世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)

  • 326人登録
  • 3.96評価
    • (37)
    • (40)
    • (29)
    • (6)
    • (0)
  • 46レビュー
  • 幻冬舎 (2010年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (529ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344415065

世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この旅行記は、本当にわくわくする!すごく旅に出たくなる♩著者が楽しんだ世界が伝わってきて、本当に面白い♩

  • ひゃー!おもしろかった~!
    世界一周旅行記みたいな本は高橋歩さんを中心に好きだけど、この本もまたひと味違って大好きだ。
    世界に対して、今の日本に対しての感じ方も共感できたし、何よりナオト・インティライミさんが大好きになって、音楽や活動に触れてもっと知りたいと思った。

  • 歌手のナオトインティライミのバックパック旅行記。俺も世界一周したい。するためには、色んなハードルがあるけど、世界一周するためのモチベーションになる一冊。

  • 面白かった。たくさん共感した。国は違えど人間みな兄弟だと私も思う。そして、言葉で伝えることはすごく大事だと私も強く思う。
    私は一人時間を楽しむタイプだけど、一人を楽しめるというのは、家族や友人など大切な人に支えられているからできているのだという解釈をなるほどと思った。確かにそうだ。私は人に恵まれているといつも思う。本当に孤独で寂しくて仕方ない状況であれば、一人を楽しむなんて考えられないだろう。一人時間を楽しめるってすごくありがたいことだなあって思った。

  • 著者はミュージシャンなので自身の宣伝半分だが、音楽を媒介として臆することなく現地に溶け込もうとする姿勢は素晴らしい。

  • とっても前向きな明るい旅!自分自身の行動力が旅の楽しさを左右するな〜と感じた。

  • 文章が日記帳で読みやすく、ユーモアがあった。行動とプラス思考の塊。自分も見習おう。

  • 面白かった!でもキセルの話を堂々と出版してしまうのはいかんのじゃないか。

  • 2003年世界一周の旅に出発。
    28ヵ国を約1年半かけて一人で渡り歩き各地で様々な人に触れライブを繰り広げたナオト・インティライミの旅日記。
    盗難や体調不良など怖い経験をしながらも常にポジティブ常にハイテンションで現地に溶け込んでいく様子に天晴れ!
    アラファト議長府に乗り込んでミニライブをしたことはニュースにもなったが
    どんなビッグネームにも物怖じせず自分なりの平和論をぶつけ、
    議長府に滞在するなんて!
    飄々と語っているがとてもカッコいい!
    自分の世界は狭いな〜とちょっと凹んだけど(笑)スカッとする一冊。
    下巻も楽しみ♪

全46件中 1 - 10件を表示

ナオト・インティライミの作品

世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)に関連するまとめ

世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)の作品紹介

いつか「ワールドツアー」をするという夢の下見のため世界一周の旅に出たナオト。カオサン通りで偽IDゲット、パレスチナのPLO議長府でアラファトさんに生歌披露、サルバドールのカーニバルで侍魂炸裂…。行く先々で路上ライブを勝手に行い、草サッカーに無理矢理混ざる。溢れる情熱と行動力で現地の人の懐に入り込むナオト、旅の記録。

世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)はこんな本です

世界よ踊れ―歌って蹴って!28ヶ国珍遊日記 アジア・中東・欧州・南米篇 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする