自由な人生のために20代でやっておくべきこと[キャリア編] (幻冬舎文庫)

  • 283人登録
  • 3.40評価
    • (9)
    • (27)
    • (40)
    • (7)
    • (2)
  • 30レビュー
著者 : 本田直之
  • 幻冬舎 (2012年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344418264

自由な人生のために20代でやっておくべきこと[キャリア編] (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「好きなことが仕事になり、景気にも左右されず定年もない。特別な才能がなくても、そんな生き方が可能になった。でもそのためには、20代での準備が必要だ」僕もまだまだがんぼれるだろうか…。そんな事を考える。

    自分が就職活動をしていたときにこういう本に出会っていた、もしくはこういう生き方をしている人が身近にいてくれたらな、と思いながら読んでいました。自分の強みを生かしながらそれを仕事にし、景気や定年などの外部的な要因に左右されずに生きていく。それにはやはり20代の段階でここにかかれてあるような「したたかな」選択を視野に入れて生きていかなければならないということが記されていて、すごく勉強になりました。

    よく僕は自分の人生の「お手本」としてジム・ロジャーズのことを挙げるのですが、そういうことを言うと皆さん、一様に怪訝な顔をされるので最近では口にせずにこうして記事にアップすることにしております。筆者のような生き方をするにはどうすればいいのか?帝国主義的なグローバリズムがさらに進み、経済状況は好転する可能性がほぼ確実にない。雇用環境を考えても転職のやり方によっては給料が右肩上がりに下がっていく。そんな中でも何を勉強して、どのように学んだことを実行に移していくのか?それまでの成功体験がまったく通じなくなってしまった中で、20代といういわば「助走期間」をいかに活用していくか?というのが本書の狙いです。

    筆者の言葉にちりばめられた「ヒント」個人的に一番ぴんと来たのは会社に「スキルを提供する」という意識で働く、という箇所や、「お金を払ってでも働きたい会社に勤める」というのは後で自分に何倍ものリターンが帰ってくるという意味で『なるほどなぁ』と感じ入ってしまいました。僕は20代の前半から中盤にかけて、キャリア云々とはまったく異なる世界に身を置いていた時期がありましたので、この本をきっかけに少しでも自分の『理想』とする人生に軌道修正をするべく、がんばっていこうかと思っております。

  • 著者は少し先のライフスタイルを提案しているんだと思う。すべてでなくても、ヒントはあると思った。

  • 絶望的で、希望的な一冊。

    十年前位までは、経営学なんかの組織マネジメント的な本がベストセラーになってたけど、確かに近年では個人に特化したビジネス書が売れてるな。

    マルチキャリアな時代は確かに否めない。いわゆる、ただのサラリーマンじゃ生き残ってゆけない時代か。

    アンテナは張り巡らせて。

  • 社会の変化するスピードが速くなったことで、従来の安定志向的なライフ・プランは現実性を失いつつあります。会社の中での「コーポレート・キャリア」だけを追求し、社内でのパフォーマンスを上げるために全精力を注ぐのはリスクが大きいと著者は言い、個人のスキルを磨くことで「パーソナル・キャリア」を身につけることの重要性を説きます。

    ただし著者は、「コーポレート・キャリア」と「パーソナル・キャリア」を二者択一のものとして捉えるのではなく、とくに20代のビジネス・パーソンにとっては、コーポレート・キャリアを維持しつつ、その中で「パーソナル・キャリア」の向上につなげていくような努力をするべきだという、現実的な提案をおこなっています。

    勝間和代の『会社に人生を預けるな―リスク・リテラシーを磨く』(光文社新書)と基本的な発想は一致しています。ただし勝間の本が自己啓発本的な発想をベースにこの国の働き方にまつわる社会的なレヴェルの問題に切り込んでいくような考えを示しているのに対して、本書はあくまで、若い読者が自分自身の働き方と生き方について考えていくときに参考にするべき具体的な問題について論じています。個人的には勝間の著書の方がおもしろく読めましたが、本書の方がより実践的な内容だといえるかもしれません。

  • 過去の本田式サバイバルキャリア術という本をタイトルを変え販売しているみたいです。
    20代だけでなくすべての年代で実践すべきことだと思います。中でも過去の固定概念はすて、会社依存の人生でなく、個の力がものを言う時代ということを全編を通じ訴えています。この方の本はよくよみますので、内容がかぶっている所もありますが、とてもためになると思います。まず騙されたと思って内容を一つでも実践すべき!

  • 今後間違いなく働き方が変わってくるであろう未来の社会を見据えて、今考えておくべきこと、取り組むべきことといった参考になる情報が多々あり、新しい気付きだった。

  • 何のために何を得るのか

    本田さんの本は今回で2冊目、今後の人生でノマドという生き方を取り入れるのもありかなと思い読んでいる。自分の立場と本田さんが提示するプランの大きな違いというか前提の違いがあり、そのまま自分の人生に影響を与えるものではなかったけど、これからの時代は個人の実力の世界になっていくという意図はしっかりと感じ取れた。

    個人の実力がモノをいう世界になったときに「何のために何を得るのか」を基準にすべての行動をする必要がある。こういったことを日常生活の中で意識するだけでこれからは変わるのかな。

  • 「ーレールから外れろーその先に大きな成功がある。」

    雇われ型のコーポレートキャリアではなく、スキル提供型のパーソナルキャリアについての本。これからの時代生き抜くために必要なスキルが分かりました。

  • 終身雇用や年金制度の崩壊が起こっている現在、サバイバル能力を身に着けることが急務であり、それが結局は安定につながると感じた。
    これからのキャリアを考える上で、危機意識を促される一冊。

  • これから日本も北欧の国のように、給料が減り、労働時間が短くなる方向に向かうという仮定が事実となれば、社員であることの必要性は下がってくるだろう。
    会社で働くことで得られる「コーポレート・キャリア」だけでなく、会社の外に出てもサバイバルできる「パーソナル・キャリア」も大切である。

全30件中 1 - 10件を表示

本田直之の作品

自由な人生のために20代でやっておくべきこと[キャリア編] (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自由な人生のために20代でやっておくべきこと[キャリア編] (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

自由な人生のために20代でやっておくべきこと[キャリア編] (幻冬舎文庫)はこんな本です

自由な人生のために20代でやっておくべきこと[キャリア編] (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする