Tokyo Dream (幻冬舎文庫)

  • 50人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : LiLy
  • 幻冬舎 (2013年2月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344419865

Tokyo Dream (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • LILYさんの自叙伝。エッセイでもある。
    まだオンナ、しかこの人の本は読んだことがなかったけど、この人こういう略歴なんだ、というのがわかった一冊。
    実際ラジオのDJやコラムニストなんて食べて行けるまで大分時間がかかる。
    クラブ通いにキャバ嬢、英会話の家庭教師。カフェ勤めや彼氏との同棲。色んな経験がほんの少し私と被ってて共感。
    こんなに秒単位で予定詰め込みまくるって凄いと思いながらと留年したってところで、やっぱりそうなんだ、と残念。
    しかも上智行けたのも帰国子女枠だし、高校時代留学させてもらえたのも結局家庭環境が良かったからだよね、その割に文章の語彙力や表現力、文体も何だかちょっと安っぽく見えるし、この人ほんとに大学行けたのラッキーだよね、とジェラシーをつい感じてしまった。

    だけどこの人のシリーズまた読んでみたい。

  • わたしもがんばろう。

  • 20131027

  • 色々考えててふと目に入り購入。

    この人はすごいと思う。
    けど何ていうか、文章の書き方が好きじゃない・・・
    ほんとに「作家」なの?って思ってしまいました。
    何もかも住む世界が違う人のお話だからあまり共感できず。
    努力と根性と情熱はすごいと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

LiLyの作品

Tokyo Dream (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Tokyo Dream (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Tokyo Dream (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

Tokyo Dream (幻冬舎文庫)の作品紹介

コネも金も特技もないけど、作家になりたい。現実と夢とのギャップに焦りながら、大学の授業とクラブとバイト漬けの日々を送っていたLiLy。それでもなんとか出演できるようになった番組は打ち切りになり、念願の本を出せた出版社は倒産…。生活費の計算をしながら、企画を考え出版社に持ち込みを続け、遂に人気作家になった根性の軌跡。

Tokyo Dream (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする