モンスター (幻冬舎文庫)

  • 9877人登録
  • 3.52評価
    • (577)
    • (1475)
    • (1486)
    • (361)
    • (96)
  • 1318レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 幻冬舎 (2012年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344418509

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

モンスター (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • (殺したくないなぁ。
     でも、
     彼らと同じ空間には絶対いたくないし。)

    私はテッシュをざざざっと、まとめて抜き取りながら、心でいつも葛藤する。

    …こんな小さな蜘蛛なのに。

    人に攻撃する事もなく、
    ただ家の片隅にひっそりと巣をはり、
    懸命に生きているだけ。

    それなのに
    (気味が悪い。)
    それだけの理由で
    私は彼らの命を簡単に奪うのだ。

    外見が醜い、って一体どういう事なんだろう。

    彼女だって、
    モンスターなんかじゃなかった。
    ただ普通に
    普通の女の子と同じ様に、
    恋したり
    お洒落したり
    友達とおしゃべりしたいだけだった。

    でも、彼女の醜さは、それを許さなかった。

    哀しいのは、家族でさえ
    彼女を認めていなかった(彼女自身がそう思い込んでしまうような扱いをしていた。)事。

    ただ独りの味方もいない彼女に
    孤独は重く圧し掛かかる。

    絶望の淵に追い詰められた者は
    諦めるか
    歯向かうか、
    どちらか、であるというが

    そんな彼女の元に
    整形美容、という剣が降りてきた。
    最強の武器を手にした彼女は
    人生に立ち向かう事に決めたのだが…。

    読書中はずっと、
    薄暗い彼女の心の中に監禁されている気分だった。
    (綺麗になれ。
     綺麗になれ。)

    内側から願う様に必死で
    磨いてはみたものの
    心についた
    傷や汚れは簡単に落ちてはくれなかった。

  • 大好きですね。あらすじを読んだ時からピンときました。
    整形について現代社会に問題提起。
    衝撃を受けましたし、やっぱりかという残酷なラスト。
    人間やはりこんなものかと。
    見た目が全てではなくとも、やはり見た目が全てなのか。深く考えさせられました。
    果たして何が正解なのか。

  • 494ページあったらしいのですがほぼランチと通勤時間、2時間半で読み終わってしまいました。
    この著者は放送作家だったからか、情景をえがくのが本当に上手ですね。瀬戸内海に面した田舎の街に急にあらわれた美女。その美女の視点で、過去が明らかになっていく...というミステリアスかつドラマチックなストーリーが良かったです。

    ここからはちょっとネタバレな感想。
    人によって感じるところはさまざまだろうけど、主人公に悲壮感がないのが良かった。この著者、わかってんなと思った。醜いからこそのどん底の不幸を味わって、でも生きていくしかなくて、何も頼れるものもないなかただ生きて、ついに美を手に入れる方法を知って...という流れがとても普通で、わたしは完全に感情移入ができてしまい、やれ!やれ!と思ってしまいました。(きっと、もうやめて!と思う人もいるだろう)

    たぶん、この本の主人公ほどではない...(ということにしといて...)ので大してひどい目にあったことはないけど、残念な見た目のせいで、普通の人より周りの人間の色々なところが見えてしまうということは往々にしてあります。
    男は知らないけど、女は会った瞬間に無意識に順位をつけているのだ。そうでないという女は自分が上であるというよほどの自信をもった人か、よほどの幸せ者(頭に花が咲いているという意味で)である、というのが私の持論。
    だからいま、マウンティングなんていうものがテーマの深夜ドラマが流行っているのだと思います。

    その順位付けで自分がランク外なんだ、誰にも愛されないんだと常に認識させられることの辛さ。誰にも頼れず、抜け出せず、自分の思考の渦だけにはまっていく怖さ。この不幸はあまりわかる人はいないだろう。この著者はかなりうまくこういった女性の心理状態を描いているとおもう。

    もっと違う不幸にあって悲しんだり悩んでいる人はいっぱいいる。その方たちは本当に可哀想だとおもうけど、悲しみを表に出せて「隣の人は本当はもっと不幸かもしれない」なんて発想は持たずに悲しめるなんて、なんて幸せなことよと思ってしまうこともある。
    この本の主人公のような不幸は小説だからわかるのであって、表立って悲しむことができない不幸。誰にもわかってもらえない不幸。
    だから全てを壊して作りかえた主人公には喝采を与えたくなったし、過程がとても面白かった。
    少し物足りなかったのは、元の自分を愛してもらいたいという最後の部分が少し陳腐に思えたのと、ラストのオチはもうちょっと残酷でもいいのになというところと、主人公の妄想シーンが多くて時々どれが事実かが著者の演出以上にわからなくなりがちだったところかな。

    うーん、相変わらず感想文が性格悪いんですけど、ほら、この本の主人公みたいなもんだと思ってください。整形前の。
    この本を読んでどう感じるか?いろんな人に聞いてみたいなぁ。

  • 賢いブスより愚かな美人
    というが、その通りかもしれない。理由は、自分の審美眼に自信がないから。どうすれば、本当に品性を備えたひとを突き止められるのか。
    この本の主人公の顔は醜かったかもしれないが、心はまっすぐで文字通り一途な人生を歩んだひとだと思う。崎村は唯一それを理解した存在で、医者や他のエリートとは人間の深みが違う。なぜ、自分の見る目に自信を持てたのかが興味深い。
    足森が未帆を口説くシーン、エレガントだには確かに深みがない。あなたはどういう人だ、と的確にいってあげられることには知性がある。客観的にどう言いうるか、相手がどう言われると嬉しいか、の両方を理解出来る必要がある。

  • リアルだ。

    もちろんフィクションではあるが、登場人物の心はリアルであり、醜い。

    人間の心は醜い。

    私は美しくありたいと思っているが、醜い。

    百田作品、永遠の零に続いて二作目の読書。
    ちまたでは海賊と呼ばれた男が流行っているのでしょう。

    百田作品を評してわかりやすいが資料的だと。
    私は構わないと考える。

    40になろうとする私はいくぶん先入観というものを排除できるようになってきた。
    解説を面白いと思ったことは少ないのだが、
    中村うさぎ、うまいこと言う。

    小説は面白ければ良い、
    作者が何をいいたいのか考えることもない。
    何か身につけなければいけないこともない。

    それでも何かを感じられたときには、嬉しいものですよね。

    人生なるようになる。
    プラスがあっても、マイナスがあっても、落ち着くところに落ち着く。
    この気持ちがあれプラスを楽しめる。
    マイナスを意識しすぎることもない。

  • *田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた 未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だった——*

    再読。ストーリー展開の面白さが申し分なく、さすが構成作家さん!と夢中で読んだ初読時が懐かしい。広げる前に萎んで打ち捨てられた伏線や、回収しきれなかった小ネタの残骸、繋ぎの粗さ、なによりも稚拙で紋切り型の文章能力等々が気になって没頭できずの再読。和子にも全く共感出来ず。ネタも展開も面白いのに、本当に残念。

  • 子供の頃からその醜さ故に、同級生だけでなく家族からも愛されることなく、心を歪めてしまった田淵和子。一方的な片想いで人道外れる事件を起こした末、東京へ出て整形手術を繰り返し、莫大な金額をかけて完璧な美人に変身する。そして男への復讐と忘れられない片想いの成就を為し遂げる。
    男の愚かさだけでなく、女性の怖さの描きかたも強烈だ。作者のメッセージは、社会そのものが外面重視であり、都合よく使われる『心の美しさ』を根本的に疑問視している。ひとは誰もが一種のモンスターであると訴えたかったのではないだろうか。本作の登場人物で最もまともなのが、反社会勢力の崎村のような気がするのが皮肉だ。

  • 一言でいうと「大人のラノベ」。さらっと読めて、ところどころギョッとはするものの、それで終わり。あとには何も残らない。

    ストーリーは桐野夏生氏「グロテスク」と山田宗樹氏「嫌われ松子の一生」と林真理子氏「葡萄が目にしみる」の話題になりそうなところに、聞きかじりの心理学と美容整形の知識を大量に混ぜ込んだ感じ。

    美容整形の金額や手術内容について必要以上と思えるほど詳しく記載があるが、術前の葛藤や術後の物理的な痛みについてはほとんど記載がない。
    手術費用を稼ぐために売春を始める際も「特に何も感じなかった」とあるように、ただただあっけらかんとしているばかりで、主人公にどうにも共感できない。

    読後、百田氏が構成作家出身だと知り、合点がいった。
    作者が求めているのは、ウケること、売れることであり、「視聴率を取れた者が勝ち」というテレビ屋の発想なのだ。

    以前、同氏と村上春樹氏のどちらの本が売れるかと思うか、というテレビ番組を見たことがある(なぜか百田氏のみ出演)。
    コメンテーター(田嶋洋子さんと徳川家の末裔だか少し前に女性関係でワイドショーを賑わせていた男性と八田さんという東大出身のタレント他数名)は、皆百田氏側だったが、その理由の多くが、「村上春樹は分からない」というものであった。

    文化人といわれる彼らでさえ、分かろうという努力をせず、一度読んだだけですぐ分かるものに飛びついているのである。
    百田氏の作品が売れるのも分かる気がしないでもない。

    ただ断言したいのは、村上氏と百田氏、それぞれ同じ冊数の著書が売れた場合、ブックオフなどの古書店に回るのは圧倒的に百田氏の著書だろう。
    村上氏のファンが熱烈であることを差し引いても(私はハルキストではありません)、同氏の著書は繰り返し読みたい魅力を感じるが、百田氏の著書は一度目を通せば十分だからだ。

    これこそが、ずばり、文学とそうでないものの違いだと思う。

  • 醜い顔を持つために幼い頃からバケモノ扱いされてきた女性が整形し、絶世の美女に生まれ変わったことから、彼女の人生は一変する。醜い容姿のせいで今まで男性から見向きもされなかったのに、美しくなった途端、男は皆、彼女の美しさに心を奪われ、なんとか彼女を自分のものにしようとする。彼女はそんな男たちを手玉に取る。しかし、女性として幸せな人生を手に入れた彼女にも、どうしても忘れられない初恋の男性がいた。彼女は、初恋の男性に会うため、故郷に戻ることを決心する--。
    物語の進め方は、過去と現在が交錯しながらも、基本的に時系列に進み、とても丁寧である。
    バケモノと呼ばれた彼女の容姿がどれほど醜いかは、作者の描写がとても丁寧なので、まるで写真を見ているように想像することができた。また、整形手術を繰り返し、顔をいじっていく様子がとてもリアルに描かれていたので、整形手術や美人の顔の条件など、ちょっとした勉強になった。
    最後まで読んでみて、私にはとても彼女の人生が哀れに思えた。でも、彼女はきっと幸せだったのだろう。

  • 見ためで人生の善し悪しが大きく変わる。性格までも。
    想いを遂げるために整形に整形を繰り返し、その費用を稼ぐために。。
    執念と捉えるのか?純愛なのか・・・ちょっと切なくも悲しい

  • 醜い容貌で生まれた女性が、子どもの頃からその外見による差別に苦悩し、美容整形で美しくなるというストーリー。プロセスは単純であるが、彼女を取り巻く人々(主に男性)の態度の変化は残酷なほどだ。
    女性であれば、美しく生まれようが醜く生まれようが、こういった理不尽さは誰しも経験したことがあるだろう。学校で、就職活動で、会社で、配偶者選びで、美人は常に優遇される。選ばれないブスは自信をなくし、性格までゆがんでいく。それゆえ、整形代を稼ぐために風俗にまで身を落とす主人公になぜか共感し、蔑めないのだ。
    美しくなった主人公は、かつて見向きもされなかった片思いの相手に再会し、見事に一目ぼれさせる。ただし、彼が好きになったのは、本来の姿ではない彼女だった。願いがかなったはずなのに、本当は何を望んでいるのか?
    百田氏の女心の分析には舌を巻いた。

  • 女の嫌な部分をまざまざと見せつけられて、でもそんなに嫌ではなかったのは、男性が書いているからだろうか。逆に、読んでいる最中はキレイになりたい欲が湧いてきて、半身浴とか、ムダにがんばってみました。笑
    ここまで人の見た目、美醜について深く想像力を巡らすのはどれほど大変なことだろうか。ふつうだったら、途中で自分可愛さがでてきて、嫌になってやめてしまうだろう。
    小説を読んだのが久しぶりで、読んだ後しばらく引きずるような快感を久々のに味わった。映画より長く引きずるんだなぁと思った。「本は他人の人生を生きれる、唯一の方法なんだ」ってことを、改めて実感しました。

  • 自分が人と違う部分があれば、人と同じに、ふつうになりたいと思っていた幼い自分を思い出した。自分とは違う文化で育ってきた人たちとの出会いでそれがどんなに小さな悩みだったこと、そして笑顔が最高の化粧なのだと知ることが出来たのはここ何年かのこと。
    この物語に出てくる心理学の講師(玉井雄一朗)が「審美眼(美を的確に見極める能力)」について語っているが、世の中の「容姿が美しい」は所詮メディアの影響でしかないのにな…

  • ハッピーエンドでは終わらないだろうなーと思ってたから納得の結末だった(いや、ある意味ハッピーエンドか)。四歳までに美人かブサイクか区別できるようになるっていうのは初耳。ヒロインは宮崎行けば良かったのになー。

  • 先に『永遠の0』や『海賊と呼ばれた男』を読んでいたので、同じ人が書いた本ということを忘れてしまっていたくらい、違う方の作品に思えた。
    凄く正直に、正確に女性、男性の心理、真理を描いていると思う。(もちろん批判もあるだろうけど)
    違った視点になるだろうが、男性、女性、どちらが見ても面白い作品だと思います。

  • やはり、人間の内なる醜さというか、負の感情を全面に押し出している作品は好きだ。昔好きだった人というのは特別で、忘れられない。その人に侮辱されたなら尚更だ。綺麗になって見返してやりたいと思って外見は飾っても、内面がその時のままなら何も変わらないのは当たり前か。

  • 崎村が好きだなぁー。あとは正直どうでも良い。興味もわかない。男女のくだらない駆け引きは分かりやすく予想しやすく、興味がない。美容整形も、本人がしたければすれば良い。美醜の戦いは常にあるとは思うけど、有難いことに、私は自身でのコンプレックスが強いから、他人からの方が良い評価をいただいている。私は外見も内面も自分を受け入れられていないが、仕方なくここまで生きてきているし、奇特な方には気に入ってももらえてきた。不思議だなと、いつも思っていた。この本は極端に不細工というところから始まってはきるけれど、結局は誰にでもある感情でしょ。認められたいという思い。その過程はワンパターンだ。でも維持するのはかなり大変でオリジナルだ。彼女にはそこまではいくことができなかったのが残念で仕方ない。結婚も維持できなかったしな。

  • 凄まじい。執念がすごい。
    彼女の人生、トータルでみたときに、英介のために生きたようなもの。彼のために顔を変えたいと思い、風俗で働き、大金をつぎ込み綺麗になった。
    綺麗になるためならなんでもするという和子の執念は、すごかった。
    そして英介のいる街に帰ってきた。帰ってきた上でひたすら店にくるのを待った。
    綺麗になった和子は別人として英介に再会し、英介に愛された。
    しかし、結局願ったのは、醜かったときの「和子」が英介に愛されたいということ。最期に自分は和子だと打ち明けたとき、打ち明けた上で英介に愛してると言われたとき、人生で最高に幸せだったのだろう。
    好きな人に殺されるくらい愛されるなんて幸せ、と感じる和子は、英介がナイフをつかんだとき嬉しかったのだろうか。
    彼女の気迫や感情、顔に対するコンプレックス、英介への思いなど、もう何もかもすべて迫ってくる感じで描写されていた。これを男性が書いたなんて、なかなか信じられない。

  • 友人にもらって期待せずに読み始めたら意外と展開が面白かった。

  • 読み易い。一日足らずで読了。
    男というか人間の本能的な部分としてやっぱり、ある程度は人を見た目で判断するきらいはあるんだろうなあ。
    実際、自分自身も主人公をなんとか口説こうとする愚かな男たちの側の人間であることは間違いない。

    極端なお話だけど、人間が抱える本質的な残酷さをひとりの女性のライフヒストリーを軸に描き切ってます。

  • 他の人の感想で、あっさり終わりすぎてしまって残念だったとあったが、自分は案外この終わりが一番しっくりくる終わりなのではと思った。

    美しさと言う物は本当に世の中のすべてのことに大きく影響してくるのだな・・・と改めて思った。整形なんて、と言うが、整形した人の気持ちも分からずにそんな馬鹿にして蔑むように言う言葉でもないなと言う風に気持ちが変わった。
    自分の体を売ってまでもお金を稼ぎ、美しさを手に入れる。
    途中からはこの主人公の潔いまでの美への執着心に爽快感すら覚えた。

  • 「怖いっていうよりエロイ」という言葉とともに貸してもらった本。だけど、ものすごく「痛い」。
    主人公の過去の描写がすごく辛い。外見だけでこんなに何もかも否定されてしまうなんて。
    私もルックスにしても内面にしても、ほめられることは全くなかった子供時代だけど、否定はされてなかったんだ。
    あとは本に逃げられたからそれが救いだったんだな。彼女ももっと打ち込めるものがあればよかったのに。
    頭だって決して悪くないし、センスもあったんだろうし。
    結局、そういう価値観で育ってしまったといえばそうなんだけど、彼女自身も人の価値を外見だけで見る人になったってこと。
    エイスケは大人になって外見だけでなく、イケメンだったことがわかっただけに、その対比が悲しい。
    彼は大人になってるけど、彼女はすべてが高校時代で止まっているような。
    ラストにちょっとすくわれた。これ以外のハッピーエンドはないんじゃないかな。誰も不幸にならないし。

     とにかく美容整形術描写が詳しくてどきりとすることばかり。テレビに出てる美女はみんな整形?と中吊広告の顔を凝視してしまった。
    「美しいもの」「強いもの」に惹かれるのは人間だけではないからしかたがない。けど、空しさもある。
    この本で彼女にむらがる男性たちがリアルなので。
    美容整形は歯の矯正とそうかわらないかな、と考えてはいる。
    でもこの抵抗感はなんなのかな。やはり「嘘をつかれてる」気がするんだろうか。生まれてくる子供を危惧してるんだろうか。
    解説の中村うさぎ氏も言ってるけど「モンスター」は彼女のことだけじゃないなあ。

    「オペラ座の怪人」、「コーラスライン」の「ダンス10、ルックス3」、この本を読んで過去に観た読んだ映画や本がぐるぐる頭をまわった。ルックスの影響ってやはり大きいな。
    「赤ん坊少女」のタマミちゃん、外見だけで怖がって本当にごめんなさい。って気持ちになった。

  • 気持ちの大小はあれど女性なら誰もが一度は感じたことのある感情が書かれていたなぁ。

    なにが正解でなにが間違えかなんてその人の受け止め方だから答えはないと思うけど、心豊かな人生だったのかなって考えたらそうではないんだと思う。

    でも自分の執念に従って人生を全うできたならその人にとっては幸せなんだろうなぁ、って。
    でもさ、憎しみを忘れないのが人という生き物なのかもしれないけど、復讐をして心苦しさを一切感じずに高笑いができるって時点で心の病はかなり重症だよね。

    男性作家なのに女の気持ちも理解しきっているところがなによりも素晴らしい作品なんだと思うよ。

    なんだろうな、読み終わった後の爽快感はまったくないけど、読み応えのある作品なことは間違いない。

    一気に読めます。

  • 共感できる部分も多々あれど
    良くも悪くも中くらいの容姿しかない私は
    「その『美』に、その金額の価値があるのか?」って考えると
    やっぱナシの方向にいっちゃうんで
    主人公にどうも肩入れできないのよねぇ。
    そもそも片思い(?)って好きじゃないしねぇ。
    で、
    執着の挙句。

    報われないなぁ。
     ■ ■ ■ ■ ■ 
    あたしなら、きっと崎村さん。(笑。

  • 読み応えのある作品です。私は好き。

    女性の哀しい結末…とあらすじに書かれてますが、やっぱり哀しかった。

    愛をとらずに恋をとってしまった場面では、何でー!って思いましたが、そもそも主人公が綺麗になりたかったのは、すべて初恋の人のため。

    あそこでもし、彼女が愛をとっていたなら、幸せなれど、きっと後悔したでしょう。

    てか、ラストのエピローグ…いらないけど、現実的ではある。
    本に出て来る男が、本当にアホ過ぎて…崎村がいたことが唯一の救い。

全1318件中 1 - 25件を表示

モンスター (幻冬舎文庫)に関連するまとめ

モンスター (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モンスター (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モンスター (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

モンスター (幻冬舎文庫)の作品紹介

町で一番の美女・未帆はかつてバケモノと呼ばれていた。醜い女が完全なる美を獲得した先にあるのは誰もが羨む幸せか、それとも破滅か。

モンスター (幻冬舎文庫)に関連するサイト

ツイートする