恋する旅女、世界をゆく ――29歳、会社を辞めて旅に出た (幻冬舎文庫)

  • 92人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (7)
    • (7)
    • (5)
    • (2)
  • 14レビュー
著者 : 小林希
  • 幻冬舎 (2014年7月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344422193

恋する旅女、世界をゆく ――29歳、会社を辞めて旅に出た (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者は幼少の頃から孤独感が心の中にあったと言います。30歳を前に仕事や恋人とも別れをつげ、一人で世界を旅する決心をします。自分の中にある孤独感と向き合うために・・・。東南アジア、インドを巡る旅を終えて、彼女の心の中にどんなものが残ったのか・・・。

  • 29歳会社を辞めて旅へ出る。東南アジア、インド。
    文章だと異国の風景をイメージしにくく、フォトエッセイみたいだったら良かったです。写真をもっと見たい。

  • 旅本の良いところは、読んだだけでいろんな国に行った気分になること!!今回はアジアを、中心に何ヵ国か旅をしました^^笑。個人的にはミャンマーに行きたい♪旅の途中で出会った韓国人の、次にいつ逢えるかわからない。逢えないかもしれないけど、逢えると思っていたら生きる希望になる。ポストカードにしたいくらいいい言葉(^^)旅にはつきものの悲しい現実。それでも一緒に旅した時間は、ずっと残りますよね^^旅中に出会った素敵な友達がたくさんいる著者が羨ましい!

  • 東南アジアを自由気ままに旅することは羨ましくもあり。特にミャンマーは、観光地としてまだまだ未知の部分が多く興味深かった。ただ、それぞれの場所の細かい描写が乏しく、少し不完全燃焼。

  • アインシュタイン相対性理論、時間の感じ方は人それぞれ違う

  • 30歳前に会社を辞めて1年間の旅に出た女性の旅本、前半のアジア部分。

    感じたことをありのままに書くと場合によっては面倒なことになりそうなので、諸々省略。

    とにかく強い承認欲求と自己愛とが端々から感じられる作品でした、私にとっては。

    後半3分の1くらいでやっと読める文章になってきたというか、前半3分の2は極めて個人的なブログや手紙レベルの文章です。

    「辞めた会社ってあそこだろうなー」って思っていたら、やはりあそこでした。

  • 一人で海外に行くというのは、
    時に孤独と向き合い、時に人との出会いに感謝できる
    そんな素晴らしい時間なんだと思った。

    遺跡とか、文化とか事前にたくさん勉強していくと、
    日本では感じることのできない感動を味わえるんだろうな。

  • 14.aug.26

    同じ大学の女性が書いた旅本(しかもアジア!)ということで、迷わず購入。

    冒頭のほうの「29歳の乙女が旅立つ」って書き口には閉口したし、前半はとくにそれ要るのかなー?っていう自分語りが多くて読むのが面倒にもなったけど無事読了。

    なんとなく旅のウキウキとか感動とか、そういうものをなぞった感は得られるんだけど、それ以上でも以下でもない。

    たぶん著者は涙がでるほど感動したであろう風景とかも、いまいち読んでてその情景が頭に浮かばなくて、共感しにくい。
    いろんな所をまんべんなく書いてて、読み終わって印象に残ったところがとくにないのも残念(´・_・`)
    たかのてるこ作品読みすぎてハードルあがってるのかな…?

    冒頭についてるカラー写真はきれいでした!
    私もニコンのカメラ欲しいなあ。

  • 一年間旅に出る決断をした勇気がすごい

  • 本というよりあったことをそのまま書き付けた個人的なメモを読んでるような。単純に作者と性格が合わないだけか。

全14件中 1 - 10件を表示

小林希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

恋する旅女、世界をゆく ――29歳、会社を辞めて旅に出た (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋する旅女、世界をゆく ――29歳、会社を辞めて旅に出た (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋する旅女、世界をゆく ――29歳、会社を辞めて旅に出た (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

恋する旅女、世界をゆく ――29歳、会社を辞めて旅に出た (幻冬舎文庫)の作品紹介

29歳で会社を辞め世界放浪の旅に。結婚や出産という女の転機を迎える30歳を前に、自分らしく生きることを決めた。会社を辞めた夜、「旅で素敵な女性になるのよ!」と言ってバックパックを背負い家を出た著者は、時に贅沢を楽しみながらも、各地で泣き、笑い、疾走する。やがて訪れた心の変化とは?瑞々しい感性で描かれる新感覚旅行記!

恋する旅女、世界をゆく ――29歳、会社を辞めて旅に出た (幻冬舎文庫)はこんな本です

恋する旅女、世界をゆく ――29歳、会社を辞めて旅に出た (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする