目線 (幻冬舎文庫 あ 31-2)

  • 345人登録
  • 3.09評価
    • (4)
    • (38)
    • (57)
    • (26)
    • (4)
  • 50レビュー
著者 : 天野節子
  • 幻冬舎 (2010年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (457ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344415355

目線 (幻冬舎文庫 あ 31-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ✨目線✨まさしく目線‼︎ 納得

  • 田園調布が出てきた!
    ーーー
    建設会社社長の堂島新之助が、自由の誕生日にベランダから落ちて死亡する。宴の場に集まっていた家族ら11人にアリバイがあり、警察は自殺として処理する。そして、初七日。哀しみに沈む堂島邸で、新たな犠牲者が。新之助の死は、本当に自殺だったのか? 疑念を抱く3人の刑事は、独自の捜査を開始する。愛憎渦巻く一族の悲劇を抱いた長編ミステリ。

  • しまった、これ、単行本のほうで読んだことあったと読み始めて早々に犯人を思い出してしまったのだけれど、些細なでティールはすべて忘れていたので再読してみた。
    うーん、小説だからできるミステリーだなぁとしみじみ思う。

  • 閑静な高級住宅街に佇む堂島邸には、主人である新之助の誕生祝いのため、家族や友人ら11人が集っていた。だが、「めでたい発表がある」と言っていた新之助は、自室のベランダから飛び降り、亡くなってしまう。その死は、自殺として処理されたが、飛び降りる直前に掛かってきた電話の内容は誰にも分からなかった。そして、初七日。哀しみに沈む堂島邸で、新たな犠牲者が出る。謎に包まれた事件の真相を究明するべく、3人の刑事が独自の捜査を開始した

  • はあー、犯人はあなたでしたか~とは思いましたが、なんだか物足りない感じ。

    新之助と松浦、宮本の3人がほぼ喋らないで、周りの人から印象を聞くだけなので感情移入できないというか……。

  • 怨恨のシナリオ、トリックもいまいち、動機もいまいち、のめり込めない。登場人物の描写が展開する前半がかなり辛気臭い。テンポは後半からよくなる。
    全体的にあまり好きになれないシナリオだった。

  • 閑静な高級住宅街に佇む堂島邸には、主人である新之助の誕生祝いのため、家族や友人ら11人が集っていた。だが、「めでたい発表がある」と言っていた新之助は、自室のベランダから飛び降り、亡くなってしまう。その死は、自殺として処理されたが、飛び降りる直前に掛かってきた電話の内容は誰にも分からなかった。そして、初七日。哀しみに沈む堂島邸で、新たな犠牲者が出る。謎に包まれた事件の真相を究明するべく、3人の刑事が独自の捜査を開始した。

  • 読み終わった後に、うわーーっとなってしまった。切なくて。

  • 初めての作家さんでしたが面白かったです♪

    違う作品も読んでみようとおもいます。

  • 資産家の老三姉妹が、毎年秋に開催する豪華なパーティー。

    山奥のクラシックホテルを貸し切りにして。

    集まる人は、姉妹の招待状を受け取った人。

    娘、甥、その嫁、そしてその弟なども、その毎年の招待客。

    嫌悪感を抱きつつ、毎年薬物が切れた中毒患者の様に、ここに集まる訳は。。。

    これは、現実なのか、妄想なのか。

    最後まで騙されたのは、誰でもない私でした。。。

全50件中 1 - 10件を表示

天野節子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

目線 (幻冬舎文庫 あ 31-2)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

目線 (幻冬舎文庫 あ 31-2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

目線 (幻冬舎文庫 あ 31-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

目線 (幻冬舎文庫 あ 31-2)の単行本

目線 (幻冬舎文庫 あ 31-2)のKindle版

ツイートする