ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)

  • 153人登録
  • 3.82評価
    • (4)
    • (7)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 幻冬舎 (2015年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (685ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344424012

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 別に小説を書きたいわけじゃないけど、何かしら勉強になるかと思って読んでみた。それなりにやはり面白かった。

  • 2015年10月10日、初、並、帯無、文庫
    2016年8月25日、松阪BF

  • ホント

  • 有名作家達の方法論がぎっしり。
    アプローチも考え方も人それぞれでおもしろい。
    松本清張をお勧めする作家の多さにもびっくり。やはり圧倒的なのかな。

  •  作家がどうやって作品を構成しているのか、意識的にせよ無意識的にせよ、そのテクニック、構造を作家自身が語る。

     「若い男を見た」というセリフ一つとっても、誰が語っているかによって印象を変えることができる。という説明が印象的だった。

     退職寸前のサラリーマンの視点か、あるいは婚期を逃した四十代の女の視点かによっても読み手に与える印象はまるで違う。

     
     600ページ超で二段組みと、内容は長い。

     ミステリーに限らず、物語を構成する上で参考になる(いつ役に立つのか?)。

     ただし、作家志望への作家からのアドバイスより。

    綾辻行人「例えば『ミステリーの書き方』のようなHowTo本はあまりあてにしない方が良いと思います」

     そんなぁ!

  • 書く人それぞれの方法論が見られる。もちろんこれを読んだだけでは書けるようにはならない。まず、書くこと。

  • ミステリー作家43人によるミステリーのお作法の解説。なかなか興味深い内容。

全7件中 1 - 7件を表示

日本推理作家協会の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
ピエール ルメー...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)の作品紹介

どうしたら小説が書けるの?アイデアはどこから生まれてくるの?プロの作家に必要なことは?-ミステリーの最前線で活躍する作家が、独自の執筆ノウハウや舞台裏を余すところなく開陳した豪華な一冊。日本推理作家協会に所属する現役作家たちが答えた貴重なアンケートも収録。作家志望者のみならず、すべてのミステリーファン必読の書。

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする