正三角形は存在しない 霊能数学者・鳴神佐久に関するノート (幻冬舎文庫)

  • 141人登録
  • 3.02評価
    • (2)
    • (5)
    • (29)
    • (2)
    • (3)
  • 16レビュー
著者 : 二宮敦人
  • 幻冬舎 (2013年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344420984

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

正三角形は存在しない 霊能数学者・鳴神佐久に関するノート (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • とても良い本に出合った。読み終わった瞬間、『もっと読みたい、続編あるのかな!』と気になって検索してしまったほど面白かった。
    個人的にですが、霊的な物と数学的な物って結び付けて考えたら面白いと以前から思っていたので、まさにドンピシャな話。
    青春×ホラーとか青春×ミステリーが私のツボなんですが、それらが全部かけ合わさった本を、何故今まで知らなかったんだ私は?!

    数学的な要素で専門的なことはさほどなく、みんな大好き「ゲーデルの不完全性定理」がさらりと説明されてたりする程度。
    何というか、霊媒師・佐久の「霊の捉え方」が理系というか、理論的な感じ。
    例えば「人と動物」とか「現代人とものすごく過去の人」など、かけ離れた環境にある物は波長が合わないから見えづらいとか。
    脳の病気で自分の右半分しか認識できない人が霊になった場合は、右半分が二つ付いた姿で出てくるとか。
    その理屈っぽさが面白かった。

    キャラが立っていてライトな感じで読み進められるけど、ホラーな要素はしっかりある。
    一つ目小僧のくだりはモロで、霊感がある人が知る(思い描く)それと、霊感がない人のイメージが食い違うこと・およびその理由にはびっくり&納得。
    キャラクターで良かったのは、何といっても弟・雄作ことユウ。
    高校生やらしとくはもったいないほどのしっかり男子で、おかん目線・同級生目線、どちらでも『これは惚れるわ…』というキャラ。
    表紙の絵から、勝手に兄の佐久の方に期待(?)していたのですが、弟に軍配ですね。

    ミステリー要素は、最後のどんでん返し・主人公の正体に尽きます。
    後半で何となく察しはついてたものの、初めから伏線が張ってあったことに気づいたのはだいぶたってから。やられましたわ。

    最後の10ページくらいがニヤニヤドキドキ。ホントこれ、無いんですか、続き(笑)。

  • もっと数学っぽくしても良かったのでは?

  • 霊×数学という、霊を数学の観点で合理的な論理展開をしていくのは発想が面白かった。霊をあるがゆえにリアルさは無いが、各章に散りばめられた伏線が最終章に一気に繋がっていくのは爽快感があった。結果的には可愛い少女の恋物語なんだけど。。。

  • 2016/3/23
    これはちょっと若すぎた感。
    私より先に読んだ父はどんな気持ちで読んだのであろう…w

  • 2016年3月16日読了。
    2016年82冊目。

  • 「幽霊が見たいのに霊感0」の女子高生が「見える」と噂の同級生に、霊が見たいがために急接近して…?読み始めは主人公の身勝手さにちょっとイラっとしていたのだが、青春っぷりとラストの謎解きで、なるほど〜と納得。後で見たらあらすじに「胸キュンの青春オカルトミステリ」てあった!

  • 幽霊を見たい女の子と、見える男の子と、その兄。そして友達。片鱗は面白いし、ストーリーは読みやすい。ただ、少し物足りない。
    2015/8/10

  • 設定上仕方ないのかもしれませんが、主人公の気を使わないお馬鹿設定がちょっと苦手。
    ホラーっぽいけど怖くはないです。

  • 心霊現象を数学的に解読する切り口は面白かったけれど、数学者である必要性を感じられなかった。意味深なキャラクターも伏線かと思いきやそれ以上触れることなく終わってしまって、不完全燃焼…。

  • あっという間に読み終わった本。読みやすい。サラッと怖いところもあって面白かった。

  • 意外とオカルトだったけどライトで面白かった。数学はこじつけかな。

  • ちょっと珍しいオカルトと数学の連動。
    でも、数学にこだわらなくても、十分に面白いストーリー展開だと思うのだが。

  • かなりライトな文章で読みやすい.そこはもとはケータイ小説出身の作家である長所が現れかも知れません.
    幽霊の存在に対する考察が独特かつ斬新で,妙に納得のいく内容となっていて面白かったです.
    ただ,1冊の小説として全体を俯瞰してみると,
     ・ホラー的な怖さはあるか → 無い
     ・ミステリー的な謎解きがあるのか → 薄い
     ・数学的な論理性はあるか → 乏しい
    というように,タイトルや帯から期待されるような内容にはなっていない点には注意が必要です.
    それでも,幽霊に関する考察は一読の価値がある面白さだと思うので,軽い気持ちで読んでみては如何でしょう.

  •  霊能数学者、という響きとタイトルの掴みの良さに惹かれて買った、んだけれど…

     イメージをそのまま感想にするなら、「プロフェッショナルじゃない」。どこがどう、と云われると困るけど。
     毎度、ストーリィについては深く触れないけれど、お話自体はとてもまとまっていて、シンプル。ちょっと突飛じゃないか、という感想もちらほら見えるけれどそれは短絡で、そこに至るまでの過程がとてもショートしているから飛んで見えるだけかな、と思う。
     結局タイトルに関しても認識論的なことで(K谷くん概ね正解!)、つまり想像していたとおりのこじつけ、というか屁理屈、というか…
     下手な数学者は屁理屈屋と変わらない、というオレのダメな先入観を、上塗りされそうになってしまった…!

     面白くない、というほどでは無いし、そこそこ楽しめたんだけれど、
     ひとつもオレの想像を超えてこなかったので、☆ふたつ。
     なんとなく、自分の評価基準というのがわかってきたような気が、します。…いまさら?

  • 読み口は軽くてさくさくと読めるし、流れとしては悪くないかなー、とは思うけれど、メイコの態度はちょっと急変しすぎではなかろうかと思ったり。
    あと、タイトルが内容と乖離している気がするのだよなぁ。確かにその話題もあったけれど、佐久はメインになっていないだろう…という。続きが出るとしたらそれは佐久がメインになるのかしら?

  • オカルトミステリーという触れ込みですが、あまりミステリー要素は感じません。数学を絡めたり、霊に対する独自の解釈とか、着眼点は悪くないと思うんですが、全体として無知な女の子が暴走するだけのオカルトものになってしまっている点が残念です。そこも含めて全体のしかけではあるので、ラストでは「あぁ」と思うわけですが、そこに至るまでが楽しくないので、全体の印象がいい感じになっていないです。ちょっと残念な1冊でした。

全16件中 1 - 16件を表示

正三角形は存在しない 霊能数学者・鳴神佐久に関するノート (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

正三角形は存在しない 霊能数学者・鳴神佐久に関するノート (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

正三角形は存在しない 霊能数学者・鳴神佐久に関するノート (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

正三角形は存在しない 霊能数学者・鳴神佐久に関するノート (幻冬舎文庫)の作品紹介

猿倉佳奈美は「幽霊が見たいのに霊感ゼロ」の女子高生。"見える"と噂のイケメン同級生ユウに近づくと、彼の兄・鳴神佐久は霊現象を数学で解説する変人霊能者だった。「悪霊に会ってみたい」という佳奈美に、佐久は「片化粧」という呪術を教えてしまう。するとユウが激怒。彼には何が見えている?ホラーだけど胸キュンの青春オカルトミステリ。

正三角形は存在しない 霊能数学者・鳴神佐久に関するノート (幻冬舎文庫)はこんな本です

正三角形は存在しない 霊能数学者・鳴神佐久に関するノート (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする