夢を売る男 (幻冬舎文庫)

  • 1222人登録
  • 3.68評価
    • (69)
    • (179)
    • (150)
    • (22)
    • (4)
  • 152レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 幻冬舎 (2015年4月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344423190

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

夢を売る男 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 苦笑いしながら読んでいて、だんだん自分が自分に苦笑いするようなイヤーな感じを覚えた(褒め言葉)。出てくる人たちの欲望は自分もゼロではない量で持ち合わせている。それを鼻先に突きつけられながら読んだ。文章も構成も無駄がなく面白かった。だから余計リアル。

  • 著者からお金を取って、出版するタイプの出版社(?)の話、元大手出版社の編集長であった部長の話は、出版業界の裏側を色々暴露してくれ、本物の出版社から嫌がられるだろうなと思うくらい。さすが当著者。後半は企業競争の色も加わり、相手の会社をやりこめる様も面白い。
    小説を書く人から見れば、現在の小説業界の裏が知れ苦い思いかもしれない。

    【心に残る】
    本来、小説家なんて職業は、物語ることに取り付かれた人間がなるものだ。面白おかしいほら話を語らずにはいられない異常な情熱を持った人間だ。

  • さすが百田と言わざるを得ない。

    スラスラとあっという間に読み切れる
    この感じは百田ならではだな。

    回りくどくないとこがとてもいい!

    この作品は、
    評価の高い彼の作品群の中では
    むしろ低い方ではないかな?

    でもでも、
    めっちゃ面白いとまでは言えないが
    こうやって本の感想書いたり
    ブログなんかしたりしていると…
    なんとも…こっぱずかしいな…と
    そんな気持ちにさせられた(笑)

  • 読んでいて、読み終えて、タイトル通りの作品だと思いました。
    夢を売る男-それはこの物語の主人公、出版社の編集長、牛河原。
    低迷している出版業界にあって彼のいる出版社だけは順調に売り上げを伸ばしている。
    その訳は、自分の文章を世の中に出したいという無数の人間たちの自尊心を巧妙にくすぐり、自費出版をさせているから。
    その巨体と巧みな話術をフルに活用し、売上を伸ばしていく牛河原。
    所が、右肩上がりだった業績が下がる時が-。
    原因は同じように自費出版を勧めるライバル会社の出現。
    牛河原は彼らのやり方に反発を感じ、戦闘をしかける。

    あっと言う間に読めました。
    相変わらず読みやすい文章。
    そして、内容も興味深い。
    現在の出版業界の裏側をセキララに描いていて、中には実在する作家の名前なんかも出て来て(自分の名前も自虐的に出ている)、ここまで書いていいのか・・・と思いました。
    多分、ノンフィクションだったらこの程度書いても違和感はないけど、小説というのがすごい。
    こういうのが書けるのも百田さんが今ほんの一握りとされている人気作家だからだと改めて思いました。

    今現在の出版業界が厳しいという事は何となく分かっていてもこの小説のように具体的な数字を示して、リアルな登場人物、その会話で描かれると、ここまでになってるのか・・・と危機感を感じる。
    そして、それを分かりやすく、ユーモアを交え書いている所に、作者の読者を楽しませようという心意気を感じる。

    出版業界の実情を描いた部分も興味深く読めましたが、それと同じく、自分の文章を人に知らしめたいという登場人物の設定が具体的でリアルで、それを見ているだけで楽しめました。
    自分は将来スティーブ・ジョブズになると疑わないフリーターの男や自分の子育て論に自信をもつ主婦、自分が怒ってきた歴史を本にしたい団塊世代の男・・・。
    こういう人いるんだろうな・・・というのが生き生き描かれている。

    彼らの共通する特徴は自分の考えや文章に自信をもっているということ。
    だからこそ、そこに牛河原はつけこむ。
    そして、ぼったくりの金額で本を出した彼らは満足し、作家になる夢を見て幸せになる。
    牛河原のいる出版社はもちろん、書店も損はしない。
    詐欺まがいのビジネスですが、そこには牛河原なりの美学が存在していて、序盤に比べ終盤はずいぶん彼に共感してしまう。

    物語の序盤に太宰の再来か?という天才作家の卵が登場しますが、ホントに才能がある人物とそうでないその他大勢との待遇の雲泥の差!
    彼のその後がどうなったのかで物語をしめるのかな?と予想していただけにちょっとガッカリしました。

  • ★の評価が低いな〜
    と思って読むの遠回しにしてました。

    さくさく読み終わりました!
    なんでこんなに評価低いんだろう、、?

    どんでん返し的なのがないからかな〜

    本好きには読んでて楽しい本でした!

  • ここまで赤裸々に書かれるとねえ。苦笑

  • 自費出版について、ある程度は知っていたけれど、ここまであこぎな商売だとは思わなかった。しかもそれを上回る方法があったとは・・・。

  • 永遠の0、海賊とよばれた男を読んだが、全然違って、でも、良かった。
    いちいち納得。おもしろかった。
    出版の裏側がよくわかった。
    著者の他の作品も読みたい。

  • とても面白かった。ちょっと最近飽きてきた感のあった百田さんの作品でしたが、この作品はとてもよかったです。コミカルな作品かと思わせつつ最後はドラマ仕立ての安定した結末で。「夢を売る男」よいタイトルですね。一気読みでした。

  • 本を書くことに興味がある人におすすめ。
    自費出版の裏話。

  • 面白くないわけではない。
    百田さんが自虐的に書いているところは、なるほどと思った。
    自分のスタイルを悪いとは思っていないから書ける文だなと。
    現在の出版業界の厳しさや作家を取り巻く状況がよく伝わってきた。
    なのに百田さんが物語を通して伝えたかったことはよくわからないという・・・。
    ここそこに書くことを生業としている人たちへの思いがにじみ出ていて、読んでいて居心地の悪さを感じたりもした。

    インターネットの普及が自己顕示欲の強い作家志望を生んでいる。
    これには納得する部分もあった。
    誰かに伝えたいと思ってブログをやっているわけではないけれど、結果として外に発信していることは間違いない。
    偉そうに批評するほどの読む力があるわけでもないのに、つい感想というには踏み込みすぎたことを書いているような気もする。
    たっぷりとブラックな部分が散りばめられている物語だった。
    読書家を自認し本の感想ブログを上から目線で書いているのに書籍は購入しない主婦には笑った。
    けれど読みたい本をすべて購入するほどの資金力があるわけもない。
    結果的に図書館や再販書店を利用することが多くなる。
    だから出版業界がますます苦しくなるんだよ!と言われそうだけれど、それが現実でもある。
    最後に登場する駆け出し編集者とのエピソードは、牛河原という人物への肯定のように思えて複雑な思いがした。
    丸栄社から出版した人の多くは満足していることだろう。
    誰も損はしていないのかもしれない。
    でも、それは出版を委ねた人たちが真実を知らないからだ。
    最低限のルールさえ守っていれば「有り」なのだという牛河原の商業主義に名を借りた傲慢さが気になった。

    「永遠の0」や他の百田さんの物語も読んでいる。
    美味いラーメン屋だと思って入ったらカレー屋だった!!を実感した物語だった。

  • 三流インチキ(!)出版社に勤める編集長が、自身の本を出版したがる人々に夢を売るお話。

    よい塩梅でシニカル。この位が個人的には好き。

    というか、ビジネスを行う上である程度阿漕なのは
    普通のことだと思うので、
    顧客と業者の両方が利益を感じられている
    作中の状況は至極普通だと思ってしまった。

    作中で良いように扱われる作家たちのように、
    いつか自分の本を出してみたいなー。
    高いと感じるマージンを払わされても
    自己承認欲求が満たされるのであれば
    実現してみたい。

  • いろんな理由で本を出版したい人達が出てきたけど、みんな決して安くないお金を払っているのに手放しで幸せになっているのが少し不思議でした。牛河原さんの営業トークが上手すぎる(笑)面白かったです。

  • おもしろくて1日で読んでしまった。百田さんはこんなものも書くのね、という感想。自費出版のからくりなどわかって興味深かった。主人公牛河原氏の発言に、けっこううなずいてしまう。

  • H29.01.29 読了。

    前に読んだ百田さんの文庫本のあとがきで、クドカンがこの作品のことを面白いと書いてあったので読んでみた。

    まず思ったのが、百田さんの作品って読みやすい。良い例えがわからないが、小説というよりかは、漫画を読んでいる気分。
    すらすら読んでいけるんよね。

    そして、ストーリーが分かりやすい。
    子どもでも、大人でも読める。

    はじめはちょっと嫌な人だな、と思う牛河原編集部長。
    ずっと鼻くそほじってて汚いし。
    しかし、実は熱い人なのかなって感じで、章が進むにつれ、良い人に感じた。
    まさしく、夢を売る男。

    脚本家さんってだけあって、文章が頭で映像化しやすくて、楽しんで読めた。
    また他の作品も読んでみたい。

    先に映画版を観た「永遠の0」「海賊とよばれた男」もいつか読んでみたい。

  • 【Entertainment】夢を売る男/百田直樹/20170119/(10/606) <282/68680>
    ◆きっかけ
    ・(図)予約本が来ず、会社組合本棚物色して

    ◆感想
    ・痛快!すっきりした。しかし、実際に文字売りしている著者が、出版社の切実な内情を暴露するとは、ようやるな~
    ・死ぬまでに本を一冊出したいと思っている当方にとっては、かなりリアルにイメージできた。実際は結構切実なんだろうな、自分が本を出せる時がくるのだろうか?とも考えさせられた。出すなら、こうしたすっきりなエンターテイメントもまた良しとも。
    ・夢を売る男、とは言い当てて妙。詐欺かはグレーゾーンだけど、素人の自己顕示欲を満たしつつ、出版社も儲かる点ではWINWINか。

  • いつも扱う題材が面白く、描く視点に愛情を感じる作家だと思います。この本は出版業界を舞台にしていますが、作家としてこの業界を描くことはある意味でギャンブルのようなところがあるのかも知れません。しかしそのギャンブルを楽しんでしまうところがこの作家の魅力の一つなのではないでしょうか。主人公の牛河原のキャラクターは、出版業界への皮肉と愛情に溢れていてとても魅力的でした。

  • 結構なダークヒーローかと思わせつつ人情味の溢れる牛ちゃんですね。さらっと読める作品です。

  • 2016.12.24
    百田尚樹は安倍晋三と本を出したときから読むのをやめていた。
    たまたま貸してくれた友達がいたので、読んだ。
    やっぱ読みやすいし、面白く読める。
    自分は本を読まないのに自分の本を読んでほしいと思っている。
    日本語ができるから誰でも本が書けると思っている。
    日本人はブログの発信がすご〜く多い。
    など
    牛河原は確かに夢を売っているのかもしれない…

  • 2016/12/4 Amazonよ届く。

  • 「口が達者な主人公が人を騙してお金を稼ぎまくる、不愉快な種類の話かな・・・?」と思って読み始めたのだが、読み進めるうちになぜか小説が書きたくなる。書いて牛河原に褒められたい。そして売れるかもしれないという夢と希望に胸を膨らませながら本を出版したい自分がいた。

    気がつくと牛河原の語る価値観や物語に引き込まれている感じ。

    いやいや牛河原もかなり悪どい事しているからね、と脳内を整頓しながら読み進める。なのに最後に牛河原の「編集者としての矜持」で、すっかり良い奴が良い事した良い話の読後感。図らずも心がホッコリ。

  • 自費出版ビジネスにしろジョイントプレスにしろ、顧客を得るやり口に憤りを感じた。牛河原の、割り切って堂々としている姿勢は、丸栄社の社員としては間違っていないのかもしれないけど、ただ口先だけの、丸栄社にとって都合のいい編集者なのではないのだろうか。それにしても、百田さんの文章はまさに牛河原のいういい文章だと思う。

  • 自己顕示欲のあまりに本を出したい、何かを成したいと言う現代人に本の出版を持ちかける出版社の編集長の物語。
    夢は売れども、自身の矜持は譲らず。主人公牛河原はどこか憎めないところがある。

  • 百田尚樹さんの本を久しぶりに読む。
    舞台は現在、出版社の悪徳編集者、という体であったものの
    読み進めて行くといい意味で期待を裏切られ、そのまま終了。
    相変わらず文体は素晴らしく読みやすい。
    飛行機の中で一気に読める内容。

    現在の出版業界と照らし合わせているのか、
    幻冬舎のような熱烈編集者をモチーフにしているのか
    定かではないが、面白かった。

    この人自体は賛否両論有るようですが、本はいい。
    また次回作も是非読みたい。

全152件中 1 - 25件を表示

夢を売る男 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夢を売る男 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢を売る男 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢を売る男 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

夢を売る男 (幻冬舎文庫)の作品紹介

輝かしい自分史を残したい団塊世代の男。スティーブ・ジョブズに憧れるフリーター。自慢の教育論を発表したい主婦。本の出版を夢見る彼らに丸栄社の敏腕編集長・牛河原は「いつもの提案」を持ちかける。「現代では、夢を見るには金がいるんだ」。牛河原がそう嘯くビジネスの中身とは。現代人のいびつな欲望を抉り出す、笑いと涙の傑作長編。

夢を売る男 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする