小指物語 (幻冬舎文庫)

  • 112人登録
  • 2.77評価
    • (1)
    • (7)
    • (6)
    • (9)
    • (3)
  • 8レビュー
著者 : 二宮敦人
  • 幻冬舎 (2012年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344419490

小指物語 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不思議な物語だった。
    自殺願望のある「僕」はビルの屋上で小指と呼ぶ男に出会う。
    小指は妙に理論的な話し方をする、「僕」には想像もつかない考えを持っている人間だった。
    一方、「僕」の妹であるミサエはいなくなった「僕」を探し求める。
    ミサエにとっては「僕」はまさしく特別な存在だった。
    「僕」を探しているミサエはやがて「自殺屋」の存在を知る。
    中盤にはすでに小指の正体はわかってしまう。
    物語に書かれているわけではないが、読んでいれば必然的に結論はひとつしかない。
    それでも、「自殺大会」とは何なのだろう?という興味にひかれて読み続けた。
    いったいどんな方法で自殺を遂げさせようというのか。
    精神世界での話を読んだばかりのせいか、結末がやけに薄っぺらに思えてしまった。
    生まれ変わった「僕」は幸せを手に入れたのだろうか?
    新たに始まる「僕」とミサエの関係。
    現実社会を生きていく「僕」は、これからどんな人生を送るのだろう?
    出来ればもう少し小指のキャラクターが突き抜けていたほうがよかった。
    狂気を狂気とも思わない、現実の時間を生きていないような、もっとそんな存在を強烈に感じたかった。
    そのほうが「僕」との対比が活きたような気がする。
    「i」よりもずっと面白く読むことができた。

  • 「……で?」という感じでした。

  • 生きること、死ぬこと。多数派と少数派。微妙な境界線について書かれていた。理屈っぽく書かれているぶん、何だかややこしいように思えるが、俯瞰して見れば、ごく当たり前のことなのかもしれない。途中の、「すさまじい勢いで変化し成長する自分の思考」のくだり。つい最近、全く同じことを考えていた。本って、ひょんなところで出会いがあることが素敵。

  • 自殺をテーマにかいてるけど、なんかリアリティーがないので、ふーんと読み進めてただけって感じで読み終えてしまった

    結局紫が今後どうなるのかだけが気になった

  • 自殺をお手伝い(演出してあげる?)自殺屋の話。

    ご都合的な展開によるリアリティのなさが気になりあまり物語を楽しめなかった。
    また、小指さんの哲学なり美学なり持論なりが、ごく狭い世界でのみ通じるような
    悪い意味で厨二的なものに留まっているため
    それも私の中でこの小説の評価を下げる要因でした。
    もしわたしがもっとだいぶ若かったら、小指さんカッコイー!と思えたかもしれません。

  • 色々な「自殺」が面白い。

  • 自殺する人の前に現れる自殺屋なる都市伝説の塊のような人とのなんやかんや。

    死ぬことがテーマというより自殺という点に焦点を当てたもの。妙に理屈で丸め込もうという感じがあったけれど、何も考えず死にてえって言ってる人は読んでみたらもうちょっと考えて死んでみようとか思うんでしょうか。

  • なんか妙に自殺の動機に関しても自殺そのものに対してもポジティブな書き方をしているあたりが気に入らなかった。
    落ちは予想はできなかったけどよくあるパターン。
    文章は読みやすくてページ数の割にはサクッと読めた。

全8件中 1 - 8件を表示

二宮敦人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

小指物語 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小指物語 (幻冬舎文庫)はこんな本です

小指物語 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする