アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

  • 976人登録
  • 4.07評価
    • (62)
    • (99)
    • (44)
    • (2)
    • (0)
  • 77レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 幻冬舎 (2017年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344426313

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

  • 伊坂幸太郎はいいねぇ。帰省で福岡へ向かう新幹線の中で読了(しかし、今日の混雑は半端ない)。
    今回は、じんわりと胸の中を打たれる奇跡のような出会いのお話が6つ。
    「アイネクライネ」「ライトヘビー」や「ドクメンタ」のようなありそうで実際にはそうはない、小説とすれば些か陳腐な出会いでも、この作者にかかると、自分にもこうしたことが起こるといいなと思いたくなる話になる。
    「ルックスライク」の最後、良かったなぁ。かつての恋人が結婚した相手を見て『素敵な人と結婚したんだな、とわたしも嬉しかった』と言えるなんて…。
    ここまでの登場人物の現在と19年前と9年前が行ったり来たりして語られる最終話「ナハトムジーク」、それまで全く関係なかった司会者の言葉に、またジンと来た。

  • 最近、伊坂幸太郎という作家の持つアトモスフィアが分からなくなりつつあるのだけど、台詞廻しの上手さと、モチーフの秀逸さが光る短編集!

    どの話も、ニコッと笑える。
    安心して最後まで賞味可能。

    冒頭「アイネクライネ」では、あっ、これ斉藤和義‼︎ってフレーズに出会えて、あとがきに記されていたのが楽しかった。
    斉藤さん1回100円。探したくなる。

    時代外れのアンケートに乗ってきてくれた女の子の、カバンについていたバズライトイヤーから、友人夫婦に「トイストーリー」勧められて、「2」まで買っちゃう小野さんが、好きだ(笑)

    「ドクメンタ」では5年に一度の催し物から、免許更新でだけ出会う相手の話が展開される。
    免許更新場での出来事を、宿命的ドラマに出来てしまう作者の発想が、すごい。
    通帳の記帳、私も溜まってるんだよなー。『新党億劫』が出来たら、支持します。

    「メイクアップ」も好き。
    高校時代に仲間外れにされた相手と、ビジネスの場で再会する。
    相手は覚えていないのだけど、彼女が果たして善きものに成長したのかどうか、そして復讐すべきかどうか、とウロウロする話。
    設定としてはある話だけど、どうにもこうにも平行線で、でもささやかな罰が当たればと願ってしまう気持ちって、分かるなぁ。

  • ★4.0
    全6編が収録された連作短編集。時に厳しく時に優しい人生が、広いようで狭い人間関係と現在・過去・未来を交えて描かれる。そんな物語の舞台となるのは、駐輪場やファミレス等、誰もが知っている馴染みのある場所。そして、それぞれに何らかの欠点や不得手があるけれど、それがあるからこそ、誰かと一緒に生きていくのだとしみじみと感じさせる。それにしても、個々の状況に合わせたフレーズを聴かせてくれる、“斉藤さん”がすこぶる素敵!殺し屋たちが登場する奇抜な作品も良いけれど、ちょっぴり緩くて温かい本作の方が好きかも。

  • 短編の連作集。
    相変わらず時間軸の使い方と話の繋げ方がうまい。
    語る順番で、こんなにも話にメリハリがつくんだなぁ。
    とても心温まる話でした。

  • お得意の連作短編集で、安心感というか安定感は相変わらず抜群。まあハズレませんわな。今回はミステリ要素とは無縁だったけど、何気ない青春モノというか家族モノも、伊坂ワールドに組み込まれるとこうも楽しくスリリングに。脇役にはなるんだろうけど、ボクサーの彼が好きでした。

  • 伊坂幸太郎さんの小説は何冊か読んでいるので、個性的な登場人物が出てくるのは予想していましたが、今回も変わり者やけど愛されキャラが出てきてあっとゆうまに読めました。
    短編集かな?と思いきや、すべて少しずつ繋がっているのがさすがだな!と思いました。
    が、時間も前後しますし、登場人物が多いので時々それぞれの関係性と時間軸を整理しないと読み進めるが大変でした!

  • 久しぶりに読んだ伊坂さん!
    なんか、伊坂さんぽくなくてびっくりしたけど
    すごくよかった、、
    人と人とが繋がる系、大好きなのだけどこんがらかってしまう。だれか人物相関図つくって!
    自分でも書き出してみたけれど、拾えてないところがあるなー。
    ジム職=事務職 すごくすきだった!
    あと、記帳のエピソード。
    あー。余韻。
    斉藤和義聴こう!!!
    斉藤さんって、斉藤さんだよね。

  • 久しぶりに伊坂幸太郎を読んだ。登場人物が、まるで編み込みのように、絡み合い結びあって、お見事!という感じ。物語のはじめの方に出てくる「斉藤さん」ってまさかあの斉藤和義?と思ったら、やはり…だった。

  • あとがきに作者本人が書いているように、伊坂作品にしては珍しく「泥棒や強盗、殺し屋や超能力(中略)がほとんど出てこない」物語です。それでも伊坂ワールドは健在。一見バラバラな話と話が繋がって、あれ?既視感…と思ったらまた繋がって、遡って…。そして最後にはそれがバチンと嵌る。緻密でいて、爽やかな作品です。

  • 伊坂さんは読み始めると止まらなくなる。
    短編集なのに。

    必ず現れるオレ理論の人物の発想も面白いし、
    伊坂ワールド全開。
    で、あとがきで、斎藤さんの曲が斎藤さんの曲だったことに気づく。

  • 伊坂幸太郎らしいテンポの良さと緩く網の目のように繋がる人たちが垣間見える楽しさがあったとは思う。個人的にはもう少し網の目が太く繋がる読み応えのある話の方が好みなので、読み終えたときの満足感はちょっと物足りないかんじ。

  • 伊坂幸太郎らしい、茶目っ気がある文章に乗せられた群像劇。

    最終的にはウィストン小野というヘビー級ボクサーのチャンピオンマッチへと集約していくのだが、今までの登場人物が緩やかに彼の人生はと関わっていることがあるから、ラストの試合の描写には熱が入った。

    単に群像劇と見てもウィットに富んでいて面白いのだが、群像劇のラストがこんなにも盛り上がるとは望外の喜びであった。傑作だ。

  • ほっこりするいい話が続く連作短編集。「ドクメンタ」では5年に一度、免許更新でだけ出会う相手の話。通帳記帳か、痛いとこついてくるわ。「メイクアップ」は高校時代いじめられた相手に社会人になってから再開する話。微妙な心の揺れがなんともいえない。「ルックスライク」はこれだけで際立っていた。素敵な人と結婚したんだなと嬉しかったとわたしも言いたいな。最後の「ナハトムジーク」は今までの短編が関係してきてお見事。全体に流れている斉藤さん1回100円は斉藤和義とのこと。聴きたくなった。

  • ちょっと斉藤和義借りてくるっ!
    読み終えたのは午前0時過ぎ、明日斉藤和義聴きながら通勤したくなった私は、気がつくと閉店間際のレンタルショップにいました

  • 伊坂幸太郎らしい 各短編を人がつなぎ、時間軸を変えてまたつなぐ 楽しい連作短編集でした!

  • 一人一人の関係性と絡み合いと影響しあいが面白い

  • 文句なしの星5つ。面白かった!

  • 伊坂幸太郎の小説をひさしぶりに読んで、面白くて一瞬で読み終えてしまいました

  • 会社員、美容師、高校生、ボクサーetc.
    色々な人と人が人生の一場面で出会い、また次の人と繋がっていく。短編集ですぐに読めました。秀作。

  • 久しぶりの伊坂作品
    不覚にもちょっと泣いてもしまった

    何気ないものが奇跡になるような
    いやいや小説ですもんね、
    なんて心のうちの反論もいつのまにか引っ込んじゃうような

    この人の、こういう作品がすごく好きだったんだな
    思い出した

    久々の超名作

  • 人と人との出会いと関係が、この連作短編集にはぎっしり詰まっている。その全ての出会いと関係に私は憧れてしまう。
    素敵だなぁって思うフレーズがあって、おおいに私は励まされた。
    読んでよかった。

  • 安心感のある作家だと思う。
    読んでいていつもの世界に引き込んでくれる。
    微妙な連作短編小説であってその中で好みが表れる。
    自分は「ライトヘビー」,「ドクメンタ」が秀作だと思う。
    「ルックスライフ」もある意味で面白い作品だ。
    「ナハトムジーク」にもう少し種明かしの部分が書き込まれていて貰いたかった。

  • なんのことはない様々な登場人物の日常の繋がりを描いた作品なんだけど、それぞれが持つ人としての魅力が言葉や動作のはじばしに出ていてすごく良かった。

    19年前の出来事と9年前の出来事と現在とが、(たぶん、一人のヘビー級チャンピオンというちょっと凄い存在のおかげで)絡み合っていることが分かり、偶然とか必然について考えさせられるところも、さすが伊坂さんといった感じだ。

    頭を使わずにゆるりと読める可愛らしい作品。

  • 面白いなあ、伊坂幸太郎。

    読みながら何度「うまいなあ。」と言っただろう。

    小説や漫画の主題歌を勝手につくってバンドで演奏する作戦を企んでいたのだけれど、すでにこの小説は斉藤和義が曲を作っていた。

  • 伏線の畳み掛け、畳み込み、伊坂節が炸裂した。

全77件中 1 - 25件を表示

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)のKindle版

ツイートする