めぐりくる春 (幻冬舎文庫)

  • 58人登録
  • 3.76評価
    • (5)
    • (11)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 梁石日
  • 幻冬舎 (2013年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (537ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344421028

めぐりくる春 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あまりにも壮絶過ぎて言葉が出ない
    サディズムと性欲の繰り返しで、読んでいて辛すぎた
    教育によって身の毛もよだつ鬼となる日本兵
    いやあれが人の本性かもしれない
    愛はない。ただ欲望と反省の無さと意志の弱さ
    正義などないのが人間かもしれない。従軍慰安婦、男の性欲のはけ口にされた悲しき存在
    天皇陛下を異常に崇拝しているのも狂気じみてる

  • 狂った現実を淡々と描いたこの作品の、登録人数の少なさに少し驚きつつ。戦争というひとつの大きな事柄への関心のなさが表れているようで、なんとなく焦る。

    慰安婦問題。色々と問題になっているけれど、一度読んでみるのがいいと思う。その上で、自分の心がどう感じるか、どう考えるか。それが結論じゃないかなと。
    本作はあくまでフィクションなんだけど、戦争という大きな流れ、人を人として扱わないことが日常化する狂った時代を描いたという点では、どこまでもノンフィクションに近いんだろうと思う。

    慰安婦たちもさることながら、人間が駒のように、虫けらのように扱われる描写も、胸が痛い。そこには人権も尊厳も何も存在せず、あるのは暴力と支配。

    読むのが苦しくて、何度も何度も繰り返される残酷な描写に本当に胸が痛くて…、でも目を背けてはならない、これが現実。

    日本は、私たちの「今」は、こういう過去の上に成り立っている。
    それを、忘れちゃならない。知っておかなきゃならない。

    どうか世界が平和でありますように。ひとりでも、こんな悲しい運命を辿るひとが、減りますように。祈らずにはいられない。

  •  梁石日は3冊目、『血と骨』は下巻は読まなかった。それほど内容がエグい、『睡魔』についてはマルチ商法に興味があったのでよんでみた。今回は戦時下の朝鮮人慰安婦について書かれている問題作である。それにしては登録49人とは・・・関心の薄さが人数と比例しているようだ。
     
     現在なら南極2号とかレンタルビデオ屋とかコンビニ大人の書籍コーナーとかいろいろあるけど、この時代それも戦時下っていう条件で、人権を無視した性労働を強いられた朝鮮人女性たちの実話をもとにしたお話。戦時下というのは人をモノとして扱うことに何ら疑問を持たぬ異空間らしい。この世とあの世の中間に位置している。いつ死んでもおかしくない状態で正常な精神を保っている人はいない。

  • 元従軍慰安婦への取材を経て書き上げられた、日本軍の朝鮮慰安婦の悲劇。ページをめくる毎に、息苦しいほどの悲惨な体験。人間として扱われないような状況を作り出しているのは、全て戦争なのだと痛感させられる。特に女性に目を逸らさず読んでほしい一冊。

  • 戦時中、日本軍の従軍慰安婦にされた韓国人女性の過酷な運命を取材し、それを元に小説化されたもの。
    戦争は戦った兵士が死んでいくだけではなかった。慰安婦にされた女性たちも苦しみを味わいながら死んでいった。
    あまりの酷さに何度も目をそらせそうになった。でも、どんなに目をそらしたとしても現実は変わらない。

    2015.10.1

  • 慰安婦の現実を衝撃的にお勉強できた。女性に戦争の前線へ行け、と言っても行けない。だからってこんな役割が回ってくるのは何とも酷すぎる。

  • P527
    第ニ次大戦時に日本兵と行動を伴にした朝鮮の従軍慰安婦の苛酷な小説。

  • この本は、戦争というあまりにも大きな世界の流れの中で、1人の慰安婦がその凄まじく大きな力を前に悶え苦しみ、ただ死なないことだけを考えて生き抜いた物語である。

    ある慰安婦が「わたしたちはいつ死んだっておかしくないわ。毎日、2.30人の客を取らされて、休日は50人以上取らされるのよ。体がもつわけないわ。わたしはもう限界。毎日、死にたいと思ってる。しぬことばかり考えてる。」
    と言うと、
    「死ぬなんてこと言わないで。みんな必死に生きているのよ。いつか故郷へ帰れる日を夢見て…」
    と別の慰安婦が励ます場面がある。

    このようなやり取りは何度ページをめくっても出てきて、どれほど慰安婦の生活が辛く、苦しいものなのかが分かる。
    彼女らは、僕とほとんど年齢が変わらず、ただ、生まれてきた時代、場所が違っただけなのだ。

    この本を読んで、自分がいかに恵まれて生まれてきたのかという気持ちを持つのと同時に、慰安婦として、死よりも生を選び強く生き抜いた彼女らの人生を忘れずに生きていきたいと思った。

  • この人の小説はいつも刺激的で衝撃を受ける。
    慰安婦の問題は単純ではないが、一読する価値あり。

    橋下市長が読んだら、どういう感想を言われるであろうか。

  • 同胞に騙され、十七歳にして従軍慰安婦にされた淳花の悲劇の物語。

    著者の筆はあくまでも冷静に淡々とした調子で慰安婦の置かれた地獄の日々を綴っており、同時に腐敗した日本軍の様子も描いている。

    戦争という狂気の渦巻く世界で日本軍が起こした悲劇、惨劇に我々は決して目を背けてはいけないと痛感した。

全14件中 1 - 10件を表示

梁石日の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
宮部 みゆき
ピエール ルメー...
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

めぐりくる春 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

めぐりくる春 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

めぐりくる春 (幻冬舎文庫)の作品紹介

一九三七年、貧しい十七歳の淳花は従軍慰安婦にされた。同じ場所で、日本人兵士に無理矢理体を開かされた韓国人女性の中には、拒否した為に殴り殺される者、梅毒にかかり気がおかしくなる者、アヘンに溺れる者、自殺する者もいた。地獄で淳花は、死んだように生きていた。著者が現地に入り、元慰安婦への取材を経て描き上げた、悲劇の物語。

めぐりくる春 (幻冬舎文庫)はこんな本です

めぐりくる春 (幻冬舎文庫)の単行本

めぐりくる春 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする