ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)

  • 2784人登録
  • 3.69評価
    • (161)
    • (311)
    • (239)
    • (54)
    • (18)
  • 247レビュー
著者 : 有川浩
  • 幻冬舎 (2015年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344424135

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • Side:Aが、やがて夫になる同僚に、類稀な小説家の才能を見出され流行作家になった女性が、不治の病を宣告される物語。
    一方、Side:Bは、反対に夫が、交通事故の後不治の病が見つかる話。
    夫婦愛を描いたストーリーだが、小説の中でどこからがフィクションで、どこまでがノンフィクションなのか、戸惑ってしまう。
    書中、「作家殺すにゃ刃物はいらぬ、甘い言葉があればいい。」これって、作家の本音?

  • 結婚式でよくある誓いの言葉。
    「その健やかなるときも、病めるときも、富めるときも、貧しきときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、命ある限り真心を尽くすことを誓いますか?」
    主人公は小説家である妻とその夫。
    SideAでは妻が病気となり、SideBでは夫が病気となる。
    ともに死を覚悟しなければならない病で、彼らは悩み、苦しみ、互いを気遣い、労わりあう。
    そしてひとつの結論をだすのだけれど・・・。
    まったく違う人生を歩んできた二人が出会い、愛し合い、結婚する。
    親よりも、友人よりも、ありのままの自分を理解してくれる存在。
    大きな幸せを感じる必要はない。
    ほんのちょっとしたことが幸せだと感じられる日々を過ごせるなら・・・。
    一緒に笑える人がいる。
    一緒に泣ける人がいる。
    それって奇跡のような出逢いなのだと思う。
    この物語には哀しみや切なさ、苦しみや辛さが詰まっている。
    でも、根底に流れていたのは優しさとあたたかさだった。

  • 2016.11.14 完読

    敢えて名前を出さない
    彼と彼女の話
    だからこそ、余計に境目を混乱する
    でも、これは小説なのだ
    そう全部が小説。すげぇな、書ける側の人間は。羨ましいわ。

    sideAに関して
    電車の中で読んでたのに泣いてしまった

    只、sideBに突入して、あれ?
    その涙が引っ込む

    sideBに関して
    彼が読んで泣いた本がsideAだということに
    気付くまでに時間かかり。。。
    そうか、この話を書いたから、1冊になったのか。なるほど。涙より感嘆

    そして、彼と同様、電車の中で読み終わらず
    家に帰って読むという

    ストーリーというより、描かれてく様々な伏線に魅入られて、本っていろんな楽しみ方があると思わせてくれた本でした

  • まず装丁の白い箱に青のリボンってところがギフトっぽくていい。
    sideAとBの2つの視点から物語は紡がれる。
    小説家の妻が思考することで寿命を縮める病にかかるはなしと、小説家を妻に持った男性が事故と病に遭うはなし。

    夫婦関係はあまあまなんだけど、2人を取り巻く家族の干渉だとか、女はこうあれみたいな古めかしいけど今も確実に残るお年寄りの思いこみにかかわる息苦しさとか。
    物語なのにいつしか実話のような気にもさせられた。
    たぶん、物語はこれからも続いていく。

  • どうしてこんなときにさえ私は善良な人間でいられないのだろうか。

    文字を「書く側」の人間であれば、自分の言葉だけで形成された世界と、現実世界の狭間で
    やりきれなさに悔しさを覚えたことは誰だって経験したことがあるのではないだろうか。

    本作品は、文章を「書く側」にいる女性に心酔した文章を「読む側」の男性との恋愛物語である。

    これほどコンテンツの種類があふれるようになった今、
    何かに特化して作品を好きになるということが難しくなっていると私は感じるのだけれど、
    「言葉」や「表現」だけは別で、それは、本であっても、映画であってもドラマであっても
    「あ、この言い回し好きだな」って表現や言葉の選択は
    たいてい同じ脚本家さんや作家さんが担当されていることが多い。

    この作品から私が感じたポイントは2点。
    「表現に抱く好感は人間関係に通ずる」ということと、
    「完璧な恋愛にはならないように、神様は試練を与える」ということだ。

    まず1点目の「表現に抱く好感は人間関係に通ずる」という点については、
    われわれ人間は「意志」を表示するためのツールとして「言葉」を用い、
    それに所謂「個性」を付加して「表現」をするが
    表現は人柄が100%反映された行動だから、それに対して好感を抱けば、
    たいてい人間関係も良好になる。
    この作品はいずれの出会いも、女性の表現に男性が惚れ込んで恋愛に発展しているが、
    つまりそういうことなのだろうと思う。

    そして、2点目の「完璧な恋愛にはならないように、神様は試練を与える」というのは事実。
    美人薄命なんてよく言ったものだけれど、
    人生に完璧なんてあり得ないのだということを、
    作品を通じて実感した。

    そのために、どれだけの言葉を、誰に向け残すか。
    それこそが、私がこれからの人生を豊かにするために考えることが出来る
    少ないことのひとつなのだと思った。

    文章を「書く側」の人間におすすめいたします。
    あなたが紡ぐその言葉に救われ、愛を抱く人がいるのだということを
    この作品で充分に伝えたいから。

  • 一気に読みきった。カフェで読みたいと思って、書店で購入。書店でさわりを読んで、早く続きが読みたいといそいそとカフェへ。
    止めることも出来なくて、sideBも全て読みきってしまった。ねこ。彼の表情。どんどん引き込まれていく。逆夢を起こしきったと信じて...

  • 大好きな短編がようやく文庫化して嬉しい限り。一度読んだことあるしって人もぜひ読むべし。sideBを読まずしてストーリー・セラーは語れません!

  • 久々に読んだ有川浩作品。
    有川浩作品によくある2つのある夫婦を描いた作品がsideA.sideBとして載せられている。
    個人的に煮え切らない結末であり、読了した後人により何にも手が付けられない状態に陥ってしまうのでは?と思われる。
    決してハッピーエンドとは言い難く、またバットエンドとも言い難い。作中の「彼」「彼女」にしかその心情などは知ることが出来ないだろうと勝手に私は思っている。
    背表紙の最後に「極限まで追い詰められた夫婦を描く、心震えるストーリー」と書かれているが、本当に心が震え、もしこの物語に続きがあるのだとしたら「彼」「彼女」の幸せを…と願ってしまう。そんな作品です。

  • 作家と愛する夫の物語。他愛のない出会いから、作家の死、それに対するものとして、夫の死の話。どこまでが本当で、どこまでがフィクションなのかはわからないが、夫の大きな愛に包まれて妻の作家は物語を紡いでいく。悲しくもあり、心温まりもする優しい物語。

  • 最後にひっくり返される感じ、たまりません。
    それぞれのストーリーに涙。
    みんなにおすすめしたいです。

  • 新幹線の中で集中して一気見。これ、予備知識なく読んでもらって、その後であそこはこうで、あれはあーでと語りたい作品です。ちょっとだけ泣いてもーた。ちょっとだけね。

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    妻の病名は、致死性脳劣化症候群。複雑な思考をすればするほど脳が劣化し、やがて死に至る不治の病。生きたければ、作家という仕事を辞めるしかない。医師に宣告された夫は妻に言った。「どんなひどいことになっても俺がいる。だから家に帰ろう」。妻は小説を書かない人生を選べるのか。極限に追い詰められた夫婦を描く、心震えるストーリー。

    この作家さん、児童虐待よりは、老人虐待を描くべきではないかと、物語の筋からはそれた部分で思う。
    ラブ・ストーリーなのに、べたべたなのに、どこか男前のカップル2組。
    男性に世話をしてもらうというのは作者の願望みたいですね。

  • 最後まで読んだものの、買ったことを激しく後悔するほど陳腐でした。
    もし有川浩さんと知らずに読んでいたら、きっと一昔前に流行った携帯小説の類いだと思ったに違いありません。
    高評価だったので期待していましたが、有川浩さんの恋愛小説が私には合わないようです(『植物図鑑』は割と好きですが)。

  • AとBともにヒロインに有川さんを重ねてしまいました。作者自身のお話なのかな、と。でも自分が好きな人に悲しいことは降りかかって欲しくないのでちがうちがう。
    妻が、夫が命の瀬戸際に立つときこの物語の人たちのように強かに支えることができるだろうか、と考えさせられました。もちろんその逆も。悲しいけれど優しくてすてきなお話です。

  • 有川浩さんは大好きで、久々に何か本が読みたくて、たまたま本屋さんで見かけて。今まで読んできた有川浩さんの作品とは全く色が違う本、私には他人事すぎて、5年後にもう一度読み返したらきっと心動かされる本だろうなあ。

  • 二つの物語で語られるのは、
    うつくしき夫婦愛。

    どこから、作り話?
    どこまで、現実?
    そんな錯覚と格闘しながらも一気読み。

    有川さんの描く男性たち。
    優しさがまぶしすぎて、ときめいたけど、
    「死」と向き合うテーマだから?
    物語の構成に戸惑ったから?
    なんとも不思議な読後感。

  • 「そんなに強く引いたら切れるんだぞ、糸は」という一文で胸が軋んだ気がした。愛し合うっていいものなんだろうな。

  • うーん。Aはちょっとポロっときたけれど、恋愛小説として有川浩作品のなかではいまひとつの印象。Bを読んでガラリと内容が変わるような仕掛けはおもしろいなと思うけど、やはり全体的には物足りない、、むしろAの良いとこが消えてしまった感じすら受けました。

  • ハードカバーからの再読。

    50を過ぎた私なのに
    有川ワールドには胸がきゅんと鳴る。
    主にできすぎた彼や彼女の
    相手を無条件に大切にする言葉の端々に
    本当の「愛」を実感するからだ。

    こんな2人で生きられたら…いつも
    そう思わせられる。
    植物図鑑でも図書館戦争でも。

    私の人生に有川浩は欠かせない。

  • 文庫化にあたって再読。
    読書が好きな人にとって自分のすきなほんは自分の核となるもので。
    私は書ける側じゃないからこそ、自分の考えてることを言葉にしてくれたり、現実にはできないことを行動に移してくれたりする本のなかの世界が大切で。
    それを生み出してくれる作家さんはやはり偉大だ。
    自分にとっても、読むことは捨てられない、っていうのを再確認できて、やっぱり手元に置いておきたいな、って思う1冊でした。

  • side:A

    あぶない。喫茶店で一気読みしたら、最後に泣きそうになった。彼女が良い人過ぎて、感情移入しすぎたー!!素敵な女性です。

    side:B

  • ずっと読みたいと思っていた本がついに文庫化して、嬉しくて買ったその日に一気読みをした。凄い、ヤバい。有川浩さんの作品が好きで色々読んだけど、こんなゾクゾクする話も書くのかと驚いたし、書かれる話の幅の大きさに戦いた。「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2010 "恋愛小説部門" 第一位」という宣伝を見て、どれ程甘い胸キュンな話なのかと思い読み始めると、「え、怖い怖い!」「ちょっと、え、どういうこと?」など、恋愛小説を読んでるとは思えない独り言がたくさん。恋愛小説でもありミステリーでもありもう凄いとしかいいようがない。

  • sideAの話を、短編集に入っていた本で読んだことがあり、それが有川浩初体験だった。その時、絶筆の所で大号泣した記憶があって、今回文庫で再読。初めての時ほど衝撃はなかったものの、痛い感動はあった。

  • どこまでが本当でどこまでがお話かわからないお話。
    そして彼女(作家)と彼(読者)、作家と読者は彼と彼女な関係なんだろうなぁ・・・。そしてそれを楽しんでいるこの物語。いいなぁ。この彼ドラマにしたら、高橋一生とか似合いそうだ。

  • 久しぶりに読んだ有川浩さんのラブストーリー。
    今までこの人のラブストーリーはたくさん読んできたけれど、"この人、こんなにくどい物語書く人だったっけ?"というのが読み終えた最初の感想。
    やたらとくどくど説明してるのが鬱陶しいのもあり、こんなだったかなぁ?と首を傾げながら読み終えた。

    sideAとsideBの2つの物語。
    どちらも女性作家とそれを支える男性の物語。
    男性は女性作家の大ファンで、献身的に支える。

    自分が献身的に支えていた女性が先に亡くなるのか、献身的に支えている自分が先に亡くなるのか、どちらも報われない切なさはあるが、胸が熱くなる前に「生活どうすんの?」と心配になってしまう。

    膨らむ要素のない物語を無理に膨らませようと狙って書いた感じがして、空々しく感じてしまった。





全247件中 1 - 25件を表示

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)の作品紹介

妻の病名は、致死性脳劣化症候群。複雑な思考をすればするほど脳が劣化し、やがて死に至る不治の病。生きたければ、作家という仕事を辞めるしかない。医師に宣告された夫は妻に言った。「どんなひどいことになっても俺がいる。だから家に帰ろう」。妻は小説を書かない人生を選べるのか。極限に追い詰められた夫婦を描く、心震えるストーリー。

ストーリー・セラー (幻冬舎文庫)のハードカバー

ツイートする