我ニ救国ノ策アリ (幻冬舎時代小説文庫)

  • 21人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 仁木英之
  • 幻冬舎 (2015年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344423602

我ニ救国ノ策アリ (幻冬舎時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相性が悪かったに尽きる。佐久間象山が口がたつジャイアンとしか思えず、全く魅力を感じられず。呑みの席で正論を吐きつつ、出世できないことを愚痴る会社員と同じ。自省。

  • 好きかなーと思ったけど、そこまででもなかったかな。佐久間象山のことは名前しか知らなかったので、お勉強になりました。

  • この一冊を読むと、「“佐久間象山”?何者?」が判る…
    “傲岸”と言われ、好き嫌いがハッキリ分かれるような人物だったのかもしれないが、非常に“ピュア”に何かを目指した生き様が痛快だ。なかなか面白い!

  • 天才とはこういう人のことか?本人独特の世界が見えているとしか思えない。思い付くことは当時では突飛なことでも今から見ればうなずくことが出来る。それにしても、
    100人が100人とも彼を支持する事態にならなかったのは、それだけ柔軟性を持った社会だったということだろうか?

    ところで、ずっと「さくま しょうざん」と読むと思っていた。「ぞうやま?」(象山書院‐ぞうやましょいん から号としたと本文には有るのですが‥‥?)とか「ぞうざん」と読む説もある様でした。

全4件中 1 - 4件を表示

仁木英之の作品

我ニ救国ノ策アリ (幻冬舎時代小説文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

我ニ救国ノ策アリ (幻冬舎時代小説文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

我ニ救国ノ策アリ (幻冬舎時代小説文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

我ニ救国ノ策アリ (幻冬舎時代小説文庫)の作品紹介

幕末の激動期、黒船襲来で異国の脅威に晒された日本の危機に、海軍編制を訴え、砲術塾を開き、国防に全てを捧げた男・佐久間象山。幕府や藩の重鎮に真っ向から対立し、奇人と謗られても信念を貫き通し、誰も考えなかったアイデアで国を守ろうとするが…。勝海舟、吉田松陰をも傾倒させた孤高の天才の、知られざる生き様を描いた傑作歴史小説!

我ニ救国ノ策アリ (幻冬舎時代小説文庫)はこんな本です

我ニ救国ノ策アリ (幻冬舎時代小説文庫)のKindle版

ツイートする