ダンス・ウィズ・ドラゴン (幻冬舎文庫)

  • 183人登録
  • 3.02評価
    • (3)
    • (13)
    • (30)
    • (12)
    • (3)
  • 28レビュー
著者 : 村山由佳
  • 幻冬舎 (2014年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344422421

ダンス・ウィズ・ドラゴン (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西洋の竜と中国の龍の違いについて考えて見た。

    飛べるか飛べないかは別として西洋の竜の方がより生き物に近く、蜥蜴とか恐竜の化石がモチーフなのかなぁと思う。

    中国の龍は蛇や大蛇がモチーフでなければ、より概念的な存在であり、イカズチや竜巻などの超自然的エネルギーがその正体でないかなぁと思う。

    作品中は竜と龍は同義であるが、私の中では読みが一緒なだけで違うものと認識している。



    夜にしか開かない図書館に勤務する職員達の龍と関わる物語、前世、幼き日の後悔、悪夢・・・
    作品はスピリチュアル的なファンタジーです。

  • 井の頭公園の奥深く潜む、夜にしか開かない図書館。生い立ちに消えない痛みを刻むオリエ。過去に妹を傷つけたことを悔やみ続ける兄・スグルと、彼を救済したい妹・マナミ。前世の記憶をもてあますキリコ。〈永遠なる〉ドラゴンに導かれるように集う彼らは、痛みとともに、それぞれの〝性〟と〝禁忌〟を解き放ってゆく。ミステリアスな長篇。

  • 購入済み 読了

    内容(「BOOK」データベースより)

    井の頭公園の奥深く潜む、夜にしか開かない図書館。生い立ちに消えない痛みを刻むオリエ。過去に妹を傷つけたことを悔やみ続ける兄・スグルと、彼を救済したい妹・マナミ。前世の記憶をもてあますキリコ。“永遠なる”ドラゴンに導かれるように集う彼らは、痛みとともに、それぞれの“性”と“禁忌”を解き放ってゆく。ミステリアスな官能長篇。

    村山由佳は大好きだったのにここ数年手がでていませんでした。なんでだろう?
    路線が変わってからも買ったままつんである本数冊あります。好きなんだから読み出したらあっという間。
    帯のあらすじから想像したものとは違うテイストでしたがこれもありか、と。
    これで官能長編。。。わたしが今まで読んできたのはなんだったの?とかそんな別のところの感想も。
    ヨーロッパのドラゴン、日本のドラゴン、それと輪廻。
    もうちょっと過去と未来と時空絡めてほしかったけどこの頁数ならこんなもの?
    長岡さんもうちょっと絡んでもよかったかしら。

  • 「おいしいコーヒーの入れ方」「天使の卵」といった純恋愛小説のイメージで手に取った。

    ファンタジーやん!?しかもすげー中途半端な?
    ・夜中しか入れず、しかも中では部屋や本が自由意思で位置を変えるというハリーポッターのパクリみたいな設定の図書館。
    ・示し合わせたかのように描いた「龍」に関する名前を持った人々。竜神伝説のある村出身の兄妹(探偵マンガによく出てくる話w)
    ・龍にレ〇プされると都合の悪い記憶を消せるという設定→受けた者は鱗のアザが残る
    ・謎を知ってるっぽい預言者のおばあさん

    ・・といった壮大な世界観を期待させる伏線の嵐だったわりに、全くといっていいほど伏線回収せずに物語終了。現実と空想世界の区別もつかない石ノ森章太郎や永井豪の漫画のラストみたいな終わり方。

    多くのレビューで「消化不良」と書かれているが、不良どころか1ミリも消化できてないw

    伏線段階の設定はワクワクさせるものがあったので2点。

  • ドラゴン、龍、竜 etc。世界中に残る彼らに似たものの伝説。彼らに遭遇したヒトの記憶は、今も人の遺伝子に残っているのだろうか

  • 半自伝の小説から追わなくなっていたのだが、おいコーシリーズを改めて読み返して読んでない本も読む気になり借りてきた本。

    現代ファンタジーにワクワクしながら読んだものの、「ダブルファンタジー」を彷彿させる前世の繋がりのある近親恋愛。
    面白くないわけではないけど、この不思議な図書館は?竜の望みは?など当初浮かんだ疑問はほぼ解決されず。
    ファンタジーだしなぁと思いつつなんとなく腑に落ちない。

  • 放蕩記がとても読後感が良く、作者買いした一冊。

    しかし失敗した。これはファンタジーだった。
    ファンタジー嫌いの自分には大失敗。
    しかし、現実感のあるファンタジーであった為、最後まで読み終えることができた。

    オリエ、マナミとスグル、キリコ、それぞれの物語が
    最終的にはもっと濃密に絡み合うのかと思いきや、
    そうでもなく・・・
    何となくパっとしない終わり方だったように思う。
    ファンタジーに不慣れな為、そう思ったのかもしれない。

  • なかなかだった。ドラゴンというファンタジー要素を中心に据えながら、非現実的になりすぎず、まとまっている。

  • むーん、これはイマイチよくわからん~~~。
    やっぱ、ファンタジー系・・・しかも幻想とかって苦手かも~~ww

  • 図書館の人々

全28件中 1 - 10件を表示

村山由佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ダンス・ウィズ・ドラゴン (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

ダンス・ウィズ・ドラゴン (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダンス・ウィズ・ドラゴン (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダンス・ウィズ・ドラゴン (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ダンス・ウィズ・ドラゴン (幻冬舎文庫)の作品紹介

井の頭公園の奥深く潜む、夜にしか開かない図書館。生い立ちに消えない痛みを刻むオリエ。過去に妹を傷つけたことを悔やみ続ける兄・スグルと、彼を救済したい妹・マナミ。前世の記憶をもてあますキリコ。"永遠なる"ドラゴンに導かれるように集う彼らは、痛みとともに、それぞれの"性"と"禁忌"を解き放ってゆく。ミステリアスな官能長篇。

ダンス・ウィズ・ドラゴン (幻冬舎文庫)はこんな本です

ダンス・ウィズ・ドラゴン (幻冬舎文庫)の単行本

ダンス・ウィズ・ドラゴン (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする