そこらじゅうにて 日本どこでも紀行 (幻冬舎文庫)

  • 37人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 宮田珠己
  • 幻冬舎 (2017年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344426184

そこらじゅうにて 日本どこでも紀行 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タマキングの作品は音楽だ!

    突然悟ってしまった。
    タマキングの書くものは、何度でも繰り返し読めてしまうのはなぜなのか?
    たいした中身がないからとか、こっちの記憶力が落ちているからとか、いろいろ思いあたることはあるけれど、良い音楽、好きな曲と同じで、何度でも聴ける(読める)のだと。
    感動したり、深く考察したりということよりも、あの調べが心地よいのだと気が付いてしまったのであります。

  • 「読書に疲れたときに読む本」扱いにしていたら、思いのほか時間を費やしてしまった。

    津々うりゃうりゃ、元ネタが理解されてないとたしかに意味不明だ。

  • この内容が本に出来るのが凄いや。
    ツボにはまれば、行ってみたくなる。
    近所にもまだ未体験スポットがある。
    行ってみるかは…

  • 列車での移動中に読了できる幸せ。国外から国内へ目を向けた著者の視点で、相変わらず面白い文体が綴られる。本書では秘境エンタメノンフの開拓者・高野秀行氏ともシュノーケリングを楽しむ豪華な取り合わせがあった。単行本のタイトルとなっている『津々うりゃうりゃ』が駄洒落として編集部に理解されていなかったとはショックだ。解説にもあった著者の4コマ漫画は是非読みたいぞ。

  • 中身が無さすぎて読み終わっても何も感想が出てこない。

  • 座禅のくだりが一番気に入りました。

  • この人は海が好きだね。それも隅っこの方。いいね。正直な感想がとても共感できる旅行記であった。さあ、さっさと次も文庫にするのだ。

全7件中 1 - 7件を表示

宮田珠己の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

そこらじゅうにて 日本どこでも紀行 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

そこらじゅうにて 日本どこでも紀行 (幻冬舎文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そこらじゅうにて 日本どこでも紀行 (幻冬舎文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

そこらじゅうにて 日本どこでも紀行 (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする