本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たちへ (幻冬舎文庫)

  • 274人登録
  • 3.24評価
    • (5)
    • (11)
    • (12)
    • (6)
    • (3)
  • 12レビュー
著者 : 銀色夏生
  • 幻冬舎 (2013年2月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344419742

本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たちへ (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読みたいと思うとき、いつも、
    求めている言葉が、書いてある本。

    「うん。だからこの時代に生まれたことに意味があると思うと、だからこそ、今自分ができることをしたいよね」(p.226)

  • 2016.5.7

  • 失敗した。

    ボクは著者も対談相手も全く知らない。
    全く知らない二人がボクが全く興味のないイベントの話をしている。

    赤の他人が自分の興味のない話をしていて聴こうと思いますか?
    著者のことを知らないまま読み始めたボクが悪いのですか?
    ボクだって「本当に自分の人生を生きることを考え始めた」ひとりでそのタイトルに惹かれて買ったのだ。にも拘わらず延々と続くイベント話。そしてこの感じでは「本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たち」への確信めいたメッセージは出てこないのだろう。
    あくまで二人のインテリな会話を楽しみつつ、各々勝手に解釈して「自分の人生を生き」てくださいみたいなことなんだと思う。

    二人の会話はあまりに退屈で、しかもわかるようなわからんような曖昧な話をする。なにか得られると期待しながらハードルを下げつつ勉強のつもり読んでいるこちらとしてもかなり辛いものがある。
    中身がないからこんなわかりやすいタイトルにしたのかと訝りたくもなる。

    読んでいてここまでイライラする本は初めてだった。

  • 自由な2人。自由すぎてついていけない部分もあるし、硬直した生活を送りがちな自分自身を解放してくれる部分もある。自分のやりたいことを100個書く、というのいいな。やってみよう。

  • 銀色夏生『本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たちへ』読了。不思議な本だ。銀色夏生氏と冨田貴史氏の対話で構成されている。しかし、二人の会話は自分との会話である。そう“なってしまう”。人生は、自分はアートなのだ。その景色の見方のヒントを教えてくれる。こんな会話してるな最近。

  • 一回では理解できない部分もあった。
    でも、ヒントとなる考え方がたくさん詰まっている。
    もう一度、読んでみようと思う。

  • タイトルと中身が一致しなかったが、二人の生き方や考え方は参考になる。

  • 楽しかった!!

    なんだろ、友達と飲みに行って、
    お互いの本当の部分に触れた時みたいな。
    満足感というか。

    読んでいる途中で、
    「主体的になりすぎず、客観視することで、もっと主体的になれる気がする」
    と、感想をメモした直後に、
    「見守っている自分と見守られている自分が、相思相愛」
    のようにまとめている箇所があって。

    なんて言葉!魔術師みたい!素敵すぎる!

    と思いました。

  • 銀色夏生さんと冨田貴史さんとのやりとり集。手紙のやりとり,メールのやりとり,会話のやりとりと銀色さんのエッセイ。

    別に冨田さんに興味があったわけでなく,銀色さんの詩が好きで,紀行文が好きで,なかなか印象的なタイトルやなーと思って読んでみた感じ。

    やっぱりその人の人となりみたいなものっていうのは関係性の中で拡大されるというか,はっきり明瞭になってくる。その逆もあるけれど。銀色さんがこんな人,冨田さんがこんな人っていうなんとなくの輪郭が見えてくる感じ。

    自分自身はスピリチュアルな感じとかって今はいらないかなーって思うから特に積極的に取り込もうとはしてないから(スピリチュアル的にはこれも大事なのか?(笑)),この本はどちらかというと「セルフマネジメント本」みたいな位置づけになった。何か事を起こそうという時にどうプロデュースしてマネジメントするかみたいな。その観点からもなかなかおもしろかった。

  • 冨田さん、素晴らしいなぁ。会ってみたいです。

全12件中 1 - 10件を表示

銀色夏生の作品

本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たちへ (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たちへ (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たちへ (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たちへ (幻冬舎文庫)の作品紹介

銀色「晴れやかに生きていきたくない?いきたいよね」冨田「そこが前提ですよね」
よくは知らないけど、どこか似たようなことをしていると感じる冨田さんとの会話の本。
今この場所にいることも、いつかその場所にいたことも、これから先のどのことも、その時の「今」を通してしか感じることはできない。

本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たちへ (幻冬舎文庫)はこんな本です

本当に自分の人生を生きることを考え始めた人たちへ (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする