夢を売る男 (幻冬舎文庫)

  • 1271人登録
  • 3.68評価
    • (73)
    • (183)
    • (156)
    • (24)
    • (4)
  • 157レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 幻冬舎 (2015年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344423190

夢を売る男 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 苦笑いしながら読んでいて、だんだん自分が自分に苦笑いするようなイヤーな感じを覚えた(褒め言葉)。出てくる人たちの欲望は自分もゼロではない量で持ち合わせている。それを鼻先に突きつけられながら読んだ。文章も構成も無駄がなく面白かった。だから余計リアル。

  • 著者からお金を取って、出版するタイプの出版社(?)の話、元大手出版社の編集長であった部長の話は、出版業界の裏側を色々暴露してくれ、本物の出版社から嫌がられるだろうなと思うくらい。さすが当著者。後半は企業競争の色も加わり、相手の会社をやりこめる様も面白い。
    小説を書く人から見れば、現在の小説業界の裏が知れ苦い思いかもしれない。

    【心に残る】
    本来、小説家なんて職業は、物語ることに取り付かれた人間がなるものだ。面白おかしいほら話を語らずにはいられない異常な情熱を持った人間だ。

  • さすが百田と言わざるを得ない。

    スラスラとあっという間に読み切れる
    この感じは百田ならではだな。

    回りくどくないとこがとてもいい!

    この作品は、
    評価の高い彼の作品群の中では
    むしろ低い方ではないかな?

    でもでも、
    めっちゃ面白いとまでは言えないが
    こうやって本の感想書いたり
    ブログなんかしたりしていると…
    なんとも…こっぱずかしいな…と
    そんな気持ちにさせられた(笑)

  • 読んでいて、読み終えて、タイトル通りの作品だと思いました。
    夢を売る男-それはこの物語の主人公、出版社の編集長、牛河原。
    低迷している出版業界にあって彼のいる出版社だけは順調に売り上げを伸ばしている。
    その訳は、自分の文章を世の中に出したいという無数の人間たちの自尊心を巧妙にくすぐり、自費出版をさせているから。
    その巨体と巧みな話術をフルに活用し、売上を伸ばしていく牛河原。
    所が、右肩上がりだった業績が下がる時が-。
    原因は同じように自費出版を勧めるライバル会社の出現。
    牛河原は彼らのやり方に反発を感じ、戦闘をしかける。

    あっと言う間に読めました。
    相変わらず読みやすい文章。
    そして、内容も興味深い。
    現在の出版業界の裏側をセキララに描いていて、中には実在する作家の名前なんかも出て来て(自分の名前も自虐的に出ている)、ここまで書いていいのか・・・と思いました。
    多分、ノンフィクションだったらこの程度書いても違和感はないけど、小説というのがすごい。
    こういうのが書けるのも百田さんが今ほんの一握りとされている人気作家だからだと改めて思いました。

    今現在の出版業界が厳しいという事は何となく分かっていてもこの小説のように具体的な数字を示して、リアルな登場人物、その会話で描かれると、ここまでになってるのか・・・と危機感を感じる。
    そして、それを分かりやすく、ユーモアを交え書いている所に、作者の読者を楽しませようという心意気を感じる。

    出版業界の実情を描いた部分も興味深く読めましたが、それと同じく、自分の文章を人に知らしめたいという登場人物の設定が具体的でリアルで、それを見ているだけで楽しめました。
    自分は将来スティーブ・ジョブズになると疑わないフリーターの男や自分の子育て論に自信をもつ主婦、自分が怒ってきた歴史を本にしたい団塊世代の男・・・。
    こういう人いるんだろうな・・・というのが生き生き描かれている。

    彼らの共通する特徴は自分の考えや文章に自信をもっているということ。
    だからこそ、そこに牛河原はつけこむ。
    そして、ぼったくりの金額で本を出した彼らは満足し、作家になる夢を見て幸せになる。
    牛河原のいる出版社はもちろん、書店も損はしない。
    詐欺まがいのビジネスですが、そこには牛河原なりの美学が存在していて、序盤に比べ終盤はずいぶん彼に共感してしまう。

    物語の序盤に太宰の再来か?という天才作家の卵が登場しますが、ホントに才能がある人物とそうでないその他大勢との待遇の雲泥の差!
    彼のその後がどうなったのかで物語をしめるのかな?と予想していただけにちょっとガッカリしました。

  • ★の評価が低いな〜
    と思って読むの遠回しにしてました。

    さくさく読み終わりました!
    なんでこんなに評価低いんだろう、、?

    どんでん返し的なのがないからかな〜

    本好きには読んでて楽しい本でした!

  • ここまで赤裸々に書かれるとねえ。苦笑

  • 自費出版について、ある程度は知っていたけれど、ここまであこぎな商売だとは思わなかった。しかもそれを上回る方法があったとは・・・。

  • 「現代では、夢を見るには金がいるんだ」と嘯く出版社の敏腕編集長・牛河原。あらゆる手段で会社に利益をもたらす彼の仕事ぶりが強烈過ぎる。出版界のタブーに挑戦した問題作。
    一時期、社会問題化した自費出版の裏側がよくわかる。本は売れないのに、本を書きたい人間は増えるという矛盾した世界の構造的問題点はどこにあるのか。牛河原の出版業界談義に正解がある。

  • あまりにも痛快で、何度も声に出して笑ってしまった。
    一方で、『プロフェッショナル』を観てるような感覚もある。
    とにかく、面白かった。

  • 出版業界の裏側を描いているが、内容的に好きになれない。結局は詐欺に近いのでは(笑)それにしても、客を騙す部分以外での内幕は興味深かった。主人公の編集部長の発言は納得出来る部分が多い。やり手だけど、自費出版の手法でほぼ詐欺に漬かっている主人公が、最後で男気を見せる。ちょっと格好良すぎてしらけた。まぁ、ともあれ、出版に対していろいろと疑問を解いてくれました。

全157件中 1 - 10件を表示

百田尚樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

夢を売る男 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢を売る男 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夢を売る男 (幻冬舎文庫)の作品紹介

輝かしい自分史を残したい団塊世代の男。スティーブ・ジョブズに憧れるフリーター。自慢の教育論を発表したい主婦。本の出版を夢見る彼らに丸栄社の敏腕編集長・牛河原は「いつもの提案」を持ちかける。「現代では、夢を見るには金がいるんだ」。牛河原がそう嘯くビジネスの中身とは。現代人のいびつな欲望を抉り出す、笑いと涙の傑作長編。

夢を売る男 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする