エスピオナージ (幻冬舎文庫)

  • 61人登録
  • 3.35評価
    • (2)
    • (8)
    • (7)
    • (1)
    • (2)
  • 5レビュー
著者 : 麻生幾
  • 幻冬舎 (2013年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (680ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344420854

エスピオナージ (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20160915

  • 131126

  • むずかしい内容でした。結末の係長の同行が気になります。

  • 面白かったが、最終章がちょっと残念。続編あり?

  • 本作は、「謎の多い女」である美津江が浮かび上がってくる第1章、3年程経った第2章で構成され、後日譚的な短い終章が加えられている。

    全編を通じて、水越警部が“狂言回し”であり、“主人公”という感に纏まってはいるのだが、「真の主人公」は、数奇な運命を辿り、或る意味で壮絶な生き方をして来た「謎の多い女」である美津江かもしれない。

    本作では、地道な防諜活動というものが精緻に描かれ、非常に迫力が在るが、他方で各々になかなか個性的な捜査員達が活き活きと描かれているように思う。そして、そういう捜査員達の目線を通じて、主人公格の水越警部という人物が掘り下げられている。

    精緻に描かれる“第四担当”の面々の活動は、読んでいて「映像」が浮かぶようだった。或いは非常に“映画化向き”な作品かもしれない等とも思った。

    大変愉しい作品だったが…「身近な場所に、この種の活動で言う“視線”が在るのか?」等と、多少怖くなる一面さえ在った…

全5件中 1 - 5件を表示

麻生幾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

エスピオナージ (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

エスピオナージ (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エスピオナージ (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エスピオナージ (幻冬舎文庫)の作品紹介

日本国内での暗躍に苛烈さを増すロシア工作員に壮絶な闘いを挑む警視庁のスパイハンターたち。捜査線上に浮かび上がる正体不明の男と女。執念の捜査の先には、想像もしなかった悪魔の所業が隠蔽されていた。国家間の諜報戦に翻弄されてきた男女が選ぶ答えとは?謎が謎を呼ぶ展開、胸を締め付ける感動の結末。リアルサスペンスミステリの傑作!

エスピオナージ (幻冬舎文庫)はこんな本です

エスピオナージ (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする