こんな感じ (幻冬舎文庫)

  • 244人登録
  • 3.14評価
    • (3)
    • (16)
    • (49)
    • (7)
    • (2)
  • 22レビュー
著者 : 群ようこ
  • 幻冬舎 (2012年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344418158

こんな感じ (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説なんだけど、群さんのエッセイ「ぬるい生活」そのまんまのような。50代独身の友人同士の女性三人が同じマンションに住んで淡々と日々を送っているって話で。特に何も起こらない何も変わらない。仲がいいんだけど、つかず離れず踏み込みすぎず、でも気を配り合うって感じの友人三人の関係がいいなあと思った。互いの体の不調を嘆き合えるだけでもすごくうらやましい。あと、まったくがんばらない感じ?にものすごく共感。運動しなきゃとは思うけれども、どうしてもできない、とか。中高年の恋愛とかいわゆる婚活とか自分にはありえない、とか。覇気がないのかもと思うけれども、そういう人も自分以外にいると思うとほっとしたり。
    ただ、親が病気や痴呆になったときに、こんなに冷静で淡々としていられるかは疑問だった。わたしはムリだろうなあ。でも、冷静でいなきゃいけないんだろう。自身の老化や先々のことについても、ここまで淡々とした気持ちになりたいかも。

    それにしても、群さんの猫を描く文章って本当にうまいなーと思う。わたしはまったく猫好きじゃないけれども、猫いいなと思う。

  • 今流行りの「タラレバ娘」のアラフィフ版と言ったら分かりやすいのかな。
    独身女性3人の日常を描いているのだが、
    アラサーとアラフィフじゃ話題も悩みも全然違う。
    体の不調、親の介護、そして突然現れた野良猫むくちゃんの行動…
    これ映像化するなら、
    かもめ食堂の3人でやってほしい…
    とか考えながら一気に読破しました。

  • 50代を迎えた女子3人の抱える問題を踏まえたドタバタ喜劇。今回は新たなキャラとして猫のむくちゃんを迎えて、女子3人日常生活が少しだけ味のあるものになっていく。ドラマにしたら楽しそうな一冊。

  • 物書きのヒロコ51歳、
    メイクアップアーティストのミユキ54歳、
    イラストレーターのマキコ49歳。
    3人のもとに、目のちーっちゃい野良猫がやってくる。
    笑えて沁みる連作小説。

  • 同じマンションで、同世代の女3人。
    深くつく合わずに、淡々としているが、結束は固い。
    更年期障害、親の介護の門でなど、深刻な問題もあるのに、野良猫の雄1匹の食事陽取るにしても、一喜一憂する所が、面白い。
    連作小説。
    確か前にアラフォーの3人のを、読んだ気がするけど、、、、

  • 中年の女性3人のお話。リアルに思えたなー。ほんとこれからそーゆー時期に入るのかと思うとトホホだけど。
    猫のむくちゃんのところはよかったー。

  • これ、結婚してないときに読んでたら
    もっと面白かったんだろうなぁーー

    あーー、もっと、早くに知って読んでみたかった!!

    結婚して、結婚してよかったと思えることもたくさんあるけど、あのひとり身の楽さっていうのもあったなぁって思い出した(笑)

    仲間はやはり必要ね。

  • おばちゃんたちと猫の話。外のヒトは切ないの。わかるなあ。

  • 群ようこさんはエッセイの方がだんぜん面白いのだけど、この小説はエッセイを下敷きにした私小説ぽいので、楽しめた。無理し過ぎない日常は共感するところ多し。2013/7/13

  • 読む時期間違えたかな。文体が乾いていてあんまり集中できなかった。ゆるゆる〜っとしていて好きな部類なんだけどなぁ。かもめ食堂の代わり。
    2013/03/21読了。

全22件中 1 - 10件を表示

群ようこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

こんな感じ (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

こんな感じ (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

こんな感じ (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こんな感じ (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする