去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)

  • 479人登録
  • 3.21評価
    • (13)
    • (44)
    • (77)
    • (24)
    • (6)
  • 67レビュー
著者 : 中村文則
  • 幻冬舎 (2016年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344424678

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
東野 圭吾
湊 かなえ
中村 文則
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 米国ウォール・ストリート・ジャーナル紙によって毎年発表される「いま読むべき本」ベスト10。2012年は小説部門で、2013年はミステリー部門で選出された、栄えある日本人作家が中村文則。どの作品も相当暗く、決して好きだとは言えないのに、ついつい手に取ってしまう作家です。本作も例に漏れず暗い。だけどすこぶる面白い。

    ライターの「僕」が面会したのは、女性2人を殺害した罪で死刑判決を受けている被告。その殺害方法は信じがたいほど残忍。「あなたについて書くことに決めた」と告げる僕に、被告は「覚悟はあるか」と問う。被告と直接会うことにおののきを感じ、手紙のやりとりを始める僕。と同時に被告の姉や知人への取材を開始する。しかし、殺人の動機はわからず、関係者はどこか歪んだ人間ばかりで……。

    200頁足らずとずいぶん薄い本なのに、読み応え十分。この暗さは嫌いだと思っていても引きずられるように読むはめになり、ちりばめられた叙述トリックにも途中まで気づかず。仕掛けが非常に面白く、あとがきを読む頃には「おみそれしました」と言いたくなります。1冊の本ができあがる過程を見せられているかのようでもありました。2度読みたくなる本です。

  • 前に土の中の子供読んで、ちょっと苦手かなと思ったのだけれど、やっぱり少し苦手かも。
    なんか精神的にやられる。

  • 僕が本当にきみと別れてしまったのは、去年の冬だ。木原坂朱里を初めて抱いたあの夜。人間をやめ、化物になろうと決意した夜。…きみの彼氏が、化物であってはならない。そうだろう?去年の冬、きみと別れ、僕は化物になることに決めた。

  • 予想を超えた展開で、面白いと思う。心理描写も素晴らしい。狂気で狂っているから納得できるのだろう。

  • ライターの「僕」が、猟奇殺人事件の犯人に面会に行くところから始まる物語。
    女性2人が焼き殺された猟奇殺人事件の裏にある真実とは―?!

    冒頭で真相を知ろうとする「僕」に対して
    犯人の「覚悟は、……ある?」という問いかけは
    自分にも向けられているようでぞっとしました。

    犯人はもちろんのこと、犯人の姉や事件の関係者など
    取材する相手からは例外なく狂気や違和感が感じられ
    読んでいて決して心地よくはないのですが、
    事件の終着点が気になってページを捲る手が止まりません。

    時折挟まれる犯人からの手紙を通じて
    だんだんと犯人の心情も明らかになっていくのですが
    途中の手紙の最後の「きみは誰だ?」という言葉から
    だんだんと物語は姿を変えていき、
    二転三転し、全く意外なところにたどり着きました。

    まるごと騙されて、感嘆。
    伏線もみごとに回収されててスッキリ。
    (実際には物語が物語なのでスッキリ感はないけれど・・・)

    じめじめとずっとセピア色の雨が降り続いてるような憂鬱感。
    「狂気の沙汰」という言葉がとてもお似合いですが
    途中からそんな狂気にどんどん浸食されていくようで
    そんな狂気がもしかしたら自分の近くにも、
    もしかしたら私にも潜んでいるかもという不安感が後を引きました。

  • 2017年2月23日読了。
    2017年27冊目。

  • 最後に焦ったけど大丈夫!

  • よく分からん。。。

  • 洒落たミステリー。
    謎解きは、難解すぎて諦めた。

  • 思ったほど暗くなく、でも淡々と狂っている感じは底辺にずっと流れ続けているよう。
    単行本では書かなかったというあとがきがあることで混乱した。
    たぶん素直に読んだままで合っているとは思うけど...。

    ミステリーのトリックには重点を置いていなくて、ひたすら狂ってしまった人間の話が展開されるというところが中村さんらしいと言えるのかな。
    面白かった。

  • 【ネタバレ】
    本の編集を頼まれた主人公と木原崎姉弟の物語、、と思いきや、という展開。
    自分も含め、狂気を誰しもが持っている。この筆者はそれを形にする。そんな感覚がある。

  • 中村文則氏の作品は初読み。前評判もあったけど結構読みやすいです。でも心理戦に持ち込まれたら危険な相手かなと。ある種の凶器とか毒を感じさせるかっこよさがあります。

  • かなり歪んだ性格で偏愛とか変質者的な人物たちが織り成す、摩訶不思議なおはなしである。猟奇的殺人事件の犯人に面会するライターも普通じゃない、登場人物すべてが軽くいっちゃってるってある意味凄い(笑

  • いつも思う。お決まりの台詞。
    「そんなこと(復讐)したって、あの人は喜ばないよ」

    ほんとに?絶対?
    わたしなら「さんきゅっ!あいしてるぜベイベ」くらい思うだろうと思う。
    ただ、「そんなことで手を汚させてごめん」とも思うだろう。

    なんつーか、そういうこと。

  • 初の中村文則作品、面白かったー
    何回か読み直したい感じ。
    スラスラ読んでいってたのにズドンとひっくり返される瞬間がいいなーと思った。
    少し置いて再読予定。
    人形師の話や写真家の話、くるくる返してたいしたことないものにしてしまうのも面白くて、最初の理解を覆して一筋縄ではいかなくさせるのが上手い。

  • やっぱり凄いと思わせる発想力を中村さんに感じるのは「土の中の子供」以来・あれは芥川賞を獲ったんだね~ライターの僕はある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は二人の女性を焼き殺した罪で死刑判決を受けていた。だが,動機は不可解。事件の関係者も全員どこか歪んでいる。人形師?姉?被害者?この異様さは何なのか。僕が真相に辿り着けないのは必然だった。なぜなら,この事件,最初は盲目の女性は事故で死に,二度目は元夫が復讐しようとし,写真家の弟と男を食い摘んでは死に至らしめていた姉に,姉の被害者の一人である弁護士が共謀したモノだった。二度目の被害者は借金を抱えた風俗嬢ではなく,それとすり替えられた姉だったのだ~大したモンだ・1977年生まれだって。単行本は2013年に出ていて,あとがきを付けなかったらしく,文庫化されて書いているんだけど,M・MもJ・Iも何のこっちゃか?

  • 読んでいる途中から何か変だと感じるようになるのだけど、最後まで読むと納得です。仕掛けがいっぱいで面白かった。純文学とミステリーが融合した感じで読みやすかった。

  • 女性2人を殺害した罪で、死刑判決を受けた写真家の男。
    彼についての本を書くために、拘置所へ面会に行くライターの僕。
    写真家の姉や、友人達への取材を続けていく内に、たどり着いた真相とは・・・。

    気になっているけど、まだ読んだ事がなかった作家さん。
    という訳で、『去年の冬、きみと別れ 』が初・中村作品です。

    取材対象として「僕」が会う人物が、異様な人ばっかりー!
    そこはかとなく(いや、あからさまに?)漂う薄気味悪さ。
    とにかく続きが気になり、引き込まれるように読みました。
    個人的には面白く感じましたけど、好みは分かれそう。

    <以下、ネタバレです。>

    ネットでの書評を見ると、最後のイニシャルが分からないという話がちらほらあるようですが。
    正直、イニシャルで表されている名前が何という名前なのかは重要ではなく。
    それが写真家と1人目の被害者の事であり、この小説自体が、編集者によって出版された本(つまり、出てくる名前はすべて仮名)であるという事でいいんですよね?
    うーん、分からないというのが分からないw

  •  ミステリ小説だけれどもミステリとしてより、狂気や歪曲した世界を楽しむ小説。写真に隠された闇や、狂人と狂人が共存する破滅しようとする世界で行なわれていく悲しく燃える所業。
     「僕の真の欲望は、破滅的な人生を送ることでもない。荒々しいことを求めることでも、見事な芸術をつくることでもない。安定を求め、時々破滅に憧れ、職業は何でもいいからみんなから羨ましがられることだと。 」この文は非常に現実的な僕たちの憧れを表している。
     また、出番は少ないが女性が魅力的。堕落したい。

  • 深い愛情は狂気と紙一重だなと。
    徐々になぞが解けていくのが面白かった。

  • 置いていかれないように、
    必死についていった。

    不気味なのに、不思議と
    夜中に読みたくなる。

全67件中 1 - 25件を表示

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)の作品紹介

ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は二人の女性を殺した罪で死刑判決を受けていた。だが、動機は不可解。事件の関係者も全員どこか歪んでいる。この異様さは何なのか?それは本当に殺人だったのか?「僕」が真相に辿り着けないのは必然だった。なぜなら、この事件は実は-。話題騒然のベストセラー、遂に文庫化!

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)はこんな本です

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)のKindle版

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)の単行本

ツイートする