もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)

  • 1278人登録
  • 3.62評価
    • (72)
    • (132)
    • (120)
    • (36)
    • (6)
  • 128レビュー
  • 幻冬舎 (2012年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344419094

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初から最後まで「死」がまとわりついたお話しでしたが、舞台となった下北沢という町並みが重たい空気を包み込みあたたかく見守っているように感じられました。

  • 街に癒される。そういう気持ちは、結構わかる。だからこそ自分も、自分が好きだと思える街に戻ってきた。下北沢にも行ってみたいな。主人公が、人生を前向きに歩き出した街の空気を感じたい。

    ひとつひとつ、字を追っていると、なぜかふわりと地に足が着くような感覚に陥った。日常で忙しくてあっちこっちに飛んでいる頭が、本の世界に入り込んでふっと落ち着けたんだろうな。

  • 以前、よしもとばななの本を読んだのはいつだったか?
    題名のゆるさに軽めのエッセイ?くらいの意識で手に取ったら、とんでもなかった。
    そう、以前の「キッチン」も「つぐみ」(って何年前よ?)もそうだった、とにかく救われる本だったのを思い出した。
    父親(夫)に死なれた母娘の再生物語なのだが・・・
    この人の文章に出てくる「言葉」がとにかく私を救ってくれる。
    夫に死なれて、地面に必死で足をつけようとする母、と、父に死なれて、生きてく道の迷子になった娘。それぞれの思いが、口にするセリフが、私の心の底、自分でも気付かないほど奥底に澱のように溜まっていた気持ちを言葉にして解放してくれる、そんな感じ。
    この紡がれた「言葉」のパワーたるやものすごいものがある。
    とにかく、今回もまた最上級に救われました。
    いろんな意味で「生きてることは生々しくて残酷」だけど「ちゃんとしなくちゃいけないって思わなくていい」んだと。

  • 癒された。いっつも、疲れてはばななさんの小説に立ち返り、ああ癒されたなあと思って、その心地良い感じを求めてまとめて何冊かばななさんを読む。でももう一冊目で大きく癒されてるから二冊目からはなんとなく薄味に感じられて、四冊目くらいでもういいやと思って離れ、また一年後くらいに帰ってくる。いつまでもその繰り返しなんだろうなあ。ばななさんの小説は似たような話しかない、って批判することもできるけど、でもそのことがいつもいつもわたしを支えてくれている。

  • 長くてダラダラと書いているような気になるけど、実際とはそういうモノだろうと思う。

    上手く言葉に出来ないだけで、たくさんの想いがあって、この人はそれをすべて言葉にしてくれる。

    だから「そうだ。そういうことだったんだ」と想うことが、いつもある。

    私にとっては、それを気づかせてくれる、数少ない作家。

    その為、この人の小説は、読むのがキツイ時もある。

  • 文庫化しましたので、再読です。
    前回よりも丁寧に読めました。
    よって、最悪な形で父親を失った主人公の、
    そして母親の再生の流れを味わえたと思います。
    干からびた大地にじわじわ水がしみこむように。
    乾いたスポンジと違いますよ。
    あくまでもじわじわ、じわじわと。

    ただ、ラストの突拍子のなさがやはりわからん。
    えぇー、そんな重要ポジだっけ、この人。
    いや、彼だとおかしいのではなく、唐突さがおかしい。
    そんな伏線あったか? 読み落としたのか?

    皆様、納得できました?

  • 昼休みの残り時間、本屋をふらり。
    呼ばれている感じがして見てみると、ばななさんの本。
    裏に書いてある あらすじを読んで、呼ばれた感がしたのを
    妙に納得した気分になって、購入。

    「うすうすわかっていることを誰かがはっきりと言葉にしてくれると、
    心はこんなに安らぐんだ。」と文中に書かれているのだけれど、
    わたしにとってそれは、角田光代さんや、よしもとばななさん。
    そんな人がいてくれること、書き続けてくれること、
    心から嬉しいと思った。

    本を開いて、1/3まで読んで、
    やっぱり呼ばれたんだ、と確信した。
    たぶんきっと、今のわたしに必要な本。なので、星5つ。

  • お父さんが無理心中に巻き込まれたよしえが下北沢に引っ越した。下北沢と、そこにある料理の描写がたまらなくお腹が空く。お腹が空くって素敵なことだな。

  • ゆるゆると癒していく下北のまちとよっちゃんに入り込んでしまった私としては最後もきれいに終わって欲しかったな。それだけが残念。そこまではよしもとばなな特有の優しい空気に包まれていて非常にすきな作品。

  • よしもとばなな大好きだけどこの本は嫌い。
    癒すために書いた本だとあとがき読んで、
    なんでこんなにも嫌な気持ちがしたかわかりました。

全128件中 1 - 10件を表示

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)のその他の作品

もしもし下北沢 オンデマンド (ペーパーバック) もしもし下北沢 よしもとばなな
もしもし下北沢 単行本 もしもし下北沢 よしもとばなな
もしもし下北沢 Kindle版 もしもし下北沢 よしもとばなな

よしもとばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしもと ばなな
村上 春樹
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
よしもと ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)に関連するサイト

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

もしもし下北沢 (幻冬舎文庫)の作品紹介

父を喪い1年後、よしえは下北沢に引っ越し、ビストロ修行に励んでいた。
父のにおいはもうかげないし、言いたかった言葉は届かない。
泣いても叫んでも時は進んでいく。

だが、母が淹れる濃くて熱々のコーヒーにほっとし、父の友人の言葉で体と心がゆるむ瞬間も、確かにある――。
殺伐とした日々の深い癒しと救済を描いた、愛に溢れる傑作長編。

ツイートする