乱神(上) (幻冬舎文庫 た 49-1)

  • 39人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (5)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 高嶋哲夫
  • 幻冬舎 (2011年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344417199

乱神(上) (幻冬舎文庫 た 49-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても面白かった。ここから高嶋哲夫詣でがスタート。

  • イギリスを出港して2年半も航海を続けて日本に辿り着いたエドワードたちが日本での生活に戸惑いながら博多や鎌倉で生活したり蒙古軍の襲来に備えて一緒に闘ったりする。

  • 十字軍士が再度の元寇に備える日本に漂着、海外の戦術、知識を伝えるという話。まだ前半終了なので評価はなんとも。歴史ifなトンデモ系ではなさそう。

  • 十字軍の兵士達が、なぜか、日本へ漂着する。
    あたかも、第2次の元寇が始まる前、日本武士と元、そして西洋の闘い方
    これらをめぐり展開していく

  • 歴史物?
    話の展開に無理があり過ぎ感はあるがまあこんなもんでしょう。
    考古学者の部分はいるのかな?

  •  高嶋氏の初?歴史物ですが、意外にいけました。
     相変わらず途切れない会話による展開。ちょっとうんちく。やりますね。
    ファイアー・フライからサイエンス・ストーリーから少し方向転換ですが、いい方に転んでいます。
     ただ、設定・ストーリー展開が、昔の大ヒットTV海外ドラマ SHOGUNとほぼ同じで、このドラマを知っている人には、ちょっと???また、ある意味、M.クライトンのタイムラインともちょっと類似。
     ただ、こうしたチャレンジは好きな作家自身の楽しみを拡大する試みと捉えれば、ある意味納得。
     少なくとも、漫画原作や海外ドラマばかり放送しているTV業界とは一線を画したトライで称賛すべきだ。
     毎回ですが、最後にもう一工夫かと。。。

  • 元寇の襲来の危機があった時に騎士が、航海中に流されてやってきた。その騎士たちがどのような影響を与えていくのかという小説です。

  • 161 8/26-8/29

全9件中 1 - 9件を表示

高嶋哲夫の作品

乱神(上) (幻冬舎文庫 た 49-1)を本棚に登録しているひと

乱神(上) (幻冬舎文庫 た 49-1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

乱神(上) (幻冬舎文庫 た 49-1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

乱神(上) (幻冬舎文庫 た 49-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

乱神(上) (幻冬舎文庫 た 49-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

乱神(上) (幻冬舎文庫 た 49-1)はこんな本です

ツイートする