先生と私 (幻冬舎文庫)

  • 70人登録
  • 4.43評価
    • (10)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 佐藤優
  • 幻冬舎 (2016年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344424623

先生と私 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ご両親の優少年に対する姿勢が素晴らしいです。また先生と呼ばれる大人たちが彼の発する疑問や思想に対して真摯な態度で向き合う姿にも感服いたしました。少年時代にたくさん本を読み知識を蓄え、自分の頭で考え、そして行動する。その大切さがよくわかります。

  • 素晴らしいの一言。こういう自伝が読みたかった。続編を期待する

  • まだ小さいうちから、自分に起きる出会いひとつひとつをたいせつにし、出会いから多くを学び、成長していく佐藤少年。

    その佐藤少年の出会いの姿勢を育んだのは、ご両親の影響も大きかったのでしょう。ご両親の愛情深さがひしひし伝わってきた。

    今の自分の個人的な感想としては...
    「親子関係こそ人生の基盤。親子が愛しあい、信頼しあい、尊敬しあい、きちんと会話をできる関係にあれば、子どもは(高い確率で)進むべき道を進み、大成する。おそらく逆もしかり!」

  • 佐藤優氏の中学校時代までを描いた自伝小説。Kindle版で呼んだが、面白くてあっという間に読了。今年一番の本になりそう。

    氏のメルマガで灘高の生徒との対談本の紹介されたが、その中で灘高出身の先生に対する記述がこの本も交えてありました。また、このHuffington Postの記事で興味をそそられました。
    http://www.huffingtonpost.jp/2014/01/26/sato-masaru-interview_n_4668679.html
    「僕の時期は非常に特殊だったんです。全共闘運動の余波がちょうど来た頃だったから、本来だったら一部上場企業に就職する、法曹関係者や、官僚、大学の研究者になるはずだった人間が「別の選択肢」として生きていく場合に、学習塾が一番てっとり早かったんですね。」

    子育てを始める30歳前後の方にとっては、佐藤氏のような知の巨人がどのような幼少・青年期によって形成されたかに関する理解を深めることができ、興味深い。また、全共闘が収束していった1970年台前半において、子供にとって最上の学びの場を提供するという理想を持った優秀な大学院卒の先生が塾にいたころのその時代の知的な空気をこの小説によって追体験することができる。

  • 佐藤 優『先生と私』(幻冬舎文庫 2016//2014)

    【版元の内容紹介】
     モーパッサンの「首かざり」を教えてくれた国語の先生。『資本論』の旧訳をくれた副塾長。自分の頭で考えるよう導いてくれた数学の師。-異能の元外交官にして、作家・神学者である"知の巨人"はどのような両親のもとに生まれ、どんな少年時代を送り、それがその後の人生にどう影響したのか。思想と行動の原点を描く自伝ノンフィクション。
    http://www.gentosha.co.jp/book/b9737.html


    【目次】
    目次 [005]

    第一章 僕の両親 007
    第二章 あさま山荘 037
    第三章 山田義塾 069
    第四章 哲学と神様 102
    第五章 スカウト 134
    第六章 数学の先生 167
    第七章 革命 180
    第八章 進路相談 212
    第九章 高校受験 244
    第十章 春休み 277
    第十一章 塩狩峠 309
    第十二章 稚内 340
    第十三章 帯広 351
    第十四章 立席特急券 368
    最終章 父の背中 378

    解説――すべての人を師として(蜂飼耳) [406-413]

  • 面白かった。内容はありがちな自叙伝なのに、何故かグイグイ引き込まれた。

  • 2016年6月7日読了。

  • 20160603

  • よい師が周りに偶々いたようにも感じるが,よい師であることを見抜き,教わろうという純粋な気持ちで常に接していることが全てに思う.“先生と私”,つまり先生が居て初めて自分が存在し得ると認識している.その根底は,類い希な知識欲であろう.

全12件中 1 - 10件を表示

佐藤優の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
又吉 直樹
朝井 リョウ
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

先生と私 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

先生と私 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

先生と私 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

先生と私 (幻冬舎文庫)はこんな本です

先生と私 (幻冬舎文庫)のKindle版

先生と私 (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする