世界一周デート アジア・アフリカ編 (幻冬舎文庫)

  • 107人登録
  • 3.35評価
    • (1)
    • (21)
    • (7)
    • (6)
    • (2)
  • 13レビュー
  • 幻冬舎 (2013年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (436ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344420137

世界一周デート アジア・アフリカ編 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 此の手の旅行記に類した本で最後まで一気に読めた本は初めてかも。面白そうだと思って購入しても期待はずれで、読み進められず、だらだらと読むか、積読本となり捨てるのがいつものパターンでした。でも、この本は違いました。読み易いし興味深いし面白い。こんな風に時間を気にしないで、アジアの街にのんびり滞在したい。でも、安宿に泊まるのではなく、それなりのホテルで。

  • バックパッカーで世界一周してみたい!!
    けどそんな勇気もお金もないー泣

    お二人とも文章がうまいです。行ったことない聞いたことないような町でも、その町の雰囲気がよくわかる、素敵な本。

    ヨーロッパ編も楽しみです!

  • いいタイトルだなあ。新婚旅行が世界一周なんて幸せだね。寝る前にKindleで読んで幸せになれました。

  • 夫婦で世界一周旅行!素敵です!憧れます!続編も楽しみだ〜

  • この本は、昨日レビューを書いた「ヨーロッパ鉄道旅ってクセになる」の著者、吉田氏のデビュー本である。旅行本ってあまり読まないので、吉田さんのことはクセになるを読むまで知らなかったが、あまりに面白かったのでとりあえずデビュー作を読んでみることにした。
    2年近くにわたり、新婚旅行で世界一周をするという旅行記だが、新婚旅行とはとおく離れたバックパッカーの貧乏旅行だ。でも、お金をかけないだけに、旅先での様々な人達とふれあいながら、助けてもらいながら、時には騙されながら、奇想天外な旅行で、こんな経験をしたらどんな旅行も平気だろうなぁと思わせる。
    結局、この旅行をするために結婚する直前に会社を辞めるという、普通とてもできそうに思えない話から始まるが、この本には普通とてもできそうに思えない話がてんこ盛りである。この旅行の日記をまとめたものがこの本の単行本で、その後旅行作家になったのだから人生何が起こるかわからないが、このような冒険を出来る人はなんでもできるよなぁと感じる本であった。(ちょっとというか、かなり年寄りじみた感想ではあるが・・・)
    この本はオススメです。旅行の後半(ヨーロッパ、アメリカ)は近いうちに出版されるようです。

  • 実際に行かないとわからないこともあるよね。

  • 新婚旅行に世界一周って。いいなあ。憧れる☆

  • 良いですねこの手の本は。

  • ご夫婦揃って文才がおありですね。とても楽しめました。続編も出されるそうなので楽しみにしています♪

  • 大変面白かったです。

全13件中 1 - 10件を表示

吉田友和の作品

世界一周デート アジア・アフリカ編 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界一周デート アジア・アフリカ編 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界一周デート アジア・アフリカ編 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界一周デート アジア・アフリカ編 (幻冬舎文庫)の作品紹介

今や旅行作家として広く知られる吉田友和にも旅の初心者時代があった!?付き合いはじめて一か月で結婚を決め、新婚旅行と称して出かけた約二年間の世界一周旅行。その軌跡を涙と笑いで綴った傑作エッセイ。東南アジアに始まり、中国、チベット、インドを経てアフリカ大陸へ。人気旅行家夫婦の旅の原点の記録。

世界一周デート アジア・アフリカ編 (幻冬舎文庫)はこんな本です

世界一周デート アジア・アフリカ編 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする