砂冥宮 (幻冬舎文庫)

  • 28人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 内田康夫
  • 幻冬舎 (2014年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344422582

砂冥宮 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 殺人と内灘での学生運動が連動してる作品。
    ちょっと前の過去なのに知らないことが多いなぁって。
    日本の近代史を知ら無すぎなのを反省。
    そんなことがあったんだぁ~。

全1件中 1 - 1件を表示

内田康夫の作品

砂冥宮 (幻冬舎文庫)の作品紹介

「金沢へ行く」。そう言い残した老人が、石川県「安宅の関」で不審死を遂げた。彼に泉鏡花についての取材をしたばかりだった浅見光彦は、死の真相を確かめに金沢へ向かう。老人の足跡から見えたのは戦後の米軍基地問題を巡る苦い歴史と、さらに迫る闇だった。封印したはずの過去に翻弄される人々。浅見光彦が時を超えて真実を追う社会派ミステリ。

砂冥宮 (幻冬舎文庫)はこんな本です

砂冥宮 (幻冬舎文庫)の文庫

砂冥宮 (幻冬舎文庫)の単行本

砂冥宮 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする