悪夢の身代金 (幻冬舎文庫)

  • 331人登録
  • 3.38評価
    • (11)
    • (33)
    • (58)
    • (10)
    • (1)
  • 43レビュー
著者 : 木下半太
  • 幻冬舎 (2012年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344419247

悪夢の身代金 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 悪夢のシリーズの最新作...かな?
    連続誘拐犯「赤鼻のルドルフ」によって
    クリスマスイブに起る誘拐事件。
    その身代金の受け渡しを巡っての群像劇風な
    同一時間を視点を切りかえて展開される
    木下作品らしい作品。

    女子高生、サッカー選手、元刑事、訳ありの
    眼帯サソリ革ジャン女...とそれぞれの視点で
    ぞれぞれの立場で事件に関わっていく様は
    二転三転以上の展開でスリリング。
    いつも木下作品はスピードとテンポがいいのですが
    今作は、同一時間を視点の切り替えで話しが
    展開されるので、何度か、重複したシーンが
    登場する為、若干のスピード感を失速してるのが
    勿体ない...気がします。

    いつもよりコメディ要素が少ない分
    今作のラストは珍しく「いいラスト」w。
    裏テーマの親子と家族...をキレイな着地で締めてます。

    自分は未読なのですが「サンブンノイチ」が
    タレント映画監督によって映画化されるようですね。
    アララw

  • 去年買って以来ずっと読まずにそのままだったので、
    時期的にクリスマスまでには読もうと思い、先日手に入れた新刊と共に
    読了。

    久々の「悪夢~」シリーズ。木下半太色満載。
    大阪のあちこちが出てくるから、それだけでもおもしろい。

    オチの好みはいろいろあるだろうからなんともいえないが、
    「~観覧車」には及ばないんだよな。

    (~6号室に続く)

  • これは土地勘のあるお話。新しい建物が増えたなぁ。

  • 相変わらず怒涛のように変化し続ける展開は面白いの一言につきるんですが、直前に読んでいたクローゼットが非情に面白かったので、今回のように視点の変わる展開に多少ついていけなかったところがある。ただ、どのキャラクターも魅力的で、回転のはやい女子高生はもちろん頭のおかしい椎名、そしてなにより朝子の相方の月子の話だったという点がこの本の一番の魅力のように思う。観覧車のあとに読むと感情移入しやすいのではないでしょうか。

  • 身代金を運ぶサンタクロースに代わって女子高生が…
    面白い設定の小説だった。
    それぞれの立場の登場人物が話を巻き戻して語るので分かりやすいが、少々くどい。

  • 人生は、とりあえず、体を張るもの。体を張るから人生。理由や言い訳ばかりを考えて動こうとしなければ、大事なものに手が届かなくなる。どこにでもいる女子高生が全くの赤の他人のため命を張って守るべきものを守る。命のバトンは、とてつもない大きな計画の中で思いもかけないところから思いもかけないところへとリレーされていく。愛の連鎖が尊い。復讐の虚しさも改めて思い知らされた。

  • 木下半太の『悪魔の』シリーズ最新刊です。このシリーズにはいつも驚かされ,騙されています。最高に読んでいて楽しいミステリーです。とてもおすすめdす!(Fさん)OPAC→http://libopac.lib.juen.ac.jp/opac/opac_details.cgi?lang=0&amode=11&place=&bibid=1000013355&key=B141868949109265&start=1&srmode=0

  • 展開めまぐるしく退屈せずに読めたが、悪夢シリーズの中ではやや下。大がかりに事を運んでる割に収支がいまいち合わない。月子さんのやりたい放題ですな。シリアスに正義の味方っぽく見える辺り始末が悪い。最初の女子高生完全に巻き込まれただけだったのね。仕込みの椎名くんがめっちゃこわかったんですけど!やらせでもレイプ未遂とかやりすぎだろ・・・。あと彼氏奪ったパピ子となんでまた仲良くできるのかがわからん。本編の流れとは関係ないが。

  • 久しぶりの木下半太。
    相変わらず爽快で心地いいほどさくさく進む。多少強引な展開も、まあいっか!で流せる貴重な作家さん。
    他の悪夢の〜シリーズも徐々に進めよう!۬৺۬

  • クリスマスの誘拐、なぜか予期せぬ事態が連発し、バトンタッチで運ばれる身代金。手から手へ渡る身代金のごとく、章ごとに視点が変わるので、登場人物の印象もまた別の人の視点を通して変わるのが面白い。関わっている人間は数人なのに、ネタバレの瞬間まで全く予想のつかない真相だった。少し後味は悪いが面白い!知子には幸せになって欲しい。

全43件中 1 - 10件を表示

木下半太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

悪夢の身代金 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

悪夢の身代金 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悪夢の身代金 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪夢の身代金 (幻冬舎文庫)はこんな本です

悪夢の身代金 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする