東京バビロン (幻冬舎文庫)

  • 14人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 新堂冬樹
  • 幻冬舎 (2015年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344423992

東京バビロン (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あっちゃ~、救いのない話が、まさかの2連チャンww

  • 人気絶頂期にある傲慢なモデル、音菜の転落を描いた中編小説。

    黒新堂ベースに白新堂のスパイスを効かせるも、イマイチしっくり来ないストーリー。最近の新堂冬樹の作品には『無間地獄』『ろくでなし』『鬼子』『カリスマ』『溝鼠』のような迫力を感じない。

全2件中 1 - 2件を表示

新堂冬樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東京バビロン (幻冬舎文庫)の作品紹介

誰もが羨望の眼差しを向ける美貌とスタイルを誇る音菜は人気絶頂のモデル。スタッフを虫けらのように扱い、恋人を付き人同然と考えていた。だが旬は長くは続かず、トップの座と恋人を後輩のレイミに奪われる。事務所も解雇され、何もかも失った音菜は、手に入れた塩酸をレイミの顔に投げつけた…。疾走する女の狂気を描ききる、暗黒ミステリ!

東京バビロン (幻冬舎文庫)はこんな本です

東京バビロン (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする