キャロリング (幻冬舎文庫)

  • 761人登録
  • 3.74評価
    • (16)
    • (47)
    • (34)
    • (4)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 有川浩
  • 幻冬舎 (2017年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344426719

キャロリング (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 出てくる登場人物すべてが優しくて暖かくてすごく素敵でした。
    ポロポロと泣けてしまいます。
    切なさと暖かさ、両方を感じて胸がギューっとなるようなお話でした。

  • 残念
    久しぶりに有川さんを読んだけど
    いつもの展開に飽きたのかな
    読み手の問題かな

  • 一時期はものすごくはまってたけど、

    最近はご無沙汰だった有川浩の作品を読んだ。



    昔と変わらず
    とても読みやすく物語に惹きこまれる恋愛モノだったな。

    今作は三浦しをんの『まほろ駅前~』みたいな感じのストーリーだった。

    三浦作品はハードボイルドで
    有川作品はベタ甘恋愛モノだけど(笑)

    訂正
    まほろは伊坂幸太郎じゃなくて三浦しをんでした(^^;

  • 不幸の比べっこしたってしょうがないだろ。

    有川浩、久しぶりに読んだ!
    しばらく離れてたけど、やっぱり読みやすい。
    引き込まれていく。
    そして、やっぱり人物の描き方が魅力的で、
    ぐいぐい読んでしまう。
    大和、好きだわあ。そして柊子、あんな女性に憧れちゃうなあ。
    赤木ファイナンスの誘拐のくだりは必要だったのかな?とも思ったけど。。
    全体的には、すごく楽しんで読んだ。

  • 【あらすじ】
    クリスマスに倒産が決まった子供服メーカーの社員・大和俊介。同僚で元恋人の柊子に秘かな思いを残していた。そんな二人を頼ってきたのは、会社に併設された学童に通う小学生の航平。両親の離婚を止めたいという航平の願いを叶えるため、彼らは別居中の航平の父親を訪ねることに――。逆境でもたらされる、ささやかな奇跡の連鎖を描く感動の物語。

    【感想】

  • とくにない

  • 有川さんの小説は、ライトノベルというのかな
    読みやすく、気持ちも明るくなる
    きっと、納得できる筋が通っているからなんだろうな
    年末に、「3匹のおっさん」のドラマ再放送があったけど
    現実はもっと厳しいかもしれないけど、
    こういう世の中であってほしいなって思う
    そんな気持ちのまま、優しい気持ちで読み終わることができた

  • 子供の気持って読んでてやっぱり心に響きますね。
    弱いです・・・。

    心打たれる作品でした。

  • 子供時代、辛い思いをした大和に英代が掛けた言葉がとても心に残った。
    不幸の比べっこしても、仕方ないでしょ…
    確かにそうだ。
    人と比べて、妬んだり、落ち込んだり…を
    繰り返してしまう
    自分の幸せを大切に、人と比べても
    しょうがない。

    人を思いやる気持ちを持ってる人たちの話で、
    とても心が温まりました

  • 請求記号 913.6/A 71

全36件中 11 - 20件を表示

有川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする