偽りの森 (幻冬舎文庫)

  • 34人登録
  • 2.93評価
    • (0)
    • (1)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 花房観音
  • 幻冬舎 (2016年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344424685

偽りの森 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 京都、姉妹、とくると、思い出されるのはやはり谷崎潤一郎の細雪。
    内容は違うものの、やはりどこか意識して読んでしまう。
    京都に住む四人姉妹。あれだけ距離感が近いと息が詰まりそうだなぁ。
    私自身が四姉妹だということもあり(私は末っ子)
    本書の中の姉妹と共通点を探すも、それも余り無く。
    姉たちを『羨ましい』と羨望する事はあっても、
    あんなにメラメラとした嫉妬心は抱かないな。

    やはりあの四姉妹は一度離れないと。
    心が「家」から離れてみて、初めて知る事の出来る
    「家族」もあると私は思う。

  • 2016.12.28読了
    四姉妹それぞれの生き方とか抱えている嘘とかが、短編式で描かれていて読みやすかった!
    四姉妹も彼女たちの母親も、結局自分が一番かわいいんだろうな〜と思った。
    個人的には四姉妹の中で冬香が一番、女の嫌なところとかずるいところを集めたように感じた。
    話の舞台は京都で、京都にはこんなに排他的な感じの人が本当にいるのかな?と少し疑問に思った。
    初花房観音さんでした。

  • 京都の老舗料亭の四姉妹が抱える嘘と秘密を連作短編の形式で描いていた小説。オンナたちの性欲、本性に翻弄されるオトコたち。そして、オンナ同士の騙し合い…

    文庫化にあたり書き下ろし短編『糺の森』を収録。

    これまで読んだ花房観音作品の中では今ひとつ面白さを感じなかった。

  • それほどおもしろくない。

  • 四姉妹のそれぞれの生き様の物語。それほど妖艶でもない。母四季子の影響されてそれぞれの人生が成り立って行く。物語としては退屈な展開で有る。花房観音の本は今回が二冊目であるが、前作の方が良かった。

  • 京都で高級料亭「賀茂の家」を経営していた雪岡家、経営が破綻し料亭は人手に渡っても、雪岡家の四姉妹は下鴨の家に囚われているかのように居心地がいいと居着いている。表面上は仲が良く見えるのに姉妹間には秘密があり、鬱屈を抱え、偽りの顔を見せている。この四姉妹の性や恋愛の描き方が面白かった。結局、四姉妹も母親も自分のことが一番好きなんだなあ……。構成は好きだけど、心理的な描写がくどいと感じた。結末は「ここで終わり?」という場面で終了。余韻が残っているというよりも、読者に丸投げしている感があった。むしろ、そこから先の愛憎劇を見たかったかも?

全6件中 1 - 6件を表示

花房観音の作品

偽りの森 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

偽りの森 (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

偽りの森 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

偽りの森 (幻冬舎文庫)はこんな本です

偽りの森 (幻冬舎文庫)の単行本

偽りの森 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする