植物図鑑 (幻冬舎文庫)

  • 15043人登録
  • 4.14評価
    • (1966)
    • (1621)
    • (870)
    • (157)
    • (40)
  • 1509レビュー
著者 : 有川浩
  • 幻冬舎 (2013年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344419681

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

植物図鑑 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 久しぶりの、有川さんの甘々小説。
    涙を流しながら本を読んでいるときには、子供たちから冷たい視線を浴びせられ・・この小説を読んでいるときは一人ニヤニヤしながら読んでいたようで・・子供たちから不気味がられ・・
    それくらい、ニヤニヤしたくなるお話でした。
    久しぶりの胸キュンっていうんでしょうか、なんともいえない甘酸っぱさ。
    春の陽気のように私の心もポカポカしました。

    樹くん、私も拾いたいかも・・

    出てくる山菜料理がどれも美味しそうで、
    家のまわりにも、いろんな草花が生えているので、散歩しながら
    たべれそうな草みつけようかな。素人がむやみやたらに取ったらダメだと
    樹くんに怒られてしまうので(笑)まずは、図鑑で勉強しよう!(^^)!

  • 文庫化するのを待ちに待ってました(^O^)。やっぱり、有川さん大好きです!

    ・・・お嬢さん、よかったら僕を拾ってくれませんか?咬みません。躾のできたよい子です。・・・・から、始まった、さやかと、イツキの、同居生活。
    イツキは、植物オタク。

    道端に生えてる草花の知識が豊富で、それを毎週のように、狩りに行き、食材にして楽しむ二人。
    中性的なイメージのあるしつけのできたイツキと、恋心を抱き始めたさやかの関係が、いつ、どんなきっかけで、変わるのか・・・ドキドキした。

    ほのぼの続くのかと思いきや・・・・さかやの苦しみ、イツキの苦しみに、最後には、せつなく、涙が止まらない。

    知識あり、ドキドキあり、ほのぼのあり、笑いあり、涙あり。
    楽しませてもらいました。しばらくは、ページを行ったり来たり、再読で、また、楽しみます!

  • 男性がソラから落ちてくる美少女にロマンを感じるように、
    女性は道端にイケメン主夫が落ちてたら、拾いたくなるんでしょうか。

    なんとも甘~い内容で、有川さんならではって感じの、テンポがよい連作短編。
    それなりに官能的でもあって、Web連載ってのも影響してるんですかね。

    「雑草という名の草はない。すべての草には名前がある(昭和天皇)」てな感じで、
    世にある野草の、、美味しそうなこと、たまりません。

    ん、胃袋を掴まえるのは、男女問わずに王道なんでしょうか。

    季節の移ろいとともに、人の心にも変化が見えて、
    でも、大事な部分は移ろわず、、も、王道といえば王道で。

    何はともあれ『天空の城ラピュタ』が観たくなりました、なんて。

  • これはもう、少女漫画だと思って読んだ方が良いです。

    野草×レシピ×謎のイケメン×干物女。

    出だしは「君はペット」、干物女の元に突然現れな料理上手な草食イケメン、かと思えば実は…。ときめかない訳がない。

    有川作品の男性陣は妄想かってくらい、男子力が高いので、しのごの言わずにキュンキュンして読むべし。

  • ただの恋愛小説は好きではないけど、
    有川さんの作品はそうじゃないからお気に入りになる。

    まさに今現在、興味を持っていて、
    料るまではまだいかないが食べるのが大好きになっているジャンル、山菜。

    作ってみたい、食べてみたい、それ以前に自分で採ってみたい。
    まさに、さやかと同じようにしてやられている状態です。

    二人のお話も素敵で温かくて、
    作る料理の素朴さと、食を通じて学ぶことの多さ、大切さ、
    自然の素晴らしさとありがたさと、それらを幸せと思える心。

    ものすごく共感して、ワクワクして、早く春にならないかなぁ…
    と待ち遠しい気持ち。

    今現在、住んでいる所とあと3ヶ月ほどでさよならしてしまう、
    その場所が自然あふれる東北であるからこそ感情移入して読めました。

    もう少ししたら住むところは、今より南西に位置を変え、
    5県から構成される中国地方です。


    暖かくなったら、山に登って自然と戯れて、
    綺麗な空気を身体いっぱいに取り込んで、
    目に耳に鼻に、ここでの幸せを焼き付けようと思います。

    改めてそう思わせてくれた『植物図鑑』に、
    このタイミングで出会えたのも何かの縁。

    この方の作品はこれだからやめられない…(*´∀`*)

  • イツキくん、行き倒れてないかな。。。

  • 冒頭の「僕を拾ってくれませんか?噛みません、躾のできたいい子です」のセリフに惹かれて読んだ。
    植物の話だけど、どちらかと言うと我らが雑草と呼んでる植物が中心。
    短編連作で、近所に生えている雑草を見つけてそれを料理する話を中心に、二人の関係が進んでいく。
    雑草もたくさんの料理の仕方があり、それを読むだけでもわくわくする。

    女目線で進むので、彼の心情はなかなかわからないが、最後の章で彼側の話が出て来る。
    号泣するので読む時は気をつけて。
    甘い恋愛かと思いきや、そうでもないので男性でも読めると思う。

    有川さんの書く最近の作品の男性は、どちらかと言うとちょっと優しくて弱い感じが多い。
    この作品もそれで、昔のような男らしい男の理想という男性ではなく、最近の男性に多い優しい男性なので、感情移入しやすくなるのかも。

    レシピは巻末に載っているので、雑草料理を作ることもできます。

  • 有川浩作品は身近なんです。そして、いつも忘れかけていた懐かしい感情を想い起こさせてくれます。本書では、子供時代には当たり前にそこにあった草花との戯れ、まわり道とか、ゆったり流れる時間…(こちらをクローズアップしましたが、紛れもないラブストーリーですよ )に終始癒されました。 園芸種とは違って、踏みつけられ駆られてしまうような運命の植物達。雑草と括られてしまうそんな沢山の野草がお目見えします。それらを食すというカテゴリーの元、ちよっと手を掛けてあげることによって、意外な食感や味に感動すら覚え、お金では買えない贅沢品に生まれ変わるという、、この描写が実に有川さんは巧くて、本当にそそられっぱなしでした (*^o^*) 幸運なことに、巻頭巻末のカラー写真の野草の数々はどれも見たことあるばかり、そして付随した懐かしい記憶も蘇ってきたりして。オオイヌノフグリは小学校の恩師が散歩途中で名前の由来を教えてくれて以来、忘れられなくなりましたし(笑)あるいは母の実家裏の荒川の土手、春の訪れと共に薄っすら色付くレンゲやシロツメクサ畑は嬉しくって飛び込みたくなりました(笑)ノビルは採ってきたものを何度か祖母に味噌汁にしてもらったものです。 このお話、起承転結がしっかりしていて2人の恋の行方は、途中、涙で字が霞む程切なくなります。が、カーテンコールの章が心憎いです。今、目の前にいない相手を思い遣って、自分の日常をしっかりと生きる二人の姿が、正に春の陽だまり、降り注ぐ光をみるようで満たされましたね。春が待ち遠しくなる一冊です。
    〈追記 〉野草レシピは図書館に返す前にしっかりコピー(笑)天ぷらやパスタは挑戦したいな♬

  • キュンキュンしたいときに読むには最高の一冊。女性の甘えたい心理をくすぐる感じ。妄想ふくらむ感じです。
    終盤のハッピーエンドに向かうところも、すっきり、幸せな気持ちで読み終えられます、

  • もう有川作品には個人的には外れナシって思ってしまいそうなほどツボでした!

    何度も読みなおしたい大事な本!!

    「お嬢さん、よかったら僕を拾ってくれませんか。噛みません。躾のできたよい子です」から始まった「イツキ」と「さやか」のおかしな共同生活。
    謎のイケメン「イツキ」はやたらと野草に詳しく、また料理もうまい!不思議な共同生活で自然とゆっくりと愛情が育ってゆく。

    ところが「イツキ」は突然姿を消してしまうが、その「イツキ」をひたすら待ち続ける「さやか」に涙が出そうだった。
    その分戻ってきたときの幸福感たるや半端ではなかったなぁ。

    単行本にはなかったらしい「カーテンコール」の2章も素敵なお話だった。

    特に最後の「午後三時」は別視点から描いた「さやか」の元をさった「イツキ」のお話。
    当時のイツキの思いがこれまた切ないほどに描かれてて好きなお話だった。

    それにしてもお話に出てくる料理はどれもおいしそうだったなぁ。

  • ここのところちょっと忙しく読書から離れていた。で、少しささくれだったココロを癒すべく有川浩さんの『植物図鑑』を手に。

    「『あまあま』の恋愛モノ」と伺ってはいたが、いやいや、こういう味付けでしたか!腹へるわー^^!

    さやかといつきのやりとりにはニヤニヤ(と、ハラハラ)しつつ、なぜかヨダレが溢れお腹がグーと鳴る不思議な恋愛小説。

    『阪急電車』のゴンちゃん、思い出しました。有川さん、野草好きなんですね(笑)

    有川ワールド、堪能致しました。

  • なんといっても食欲と恋愛欲?が同時にくすぐられるような作品!!!
    読んでて何度も休憩しないと、悶えて苦しくなるような(いい意味で)作品です。
    久しぶりに読んでて、読み終わりたくない!読むのがもったいない!とかんじさせてくれる本でした!

  • こんな人いるなら拾いますよ、誰だって笑でも本当に心がほわぁって暖かくなる話ですね^^もう性格良すぎ!!

  • 「待ってました文庫化!!」

    とにかくもう、きゅんとする!
    重度の植物オタクの樹とさやかの物語。
    2人のやり取りをにやにやしながら
    眺めてしまいました…(笑)
    やっぱりいいなあ、恋って!
    と恋に憧れと一般的に雑草と呼ばれる草に
    興味を抱かせられた一冊でした。
    さすが有川さん!


    …子供が生まれたら名前は何にするんだろう?

  • 祝文庫化!

    幻冬舎のPR
    「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。噛みません。躾のできた良い子です――。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。樹という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご近所を「狩り」する、風変わりな同棲生活が始まった。とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)“道草"恋愛小説。レシピ付き。 」

  • 青森から高萩に行く長い旅で一気に読み終えてしまった。
    有川浩作品を読んだ後はいつも心がほんわかする。それは、登場人物の心の動きを丁寧に書いているからだろう。
    本書では、擦れたOLが純粋なイケメンを拾って、イケメンの野草を使った料理で健全さを取り戻すとともに、恋にも落ちる。
    季節ごとの野草や花があり、それらを美味しく食べることができることに幸せを感じ取ることができれば、なんて素敵なことだろう。
    私も自然の尊さ、日々の何気ないものから、幸せを感じることができる人間でありたいと思った。

  • 2017年、3冊目。
    偶然にも「阪急電車」ー「つるかめ助産院」ー「植物図鑑」と、少しずつリンクしてる部分があっておもしろい。

    読みはじめてすぐ、つるかめ助産院とのリンクを発見。彼氏(旦那)が突然姿を消す、始めは主人公の食生活がかなりルーズでコンビニや即席物を好んでいる点。
    だからなんだと言われればそれまでだけど、ランダムに本を選んでいる割に接点を見つけるとなんだか嬉しい。

    そして本編。
    狩りのシーンや料理のシーンは楽しかったけれど、途中までは恋愛小説をあまり読んでこなかった私には少し甘すぎて、ちょっとだけ飽きてきてしまったが、途中から一気読み。

    ラストの午後三時では、杏奈ちゃんから大切なことを教えてもらって、ここで泣く。笑
    「お母さんへのおみやげにしよう!」と取ろうとした草花。
    1年生の娘と重なった。
    キレイな花はきちんと花瓶に活けていたけれど、そうではない雑草の場合。(雑草という名の草はない、けど名前がわからない。)
    私はその背景を想像できていなかった。きちんと活けもせず、傷んだ頃に捨てていた。
    それを見てはいなかったか??
    「拾ってきたんだ!ありがとう!」という言葉と行動が伴ってないことくらい、1年生でもわかるはず。
    目の前の姿の背景を想像できる母になりたい。

  • 久々に小説読んでドキドキしました。
    樹、格好いいなぁ。

    ちょうど春に読んだから、これから外を歩くときっと足元の植物のことが気になりそう。
    樹みたいな素敵な人と狩りが出来たら楽しいだろうな。
    現実はそうはうまくいかないけど、気分はほっこりしました。

  • いつか読もうとずっと思っていた、有川さんの代表作の一つ。
    ようやく手にすることができました。

    植物図鑑ということで、草花の薀蓄に関するお話かと思っていたら、食べるほうでしたか。
    狩りと料理を楽しみながら仲を深めていくイツキとさやかに、ほっこり。

    図書館戦争の二人も楽しくて好きだったけど、このぽかぽかカップルにはやられました。
    野草を食べるアウトドアな面を持ちつつ、料理上手で優しくて気も利く男前なんていうイツキはさておき(笑)、イツキの趣味を一緒に楽しんでくれて、素直で健気なさやかは、可愛いの一言です。
    趣味が同じっていうのは、嬉しいし楽しいなぁ。

    すっかりイツキに感情移入してしまって、「ううん。-さやかはかわいいなぁっと思ってさ」の気持ちが手に取るように分かって、こっちまで優しい気持ちになります。
    その後の季節を巡るさやかの姿は涙無しには読めません・・・。

    フランスにも同じ植物は生えているのかな、タンポポは見かけたけど。せっかくレシピも載っているので、やってみたくなります。
    こちらは日本では馴染みの無い食材が色々あって、どんな味がするんだろうと、未知の食材を料るワクワクは同じように感じます。

    物語のあとのカーテンコール2編も、ゴゴサンジでさやかの強い気持ち、二人の未来に改めてほっこり。
    ”安く幸せになれるのは素敵なことだ”
    うんうん、その通り。さやからしい想いが、また心を温めます。

    午後三時では、黙って出て行ったイツキに対して、そんなやり方すんなよ!と少し不満の残る気持ちも、彼なりに悩んで出したカタチなんだなと和らぎました。
    この2編はカーテンコールといいつつも、物語の重要な位置付けです。

    「引き金二回目」
    いやー、こっちまで恥ずかしくなるくらいクサい!!
    王道ラブストーリー、楽しませていただきました。

  • 2014.6.1読了

    久々に有川浩の作品読んだけど、抜群の安定感。
    何の?という有川初心者の方には、甘々注意報を出しておきましょう。ハッキリ言って、少女漫画を読んでる以上に甘いです!!(笑)

    いや、もちろん批判では無くて、それが好きで読んでるんですよ。ただ、中にはタイトルだけで買っちゃう人もいるんじゃないかと思って。

    植物ももちろん出て来ますよ。
    山菜も取りまくりますし、
    道端に生えてる名前のある雑草達を取って、
    料理して、食べます。
    非常に美味しそうです。
    でもラブメインです。


    それにしても、彼女の描く理想の男性達が、理想的過ぎて、こんなやついないだろとか思っちゃうのはもうダメですかね?(笑)
    こんな人、いたら絶対惚れてしまう!

    というわけで、甘々が苦手な男性陣にも読んでもらいたかったり(笑)下手なモテ指南書とかよりよっぽど役に立ちますよー!と声を大にして言いたい。

    あ、でも主人公の可愛さが良く伝わって来なかったなー。同性には厳しい目線になるのかしら?男の人が読んだらどんな視点になるんだろーか。気になる!

  • 植物図鑑。
    タイトルだけ見ると堅苦しそうだけど、中身は全然違う。
    ワタシ的に【少女漫画 + 野草料理本】 って感じです。
    漫画じゃなくて小説なんだけど、読んでいて情景がコマ割りのように絵で流れていくのね。
    セリフとキャラの性格がマッチしていて、本当に生きた人物がいる!って感じさせる。
    ここは有川作品ならではの、強みですよね。
    さすがだわ~!!

    もう一つの側面、野草料理本っていうのも、この物語の特徴。
    もうほんとね、これ読んでから道を歩くと雑草が気になって仕方がなくなりました!
    もしかして食べられるかも?とか、これ植物図鑑に載ってた◯◯かも!とか、思っちゃう。
    それだけ、ハマってしまっているということですね。
    野草料理、作りたくなりますよ~
    そして食べたくなりますよ~!
    普段、散歩などしない人でも、きっと外に出たくなります。足元に注視して、事故に遭わないように気をつけたいものです。

  • 道で男性を拾ったら?
    私なら素通りするけど、それではストーリーが始まらない(笑)
    素姓もわからず、その日暮らしで定職にもついてないのでちょっと不安。。。
    でも、家事ができて、自称「躾のできたよい子」。
    週末のお休みには一緒に散歩に行き、山菜を摘んで料理する。
    すごく楽しそう!!

    身近に生えている可食植物について知ることができると共に、料理方法までわかります。
    とっても興味深い1冊!!

  • 甘酸っぱいやりとりの中に知識がふんだんに詰め込まれていて、図書館戦争や海の底でもそうだったが、この作家の凄さというものを感じさせられる。楽しみの中に、きちんとした主張を持てるというのは作家に於いて必要不可欠な要素だと思う。

  • 前半探検要素多めだっただけに、後半のキュンキュン甘い具合がやみつきになります!こんなお母さん系男子がほしい。有川さんワールドは疲れた心を癒してくれました。

  • 野草の料理がとても美味しそう。具体的にそれぞれの植物がどういう味なのか丁寧に描写されているところもよかった。
    登場人物たちが活き活きと野草を摘み調理し、しみじみと味わうところをしっかりと描写しているから、とても美味しそうで実際に作ってみたくなる。絵本のなかに出てくる食べ物に憧れた子供のころの感覚に近いのかもしれない。

全1509件中 1 - 25件を表示

植物図鑑 (幻冬舎文庫)に関連するまとめ

植物図鑑 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

植物図鑑 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

植物図鑑 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

植物図鑑 (幻冬舎文庫)の作品紹介

お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。躾のできたよい子です-。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。樹という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご近所で「狩り」する風変わりな同居生活が始まった。とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)"道草"恋愛小説。レシピ付き。

ツイートする