怖い話 (幻冬舎文庫)

  • 40人登録
  • 3.53評価
    • (0)
    • (8)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 福澤徹三
  • 幻冬舎 (2011年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344417236

怖い話 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 怪談の怖い話ではなく、色々な怖い話。
    福澤徹三さんはなかなか破天荒な人だったんだなあと思った。
    猿の脳みその話は気味が悪かった
    世の中には色んなグルメがあるのね

    最後の怪談話のKさんからの手紙はなんだったのだろう?
    読んだ人に死をもたらす手紙?

  • 怖いのは苦手だけど、これは本当に面白かった!時々ぞっとするけど、怖すぎず雑学寄り。でもあの表紙はやめてほしい...

  •  この本の中で何が一番怖いかというと、2ページ目、見開き目次ページが怖い。ページいっぱいに書かれている「怖い」の文字に戦慄を覚えた。常軌を逸する怖さとはこの様な些細なことなのかも知れない。

  • 2011年読了。

  • 再読ですけれども、良かったですね! なんかこのエッセイを読むと著者という人物がどういう人なのか、ますます知りたくなってくる欲求に駆られてきますね…

    それほど興味深い人物ですよ、福澤氏は!

    またこういうエッセイを書いてもらいたいですねぇ…転職経験が豊富というか、多いのはいかがなものなのか? 私的には好感持てるんですけれどもね…

    自分はだらしのない人間だ、と吐露しているところなんかはもう、同じダメ人間(!)として共感しまくりなのでした…さようなら。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 「怖い」がテーマのエッセイ。期待してたよりも面白かった。特に怖い映画の話で、「震える舌」について書いてあったけど、幼少の記憶ですごく強かったのを思い出せて、嬉しかった…

  • 「怖い○○」で統一されたサブタイトルで映画、絵画から食べ物、虫、さらにはブラック企業、怪しいバイトにアブない隣人、都市伝説……と多岐にわたる22篇。

    グロテスクな内容もないことはないが、総じて肩の凝らない“奇妙な話”“アブない雑学”寄りのエッセーという感じ。
    一番怖いのは表紙なのかも?

    詳しくはこちらに。
    http://rene-tennis.blog.so-net.ne.jp/2011-08-08

  • -

    -

全8件中 1 - 8件を表示

福澤徹三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
ピエール ルメー...
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

怖い話 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

怖い話 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

怖い話 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

怖い話 (幻冬舎文庫)はこんな本です

怖い話 (幻冬舎文庫)のKindle版

怖い話 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする