旅はタイにはじまり、タイに終わる ――東南アジアぐるっと5ヶ国 (幻冬舎文庫)

  • 91人登録
  • 2.97評価
    • (1)
    • (5)
    • (19)
    • (8)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 吉田友和
  • 幻冬舎 (2014年7月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344422247

旅はタイにはじまり、タイに終わる ――東南アジアぐるっと5ヶ国 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 旅慣れた人の旅行記。夫婦で現地集合、現地解散がすごい。

  • タイを愛する人が、意図して距離を置いていた
    タイを再び訪れる旅

    近年、急激に発達していく東南アジア
    なぜか、訪れたこともないのに
    ノスタルジックな気持ちになるのが不思議。

    東南アジアを周遊するには、いろんなやり方があるんだな。
    もう少し、濃いエッセイを想像していた。

  • エアラインパスでアジア5カ国を巡った話をライトに語っていて、サクサク気楽読めた。個人的に興味深かったのは、タイ・ドイステープをバイクで攻めるところと、私自身もずっと来訪したいと思っているラオスのワット・プーのところ。他のエリアは、ほぼ同じ時期に来訪したことがあったということもあり、旅先で出会った人から現地の思い出話を聞くような気持ちで読んだ。

  • 東南アジアの発展の様子を感じられて、すっかり旅に出たくなりました。

  • ほんとは2.5かな〜?
    筆者お馴染みのコースのため、何か裏話的なものがあるかと思いきや全体的に単調。
    本人も言っている通り慎重派の人の旅話。
    短期間の移動のせいもあるのかもしれないけど、この一つ前の著書、LCCを利用した話の方がめずらしさもあり面白かった。

  • 同世代の作者。旅に気合いが入りすぎていなくて良い。気持ちよく読むことができる。旅に出たくなるなあ。

  • タイを起点に周辺国をエアラインパスで巡る旅行記。著者が得意とするタイからラオス、ベトナム、カンボジアへと飛行機とバスで移動。街の描写より体験と旅のノウハウに重点が置かれている印象。

  • 14.aug.8

    東南アジア大好きなので買ってみた^o^

    世界一周旅行デート的な本の作者なのかな?
    そのときとの比較が多かったけど、
    その本読んでないからなんとも言えず…

    文体は丁寧で読みやすかったけど、旅行記としては、もう少し笑いあり涙ありがよかったかな〜。

  • タイ旅行から帰ってすぐ読むのにふさわしい1冊でした。
    著者のタイ愛が強く感じられて大きく共感できるのですが、他の東南アジアの国、ラオスやベトナムにも行ってみたくなりました。と言いつつも、結局タイにばかり行ってしまってなかなか行けないのですが。
    旅行好きな人にはもちろんですが、旅行に行った気分だけ味わいたい人にもおすすめです。

全10件中 1 - 10件を表示

吉田友和の作品

旅はタイにはじまり、タイに終わる ――東南アジアぐるっと5ヶ国 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

旅はタイにはじまり、タイに終わる ――東南アジアぐるっと5ヶ国 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

旅はタイにはじまり、タイに終わる ――東南アジアぐるっと5ヶ国 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

旅はタイにはじまり、タイに終わる ――東南アジアぐるっと5ヶ国 (幻冬舎文庫)の作品紹介

アジアが好きだ。好きで好きでたまらない。そんな思いを解き放ち、アジアを周遊できるエアパスを活用し香港、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジアへ。汗をかきかき、冷たいビールをぐびっと。鳴呼、生きていて良かった!悠久なる時の流れを感じる古都から、懐かしいアジア、そして新しいアジア。愛しの地を徹底的に楽しみ尽くす大人気旅行記!!

旅はタイにはじまり、タイに終わる ――東南アジアぐるっと5ヶ国 (幻冬舎文庫)はこんな本です

旅はタイにはじまり、タイに終わる ――東南アジアぐるっと5ヶ国 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする