赤い三日月 小説ソブリン債務(上) (幻冬舎文庫)

  • 70人登録
  • 3.48評価
    • (4)
    • (9)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 黒木亮
  • 幻冬舎 (2014年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344422780

赤い三日月 小説ソブリン債務(上) (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説としての価値は無いが、金融のことに少しだけ詳しくなれる。

  • リアルなのかもしれないけれど、興味ないな。
    下巻はパス。
    トルコに行くことがあれば読むかも

  • トルコの資金調達について、銀行側から描いた作品。

  • 2015年1月

  • 国際金融を舞台として活躍する主人公を生き生きと描く。金融商品の組成などの知識も得られる。トルコを舞台としていて街角のレストランや市場の様子が、まるでそこにいるかのように事細かに描かれている。リアルで没入感がハンパない。得がたい一冊だ。下巻もすぐ手にとった。

全6件中 1 - 6件を表示

黒木亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

赤い三日月 小説ソブリン債務(上) (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

赤い三日月 小説ソブリン債務(上) (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

赤い三日月 小説ソブリン債務(上) (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

赤い三日月 小説ソブリン債務(上) (幻冬舎文庫)の作品紹介

東西銀行の但馬一紀はトルコで初めて獲得した融資案件の主幹事を、担保差入制限条項をめぐる見解の相違から失いかける。一方、但馬が頼りとする女性官僚ニルギュン・エンヴェルは、巨額債務と政治腐敗を抱える母国トルコの舵取りに頭を悩ませていた-。巨大銀行と国家の暗闘、新興国の債務管理の実態を迫真の筆致で描く超リアル国際金融小説。

赤い三日月 小説ソブリン債務(上) (幻冬舎文庫)はこんな本です

赤い三日月 小説ソブリン債務(上) (幻冬舎文庫)のKindle版

赤い三日月 小説ソブリン債務(上) (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする