植物図鑑 (幻冬舎文庫)

  • 14732人登録
  • 4.15評価
    • (1944)
    • (1583)
    • (857)
    • (153)
    • (38)
  • 1485レビュー
著者 : 有川浩
  • 幻冬舎 (2013年1月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344419681

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

植物図鑑 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • これは外で読んだらやばいやつっ!!!
    涙腺が崩壊しました。
    映画を見たのであらすじは分かっていたけど、やはり原作の方が百万倍良い。
    映画版では、イツキに突然立ち去られたさやかがストーカー紛いの行為に走るシーンがあるけど、あれは蛇足だったんじゃないかなあ……。
    あとラストも、あんな華やかな感じはイツキっぽくないなあ、と。

    後日談を描いた「カーテンコール ゴゴサンジ」と、イツキが失踪?中のサイドエピソードを描いた「カーテンコール 午後三時」がまた泣かせる。
    杏奈は、子供だけど大人だ。
    多分この年の子供って、本当は色々分かっているけど言葉にはできないから周りにはそれが伝わらない。
    でも、小説だからそこは言葉になるわけで(笑)。

  • 心が温かくなる本です。
    私もこのような男性と一緒にいたいなと思いました。
    この本を読んでから、道端に咲く草花を目で探すようになり、視野が広がって心が豊かになって気がします。

  • 噂どおり、おもしろかった。
    雑草(と言ったら怒られるけど)がこんなに食べれるなんて、とも驚いたけど、有川浩のベタ甘なのに自然な2人の恋愛模様が読んでいてとてもおもしろかった。

  • 有川浩さんの作品は「阪急電車」「塩の町」「県庁おもてなし課」を読んだケド、私にはどれもちょっと甘々な恋愛内容が苦手でそれ以降は敬遠していました。
    この作品も恐る恐る読んで、やっぱり甘々なのもなったけど、野草を採って食べる内容が子供の頃の思い出と重なって楽しかった。
    私もイタドリが一番美味しくて好き‼︎
    野いちごの虫アルアルも「あーっねぇ〜」でした。

  • 身近な雑草を使って、素朴で美味しい料理を作ることを素材にした恋愛小説。出張中の機内で読んだが、植物に関する詳細な記述はサラっと読んでしまったせいか、あっという間に読み終えました。読後感は爽やか。

  • 有川さん、毎度の甘々ありがとうございます。
    ありえないとは思うんだけど、遠からずこんな話あるかも(あって欲しい)と思わせる。
    山菜好きなんで、ほろ苦い味が欲しくなります。

  • 文句無しの良作だと思います。最近の恋愛小説ってベタでしょ?と思いつつページを捲っていたのですが、次から次へと繰り出される植物についての知識、それから有川浩さん自身が紡ぐ美しい文章の数々、すべてが予想の範疇を悠々と越え、私のハートを鷲掴みにしました。「引き金二回目」。この言葉でやられたー!と思った人は多いでしょう。でも、果たして現実にこんな理想的な男性がいるのか、とふと我に返った時、苦笑いは不可避ですよね。やはり、小説の世界は小説の世界に留まるということですね。はい。

  • 「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか」
    「噛みません、しつけのできた良い子です」

    飲み会の帰り、偶然拾った行き倒れの青年は、スーパー家政夫であり、雑草オタクだった。
    イツキという名前しかわからない男との胸キュン生活(笑)

    週末ごとに「狩り」に出かけ、「料理」する
    そんな生活は突然終わりを迎える。

    巻頭の草花の写真を何度も見返しながら読むと
    へぇ~、これがねぇと面白さ倍増。
    巻末に、雑草料理のレシピつき(笑)
    料理の写真が白黒なのが何とも残念

    「狩り」と「料理」の話が延々続き、そろそろ飽きるかなと思った頃にふたりの関係が深まり
    おお!と思ったところに突然の展開。

    わかってたけど、手のひらで踊らされた感満載w
    まぁ、有川作品だから、ラストは甘々のハッピーエンドだとは思ったけど(笑)

  • 例えば待合室や旅の途中で読むには、読まねば・・とちょっと肩に力が入るものよりは、話題の映画の原作になっているくらいの本がふさわしい。その点、有川浩さんの作品は、うってつけだ。しかも、暗い気持ちになる要素がほとんどないから(今まで読んだモノに関しては)、迷ったらこの方の本を取るのはある意味盛会ではないかと思う。
    しかも今回は、野原や街なかの植物に関する豆知識も得られる。巻頭にホンモノの写真が載せてあるのもありがたい。さらに、その多くが「食べられる」ものであることも、うれしかったりする。
    ストーリーとしてはちょっと甘ったるい感じもあるから、物足りなく思う人もいるかもしれないけど、まあ、いいじゃないの?!

  • これ読んでから野草に目が行くようになった。来年の春にはタンポポの天ぷらを試してみたい。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。躾のできたよい子です―。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。樹という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご近所で「狩り」する風変わりな同居生活が始まった。とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)“道草”恋愛小説。レシピ付き。

    心の中に乙女が住み着いているおっさんとしては、こういうキュンキュン物を定期的に摂取する必要があるのであります。
    あらすじからしてヘタレタ恋愛物であるのは明白であります。なのに本当に胸キュンだし、途中から胸が痛くなってもう・・・・。
    野草を食べるって結構憧れますね。この本には採取から料理が結構なボリュームで描かれているので、自分でも取って食べてみたいと強く思いました。特にイタドリの描写はもう涎ものです。来年覚えていたらセイヨウカラシナを取って食べます!

  • 生活に疲れたOLさやかが行き倒れになりかけてたイケメンの樹を拾い一緒に生活を始める。雑草に詳しい樹と美味しく食べられる植物を一緒に採取するうちに2人は引かれ合い、何時しか恋人同士になる。しかし、そんな2人に突然の別れが来る。植物を通してストーリーが進む。道草に気にかけるようになる。

  • 再読なのに登録していませんでした。
    ありえない設定だとは思うのですが、少女漫画のようで楽しく読めます。

  • 青森から高萩に行く長い旅で一気に読み終えてしまった。
    有川浩作品を読んだ後はいつも心がほんわかする。それは、登場人物の心の動きを丁寧に書いているからだろう。
    本書では、擦れたOLが純粋なイケメンを拾って、イケメンの野草を使った料理で健全さを取り戻すとともに、恋にも落ちる。
    季節ごとの野草や花があり、それらを美味しく食べることができることに幸せを感じ取ることができれば、なんて素敵なことだろう。
    私も自然の尊さ、日々の何気ないものから、幸せを感じることができる人間でありたいと思った。

  • 道で拾った謎の男イツキとさやかの恋愛小説。
    初々しいさやかが可愛い。中高生の頃に読みたかった。
    雑草料理は美味しそうで、道を歩いていても雑草に目をとめてしまう。

  • 甘い、少女マンガ的な甘さ
    食べ物は作ってもらいたくなる
    一家に1台樹が欲しい

  • テンポよく爽やかで主人公と一緒にドキドキ出来る、ケータイ小説でヒットしたときいて納得です。読み出したら止まらないですね。終わり方も見事、他の作品も読みましたが作家さんの感覚、器用さが素晴らしいなと感動しました。

  • 流石、有川浩さんという満足感のある一冊でした。やはり女性作家さんにしか演出できない、女性の胸キュンポイントが随所に散りばめられていました。映画が公開された後なので、良くも悪くも岩田くんを頭に思い浮かべながらのストーリー展開でしだが、樹の笑顔、博識さ、色気に終始ドキドキさせられました。今日からは道端の緑に目を留めるようになり、今後は季節の移ろいの美しさにより心を動かされることでしょう。とりあえず今日は自宅に帰る前に書店にて植物図鑑を1冊購入してしまいそうです。

  • 三回くらい読み返してるけど、何度読んでもきゅんとくる。しかも1つのお話しが短いから通勤時間に最適なんだよなぁ。

    映画見てから読んでも楽しめると思う。

  • 高校生の時出会って、今でもたまに読み返す大好きな本。胸きゅんだけじゃなくて、突然好きな人が居なくなった時のなんとも言えない悲しさや怒りが文章から伝わってきて、すごく感情移入してしまう物語。

  • 有川浩のベタ甘ラブはキライじゃないんだけど、今回のはちょっと退屈だったかな。
    盛り上がりに欠けた感じ。

  • 普通という感想。最初の方こそインパクトあるがあとはありきたりなかんじ。

  • 「運命の恋」なんて信じない。だけど、それでもどこかに「運命の恋」はあるんだと信じていたい。
    「植物図鑑」は恋愛小説の王道をいく作品だ。
    突然の出会い。恋の予感。見知らぬ世界が拡がっていく感覚。臆病さゆえに素直に心を伝えられないジレンマ。変わっていく生活。変わっていく自分。
    そして・・・突然の別れ。
    さやかと樹の、傷つけないための・・・傷つかないための・・・距離感がいい。
    野草が次々と美味しそうな料理に変身していく描写も好きだ。
    どんな味なんだろうと、自分でも試してみたくなる。
    女の恋は上書き式。
    でも、どうしても上書きできない恋もある。恋していた時間はなかったことには出来ないし、クリックひとつで削除できるほど簡単にはいかない。
    さやかのたどり着いた無理に忘れない姿勢が、切ないけれど愛おしい。
    好きなものは好きで、それはどうしようもできないことだから。
    樹との出会いが、立ち止っていた少女に一歩を踏み出させる勇気になるラストは、作品の着地点として爽やかなあたたかさを残してくれた。

全1485件中 1 - 25件を表示

植物図鑑 (幻冬舎文庫)に関連するまとめ

植物図鑑 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

植物図鑑 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

植物図鑑 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

植物図鑑 (幻冬舎文庫)の作品紹介

お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。躾のできたよい子です-。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。樹という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご近所で「狩り」する風変わりな同居生活が始まった。とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)"道草"恋愛小説。レシピ付き。

ツイートする