土井徹先生の診療事件簿 (幻冬舎文庫)

  • 183人登録
  • 2.85評価
    • (2)
    • (6)
    • (35)
    • (15)
    • (2)
  • 29レビュー
著者 : 五十嵐貴久
  • 幻冬舎 (2011年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344417113

土井徹先生の診療事件簿 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 職場のおじさんにお借りしました。
    このおじさん五十嵐ファンなんですよね、私実はミステリーとかそんなに好きじゃないんですけど・・・と今更言えず、いつも渡されるままに読んでいます。
    まーいいんですけどね、今回は特に、ゆるーい雰囲気の中途半端なトリックの短編集だったので、1日で読破しました。
    (私にとって)勉強色の強い本や重いテーマの本の合間の気分転換にはなったかも。。
    とはいえ、動物の習性とかはじめて知ったこともあって、そのあたりは面白かったです。

  • 仕事のないキャリア警察副署長の女の子と、動物と話ができるらしいおじいちゃん獣医さんが安楽椅子探偵役のミステリ
    人が死んでたりするので日常系ミステリではないのだろうけど、雰囲気的にはそんな感じ
    謎の答えは動物の習性や行動から導いているので、動物ミステリと言ったほうがいいのかも

    えっと、これって続編ある?
    土井先生が本当に動物と話せるのか?という最大の謎が解決されずに終わってしまった

    ま、その能力を使ってない話しもあったし、そんな設定がなくても何とかなったような気がしないでもないけどね
    ものすごく専門的な知識があれば、はたから見たら会話しているように見えない事もないけど、それだと最初の名前の件は説明付かないしね
    実は前から知っていしたようなホット・リーディングのような描写があったなら納得するんだけどね


    連作短編だけあって読みやすいしストーリーももわかりやすい

  • 殉職刑事を父に持つ、キャリア警察官の若い女性が主人公
    短編が連続して、、訳ありに獣医とその孫との絡みが面白い。。

  • 殉職警官を父に持ち、東大卒業後キャリア組として警察庁に入庁した立花令子は「父の仇を逮捕する!」という気持ちはさらさら無く、南武蔵野署副署長として暇な日々を過ごし、たまに動物が絡む事件を獣医の土井先生とその孫の桃子と解決する。軽く穏やかな話。殺人事件もあるんだけど重さも暗さも感じない。令子の語りだからか。
    軽いのはいいけど、最後まで令子の成長も警察官としての自覚の芽生えというようなものを感じられなかったのは残念。

  •  主人公(?)の令子ちゃんの存在意義が、「土井先生に事件のナゾを提供する事」ぐらいしか無いという点が始終気になって気なって仕方が無くなり過ぎながら読みました。

     動物が沢山出てきたので癒されましたね。私が大好きな「フレーメン」が出てきた事が一番印象に残ってます。

  • 中途半端なミステリー。

  • 同作者の「リカ」「リミット」はスリリングな内容でしたが、本作はとってものんびりした雰囲気。

    作中発生する事件は殺人などのシリアスなもの(中にはそうではないものもありますが)ですが、登場人物がとにかくおっとりしているため、不思議とマッタリと読めてしまう本。

    事件の真相などは大体予想通りではありますが、動物の特性を足掛かりに真相にアプローチするのはなかなか面白かったです。こういうノリが「アリ」な人なら楽しめる内容だと思います。

  • この人の作品は、基本的な設定におかしいところが多い。
    この作品もそう。
    キャリアの初任幹部が警部補なのはいいけど、
    警部補で副署長はねぇ・・・。
    あり得ん。
    そう言う、設定ミスがなければ、
    ストーリー自体は、まぁまぁかな。

  • いいんだけど、万引きに関する考え方が気に食わないので低評価。

  • ミステリ風味な短編集。上品な先生が素敵ですが、獣医さんな縛りのために真相がちょっと厳しいなぁと感じる部分も。ライトで読みやすいです。

全29件中 1 - 10件を表示

五十嵐貴久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

土井徹先生の診療事件簿 (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

土井徹先生の診療事件簿 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

土井徹先生の診療事件簿 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

土井徹先生の診療事件簿 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

土井徹先生の診療事件簿 (幻冬舎文庫)はこんな本です

土井徹先生の診療事件簿 (幻冬舎文庫)の単行本

土井徹先生の診療事件簿 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする