ヨーロッパ鉄道旅ってクセになる! 国境を陸路で越えて10カ国 (幻冬舎文庫)

  • 109人登録
  • 3.40評価
    • (6)
    • (11)
    • (11)
    • (5)
    • (2)
  • 11レビュー
著者 : 吉田友和
  • 幻冬舎 (2013年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344420526

ヨーロッパ鉄道旅ってクセになる! 国境を陸路で越えて10カ国 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 氏の著書はこれまでに数冊読んでいるが、この本ではこれまでに感じたことがなかったちょっと嫌な感じが残った。著者自身が自分の文体に酔っているのかな、そんな印象が残ったのが嫌な感じの原因かと。

  • ヨーロッパの鉄道旅行記。いくつか行ってみたい国もあり生き生きとした文章が良かった。

  • 旅行をテーマに数々の著書を書いている吉田友和氏によるヨーロッパ旅行記。フランスからイタリア、スイス、ドイツなどを経てイギリス、アイルランドへ至る鉄道旅がまとめられています。週末にふらっといけるような気軽な旅行ではないけれど、人生で一度はしてみたい旅のスタイルがこの鉄道旅です。本書では、こういった鉄道旅に不可欠なパスの知識など基礎的な知識を知ることが出来ます。実際にヨーロッパでの鉄道旅を計画するのであれば、時刻表や各国の鉄道事情がまとめられた本が別途必要になると思います。地球の歩き方からそういった書籍が出ているので参考にしてみてください。

  • ヨーロッパ鉄道の旅もあこがれ。いつかしてみたいことのひとつ。

  • ユーレイルセレクトパスを使って8日間の鉄道旅行に出た作者の旅行記。

    自分に酔っているかのような文章が苦手です、愚痴も多いし。

    旅行記では「酔狂」という表現をよく目にします、深夜特急シリーズの影響でしょう。
    旅とこの言葉の取り合わせが好きです、でも彼の使い方は適切ではないと思います。


    ネットを駆使した旅をされていますが、私はネットワークから遮断された旅を好みます。

  • フランスのニースからアイルランドのダブリンまで、鉄道で移動する旅行記。

    どうにも文章に違和感があって読みずらかった。。
    同じ言い回しが何度も出てきたり、大げさ過ぎる前置きで大した事ない感想を述べたりするのが中途半端で気持ち悪かった。

    でも内容はヨーロッパに行った事がない人にとっては各国の雰囲気が感じられて面白かったです。

  • 大好きな旅本。鉄道を使いヨーロッパを巡る旅です。写真も所々あり、文章を読んでてその場所の情景がつかめて自分もしっかり旅気分です。
    オススメです。

  • 本屋さんで平積みになっていたので、表紙に惹かれて軽い気持ちで手にしてみました。のんびりした列車の旅と、著者の気取らない文体がとても和ませてくれ、あっという間に読んでしまいました。
    南フランスからイタリア、スイス、ドイツ、オランダ、イギリス、アイルランドまで。途中に小さな国を通るので全部で10カ国ということだが、国境が接しているヨーロッパなので列車に乗っているだけで、景色と文化が次々に変わっていく様子が伝わってくる。NHKの街歩きのような風景と語り口、そして、あちこちで起きる出来事。こんな旅行もあるんだと気づかせてくれます。オススメです。

  • ヨーロッパ周遊に鉄道網を活用した実践旅行術。各国の都市の描写は抑え目で著者の旅の記録といった趣き。陸続き故に楽しめる旅の魅力は伝わってくる。

  • やっぱり旅の本はいいなあ。旅のスタイルが似ていて嬉しくなってしまう、そんな本です。

全11件中 1 - 10件を表示

吉田友和の作品

ヨーロッパ鉄道旅ってクセになる! 国境を陸路で越えて10カ国 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ヨーロッパ鉄道旅ってクセになる! 国境を陸路で越えて10カ国 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヨーロッパ鉄道旅ってクセになる! 国境を陸路で越えて10カ国 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヨーロッパ鉄道旅ってクセになる! 国境を陸路で越えて10カ国 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヨーロッパ鉄道旅ってクセになる! 国境を陸路で越えて10カ国 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヨーロッパ鉄道旅ってクセになる! 国境を陸路で越えて10カ国 (幻冬舎文庫)の作品紹介

ヨーロッパ周遊に鉄道網をフル活用!煩わしい手続きなどなく、都市の中心部から中心部へ。混雑する空港で長蛇の列に並ぶことも、都心部の交通渋滞のストレスもなし。その土地ならではの車窓の風景を楽しみながら、快適な旅はいかが。仕組みは一見複雑、でも使いこなせればこれほど便利で賢く魅力的な方法もない。さあ体当たり鉄道旅の結末は?

ヨーロッパ鉄道旅ってクセになる! 国境を陸路で越えて10カ国 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ヨーロッパ鉄道旅ってクセになる! 国境を陸路で越えて10カ国 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする