交渉人・爆弾魔 (幻冬舎文庫)

  • 357人登録
  • 3.37評価
    • (11)
    • (42)
    • (64)
    • (10)
    • (3)
  • 41レビュー
著者 : 五十嵐貴久
  • 幻冬舎 (2010年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (533ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344414518

交渉人・爆弾魔 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なるほど、今度の犯人はそう来ますか!
    結末までまだまだ残っているのに犯人を明かす大胆さw
    著者がリードして見え見えでしたがwww
    ラストはこじ付け?根拠が乏しいがストーリーは楽しめました。

  • 交渉人シリーズ第2弾
    『交渉人 遠野麻衣子・最後の事件』の文庫化にあたってタイトルが変わっているのを知らず、両方借りてきてしまった。図書館で良かった。
    (シリーズものは表紙にもわかりやすく番号を振ってほしいといつも思う)

    石田警視正の逮捕後の話。
    麻衣子さん、まだまだ未練があるのね…。フクザツ。
    都内各所に爆弾が仕掛けられて、パニックになる話。
    犯人が予想外だったので最後まで勢いよく読めた。

    警察小説は多数あれど、かっこいい、強い、過去ワケあり女性刑事が多いので女性キャリアが活躍する話はもうちょっと見たい。

  • あるところから急にテンポが速くなった・・・
    無理やり感あったかな~

  • 元上司・石田警視正の裁判で判決がくだった。
    直後、麻衣子のもとに1本の電話がはいる。
    「カルネアデスの板」を例にとり、判決に不満があるのだろうと麻衣子に告げる。
    電話中に交番が爆破され、麻衣子は御厨の釈放を交渉するよう求められる。
    シヴァと麻衣子の攻防は見応えがある。
    麻衣子を信頼しようとしない上層部、わずかな手掛かりから犯人に迫っていく麻衣子。
    何度もくり返される犯人側との交渉。
    直接犯人と対決する場面は圧巻。
    すべてを計算しつくして犯人と対峙する麻衣子は、犯人を挑発し、策を弄し、ついに犯人であることを認めさせる。
    「彼女は自分の心を信じきることができないまま、自分に敗れたのです」という麻衣子のセリフは、印象的だった。
    過去がどんなに悲惨なものであっても、だからといって他者を悲惨なめにあわせるのは絶対に許されない。
    前作と同じように、本作の犯人にも犯人なりの事情があった。
    だが、それだけだ。力で解決しようとする者は、力によって潰される。

    ※「カルネアデスの板」とは
    自己に危険が及ぶと判断された場合、他者に危害を加えてもそれは緊急避難と解釈され、処罰対象にはならない。

  • 交渉人シリーズ第2作。前作から続いている話になっているから、3作目を先に読んでしまったのは失敗だった。
    話は爆弾を仕掛けたテロリストと交渉人のやりとりがメインになるが、サイトやメールが中心。交渉自体の面白みには欠ける。
    ただ、都内がパニックになっていく様子はとてもリアルで興味深い。

  • うーん 動機が ちょっとよくわからないかなあ。交渉人というほど交渉してないのでは

  • 交渉人の続編。もちろん単品でも読めますが、主人公の他に前作の登場人物も出てくるので、前作を読んだ方が楽しめるかも。

    前作もそうでしたが、犯人の動機という箇所が非常に重要視されている作品でした。(まぁ、動機が強くなければそれに伴うストーリーの肉付けにはならないのですが・・・)
    その動機がスパイスが聞いて良作になるのでしょうね。

    それにしても主人公 遠野麻衣子さんの影・・・少し薄いかも(涙)

  • 1作目は個人的にかなり良い出来と思ってまして、けれど間違って先に読んじゃった3作目はそれを比較するとずいぶん出来が落ちてしまったように感じちゃいました。

    で、ようやく2作目の本作を手に取ったわけですが、1作目の出来が良すぎたので、読む前はあまり期待していませんでした。

    本作は某宗教法人によるテロを模した内容。都内のどこかに爆弾を仕掛けた犯人の要求は「宇宙心理の会」の教祖、死刑囚御厨徹の解放。

    設定自体はさほど目新しくは感じず。けれど展開は序盤からスリリングで終止テンションが落ちず、500ページオーバーのボリュームなのに、それを感じさせないストーリーの「惹き」がありました。

    今回の事件で「怖い」と感じたのは、情報の錯綜による一般市民のパニック。誰もが携帯端末を通してインターネットに情報をアップロードできるようになった現在、タクシー内の何気ない会話ですら、爆発的に、あっという間に世界に広がってしまうこともあるんですよねぇ。(40ほど前にすら、豊川信用金庫事件なんてのもあったくらいですから、たとえデマだったとしても、その影響度は計り知れないほど大きくなってるんじゃないですかね。)

    ところどころ、小さな点で気になるところ(犯人とのやり取りで使用するパスワード強度の点とか)はありましたが、それを補ってあまりある面白さがあったと思います。

  • 実在のひとつの事件がベースになったお話しかと思ったら、それだけじゃなかった!
    ただ、いまいち主人公が救われないと思うのは僕だけ?

  • 犯人との交渉より、主人公と上司の交渉を描いた部分の方が多かった。

全41件中 1 - 10件を表示

五十嵐貴久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
五十嵐 貴久
五十嵐 貴久
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

交渉人・爆弾魔 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

交渉人・爆弾魔 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

交渉人・爆弾魔 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

交渉人・爆弾魔 (幻冬舎文庫)はこんな本です

交渉人・爆弾魔 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする