雨月の道―よろず屋稼業 早乙女十内〈1〉 (幻冬舎時代小説文庫)

  • 20人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 稲葉稔
  • 幻冬舎 (2011年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344416918

雨月の道―よろず屋稼業 早乙女十内〈1〉 (幻冬舎時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • L よろず屋稼業早乙女十内1

    表右筆の家柄の次男で、部屋住みに嫌気が指して市井で一人暮らし。食うために何でも屋を掲げている。滅法腕が立ち、料理も腕もいい…。ってどんだけ詰め込むんだ(笑) 旗本の次男坊ってだけで、もはやその先がよめたような。
    困ると父親からはなしを聞いたりして、すべていいトコ取り。料理の腕がいいのは本当に余分。

  • シリーズ第一弾
    旗本の二男坊早乙女十内が家を飛び出し、気ままの暮らしを
    隣の美女二人、そして食えない同心
    一冊で完結、読みやす

全2件中 1 - 2件を表示

稲葉稔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

雨月の道―よろず屋稼業 早乙女十内〈1〉 (幻冬舎時代小説文庫)はこんな本です

雨月の道―よろず屋稼業 早乙女十内〈1〉 (幻冬舎時代小説文庫)のKindle版

ツイートする