ねこ弁 弁護士・寧々と小雪の事件簿 (幻冬舎文庫)

  • 53人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (3)
    • (10)
    • (3)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 大門剛明
  • 幻冬舎 (2013年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344420946

ねこ弁 弁護士・寧々と小雪の事件簿 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少々狙いすぎな感は否めないですが、謎の設定はなかなか面白いです。謎そのものに猫があまり絡まないのが、ちょっとタイトル負けかな。

  •  イケメンで見た目男の寧々と、見た目アイドルの小雪の姉妹弁護士が活躍するライトミステリ。
     語り部は寧々だけれど、推理は全部小雪。スーパー天然なのに推理力だけはある、ていう超ベタなキャラ設定だったけれど、2人ともそんなに嫌なキャラてはなくて、普通に楽しめた。

     ただ、カモの話は、ちょっとどうかな。
     ちょっと偽善的すぎる。話の最後にそのことに触れてたけど、そんな教訓じみたこと、いちいち言うのもどうだろ。
     最初から食用で育てられてる生き物はどうなるの。
     いくら小雪が天然な性格でも、子どもじゃないんだから…。

     あと、案山子の話、年寄りが喋ってる喋り方、本当にこの地方の方言なのかな。
     カモの話では全然方言は使われてなかったのに。
     その点でちょっと現実味がそがれる。

     表紙の雰囲気が、昔読んだコバルト文庫とかティーンズハートとかを思わせて、何か懐かしい気持ちになった。

  • ストーリー ★★★☆☆
    ドタバタ度 ★★★★★
    感動度   ★★☆☆☆

    心理描写がほとんどなく、事実の羅列の文章に、最初は読みにくさを感じました。
    進むにつれて、著者の書きたいこと、読者に感じさせたいことが、何となく読み取れるようになってきました。
    もっと伝わりやすい文章表現であれば、それなりに感動できるストーリーなのですが。
    ドタバタと感動的なストーリーは、上手く書けば融合できると思います。

  • 何気なく手に取った1冊が、偶然にも舞台は三重県、主人公は津高卒。
    それだけで興味深く読みました。
    しかし三重も知らないことだらけ。
    ことらバッグ、平治煎餅ワッフル、三岳寺、御在所カレーうどん。
    今度帰ったら三重めぐりしよう。

  • お笑いにおけるツッコミって大事なんですねぇ。いっそ両方ボケ倒してれば突き抜けちゃいますけど、相方がツッコミになりきれずに振り回されてる、さらにはボケに期待し始めますから観客は呆気にとられるのみ。
    弁護士姉妹の名前の一文字目をとって「ねこ弁」。姉は真面目で努力型のイケメン。妹は猫と食べ物の事しか考えてない天才肌の美少女(?)。もちろん妹がボケです。弁護士の職業倫理うんぬんより、年齢的に許されない猫耳・猫バッグ。猫とみれば写真を撮りまくり、仕事を二の次にして郷土料理を食べ漁る。いくら猫好き仲間といえどもこれは馴染めません。姉が手綱を握っててくれればいいのですが、呆れているようなことを言うわりに根がシスコンで、推理に関しては完全に妹に丸投げ。ブレーキなしで全面的に妹バカになってくれれば笑えたかもしれません。どうでもいい謎をどうでも良く解決するにしても、とことん真剣に向き合っているか、とことんふざけながら対処していくかすれば、読んでる方も一緒に悩んだり馬鹿馬鹿しさに笑ったりできるのに。バカミスってさじ加減が難しい。

  • コミカルでポップだけど薄味かなぁ。
    かわいいんだけどね。お姉ちゃんファイト!

  • 猫専門の弁護士。……ではありませんでした。まあ猫関連は多いですけれど。寧々と小雪、美人姉妹弁護士が活躍するミステリ短編集です。二人合わせて「ねこ弁」ね。
    お気に入りは「レジ待ちオリンピック」。うわ、レジ待ちの極意……奥が深いっ! ってのに不覚にも感激してしまいました。買い物行ったときに気を付けて見てみよう(笑)。だけどこの肝心な点については、きっと猫を飼ってる人ならすぐわかるだろうなあ。

  • 猫愛が行きすぎてちょっと行動不審だが推理力に才のある妹と,その危うさを見守る姉との二人三脚弁護士業話・・・というより探偵ものっぽい推理小説.

    全体的に可もなく不可もなくといった感じでした.6つの短編はほぼ独立しており,どれも軽い感触.先の展開も予想しやすいのですらすらと読んでいけると思います.あまり読後感として残るものは無いのですが,ちょっとした時間にほっこりしたければ,といった感じでしょうか.

    ねこ弁と聞くと,ねこ鍋のようにねこの弁当を想像してしまうのですが,そういう件は一切無かったですね.

  • 猫好きな妹とそれを心配する?姉の弁護士姉妹が、依頼人のところで起こる事件を解決していく短篇集。

    特にこれといっていいなあと思うところもないのですが、猫が出てくるだけでまあいいかと思えました。

    シリーズになってるのかなあと思いながらbooklogで検索したら何冊か表示されたのでいろいろなお話がこれ以外にもすでにあるようです。

    また手に取るかどうかはわかりませんが、それなりに面白く読ませていただきました。

    (以上、ブログ全文です。)


    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4589228.html

全9件中 1 - 9件を表示

大門剛明の作品

ねこ弁 弁護士・寧々と小雪の事件簿 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねこ弁 弁護士・寧々と小雪の事件簿 (幻冬舎文庫)の作品紹介

最速でスーパーのレジを突破した者に遺産を相続させよ-。奇妙な遺言を残した資産家の謎を解く「レジ待ちオリンピック」。田舎町で案山子が相次いで失踪。その意外な犯人を追う「案山子だけが知っている」など、六編を収録。アイドル顔だが天才的な推理力を持つ小雪と、イケメン顔で不器用な寧々。弁護士姉妹が活躍するユーモア・ミステリ。

ねこ弁 弁護士・寧々と小雪の事件簿 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ねこ弁 弁護士・寧々と小雪の事件簿 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする