ふたつのしるし (幻冬舎文庫)

  • 224人登録
  • 4.20評価
    • (5)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 宮下奈都
  • 幻冬舎 (2017年4月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344425996

ふたつのしるし (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 美しい顔を眼鏡で隠し、田舎町で息をひそめるように生きる優等生の遥名。早くに母を亡くし周囲に貶されてばかりの落ちこぼれの温之。遠く離れた場所で所在なく日々を過ごしてきた二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った…。何度もすれ違った二人を結びつけた「しるし」とは?出会うべき人と出会う奇跡を描いた、心ふるえる愛の物語。

  • 心がふるえた。
    優等生の遥名と落ちこぼれのハル。
    出会うべき人と出会う奇跡。
    解説にもあったが、「ふたりのしるし」ではなく「ふたつのしるし」というところがまた良い。

  • すてき
    改めて自分恵まれた環境やった/やなと感じた
    ちょっとずつ繋がっていて、ちょっとずつ離れている いいね
    解説のオールも好き

  • 20170423 不器用な生き方。周りを気にして迎合する人がほとんどになっている現代なのて同じような二人が出会う事で丸く収まるのは必然かもしれない。

  • 宮下さんは、現在活動中の日本の作家で多分一番好きだ。文章が良い。気取ったところがなくて、読みやすいところが非常に好み。心の中にすうっと入ってくる。ごく普通の人達の人生を丁寧に描く所も好きだ。この小説にもその2つの良さが発揮されている。二人のハルの物語。どちらのハルも不器用だが、一生懸命に誠実に生きる。その生き方に共感した。二人の生き方が交錯するのは、日本人の誰もが忘れられない日。宮下さんの小説の中では地味なプロットだと思う。それでも、その地味さゆえに心に深く染み入るところがあって、感動は大きい。

全5件中 1 - 5件を表示

ふたつのしるし (幻冬舎文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ふたつのしるし (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ふたつのしるし (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ふたつのしるし (幻冬舎文庫)はこんな本です

ふたつのしるし (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする