案外、買い物好き (幻冬舎文庫)

  • 168人登録
  • 3.15評価
    • (4)
    • (8)
    • (26)
    • (9)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 村上龍
  • 幻冬舎 (2010年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344415256

案外、買い物好き (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前にもちらっと読んでいたのだが、いかに彼がシャツ好きかがわかる。そんな彼が番組で鎌倉シャツを絶賛していたこともあって、自分も買うシャツは鎌倉シャツだけになってしまった。いいシャツは人から見られるのどうのより、着心地の良さだという点に同意。

  • 「カンブリア宮殿」で今日はどんなシャツを着ているのかをチェックするのが楽しみになった。

  • 買い物好きって意外だけど なんかかわいいなぁ

  • 2015/6/26読了

  • 龍さんのエッセイって刺激的で挑発するような内容が多いと思っていたのですが、これはタイトル通り「案外」ミーハー(死語?)な所があって、面白かった。買い物も生きる力だと思います。こんな情熱を持って買い物したいなあと思いました。人生に疲れちゃうと買い物をするのも面倒くさくなりますもんね^^;

  • あれ、結構、村上龍って、性格的に自分と似ているかもしれないなぁ、と思うことがあった。これまでの著作ではそんなふうに思うこともなかったのだけれど。これからはカンブリア宮殿の時、よく彼のシャツやらを見てみよう、と思ったり。(12/3/26)

  • うろ覚えなのだが林真理子さんが「週刊朝日」か何かで村上龍さんと対談していて、その中の対話で何か「イヤなこと」に話が及ぶことがあり、その話題を受けて龍さんが「そんなことをしたらトゥールダルジャンで食べても不味い」みたいな発言をされていたように思う(「林真理子」も「週刊朝日」もひょっとしたら記憶違いかもしれないが…)

    「とぅーるだるじゃん?」

    言葉の意味こそよくわからないが、龍さんの口から発せられると、変な説得力がある。以来、相当に美味いものを提供してくれる場所として「とぅーるだるじゃん」は私の脳裏に焼きついたのであった。
    (※これを書きながらGoogle先生に聞いてみると「とぅーるだるじゃん」はものすごい歴史のある有名フランス料理店らしい。昨今は格付けでいろいろあったりもするらしい。)

    さてさて、龍さんのお買いものエッセイである。

    上でも述べたのだけれど、龍さんが「いい」というもの(ごはんとかスポーツとか)を語る時、何か変な説得力が発生する(少なくとも私は説得されっぱなしである) これまでもぼんやりとそのことについて考えてみないことはなかったのだが、改めて考えると根源的な欲求に素直に従って出てくる言葉だからか、と思えてくる。いやむしろ言葉よりも欲求の方が前に出てきている感じである。

    人が何かを「好きだ」という言葉を発する時、そこに自身の「好きだ感」のオリジナリティを何パーセントか織り交ぜようとするのだけれど、多少は周りの人の目を気にしながら、ほどよく調理された形で俎上に言葉を載せる、ということがどうしてもあると思う(私もそう) なんだけども、龍さんにはそういう感じがない。龍さんが「好きだ」という場合、本当の本当に好きなんだとこっちが思ってしまうのである。なんともうらやましいのである。いやはや不思議。

    また、題が秀逸なのである。

    「案外」

    きょとんとした顔でこちらを見つめる小動物感を醸し出すことこの上なしである。

  • 可も無く、不可も無く。

  • 村上龍のお買い物日記。


    サッカーの中田がセリエAに居た時代のものなので
    イタリアでのものが多い。

    いいなあ、いいリネンのシャツ。

  •  村上龍氏のエッセイ。
     村上龍氏と言えば,僕の中では「Ryu's Bar」での飄々とした格好の良い人でありますが,このエッセイにもまた,あまりにも格好良すぎる村上龍氏がおりました。

     世界各国でひたすら買い物をし,美味しいものを食べているエッセイなんですけど,彼の男気や想いなどに溢れています。

     今度また,イタリアやフランスに行く機会があったら,この本を携えて"村上龍の足跡を追う"なんてやってみたいと思わせる。そんな本でした。

全18件中 1 - 10件を表示

村上龍の作品

案外、買い物好き (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

案外、買い物好き (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

案外、買い物好き (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

案外、買い物好き (幻冬舎文庫)はこんな本です

案外、買い物好き (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする