいて面白い。この作者の別の本も読みたい。

  • SEは大変なんだね。ということがわかる。というか、それだけ。学ぶことはない。35歳SEの方は、あるある話で面白いかも。読み物としていいかも

  • きたみさんがSEとして大変だったことが分かる。
    会社で寝るという選択肢はないなぁ。。

  • 共感する部分が多くて・・・洒落にならないっす(笑)。

  • 中小企業のSEの話。
    自分の体験をおもしろおかしく脚色して書くのは良いけど、それが大手も含めた業界全体の傾向であるかのように書かれているのが気になった。

    たとえば車の部品を作ってる町工場だけ見て「トヨタはブラック」とか言ったら、笑いものになっちゃうよね。

    でもSEだと何故か、案件規模、上流・下流を無視して、十把一絡げにされちゃうんだよなぁ。

    きたみりゅうじは嫌いでは無いけれど、とりあえずこの本はつまらない。マンガは◎、文章が×。途中でギブ。

全9件中 1 - 9件を表示

きたみりゅうじの作品

会社じゃ言えないSEのホンネ話 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

会社じゃ言えないSEのホンネ話 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

会社じゃ言えないSEのホンネ話 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

会社じゃ言えないSEのホンネ話 (幻冬舎文庫)の作品紹介

働けば働くほど貧乏になるじゃん!?超過酷な労働環境が教えてくれた、トホホな実態&究極の仕事論。

会社じゃ言えないSEのホンネ話 (幻冬舎文庫)はこんな本です

会社じゃ言えないSEのホンネ話 (幻冬舎文庫)のKindle版

会社じゃ言えないSEのホンネ話 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする