日本全国津々うりゃうりゃ (幻冬舎文庫)

  • 53人登録
  • 3.67評価
    • (5)
    • (5)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 宮田珠己
  • 幻冬舎 (2016年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344424821

日本全国津々うりゃうりゃ (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 紀行文でもエッセイでもない。
    ましてや純文学でもない。
    旅行本にしてはその土地の歴史とかを語るわけではなく、否、本当のことを書いているかも怪しい。
    こんな本が何冊も出ている日本に安心する。

  • もっと旅感のあるエッセイかと思って読んだので、そういう意味では期待はずれでした。
    著者さんの目から見た、ちょっとコアな話題で、ツボにハマる読者にはたまらない内容かもしれません。

  • 待望の宮田氏と高野氏の文庫新刊を入手。まずは尊敬する宮田氏の著書を読むことに。本当に久しぶりの宮田節はやはり気持ちが良く、所々「んああ」という表現に「何だ?」と思ったものの、あっという間に読了してしまった。旅に関しては価値観が自分と全く違うのに、本書を読むと旅に出たくなる。えのきどいちろう氏の解説も良し!

  • いつも通りのタマキングの面白さ

  • H28.12.6読了

  • 久しぶりに宮田さんの文章を堪能。今回もくだらなさ感がぷんぷん出ていていい感じでした。

  • 古川書店

  • ほのぼのノンフィクション 最高

  • 日本全国の観光地を巡る脱力系旅エッセイといった感じ。著者自身の怪しいイラストと写真と文章のコラボレーション。大したことをテーマにしていないのに、無理矢理に、一生懸命に盛り上げている感じが痛々しい。

    椎名誠のエッセイと沢野ひとしのイラストを真似た感がありありで、オリジナリティが無い分、楽しめなかったのは自分だけだろうか。

全9件中 1 - 9件を表示

宮田珠己の作品

日本全国津々うりゃうりゃ (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

日本全国津々うりゃうりゃ (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本全国津々うりゃうりゃ (幻冬舎文庫)はこんな本です

日本全国津々うりゃうりゃ (幻冬舎文庫)の単行本

日本全国津々うりゃうりゃ (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする