キャロリング (幻冬舎文庫)

  • 764人登録
  • 3.75評価
    • (17)
    • (47)
    • (34)
    • (4)
    • (0)
  • 36レビュー
著者 : 有川浩
  • 幻冬舎 (2017年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344426719

キャロリング (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 人生最悪だと思っている人が、人生最悪だと思っている人たちから、人生最悪だと思っている男の子を救う話。

  • クリスマスに倒産が決まっていた会社が主な舞台だけれど、そこがやっている学童保育にやってくる航平くんが話の中心なのかと思う。なかなかしっかり者で彼のために周りの大人達が奮闘。かなりドタバタなシーンがありちょっと期待外れな感じはした。そして有川さんらしいベタな恋愛話はないけれどドタバタを除けばほんわかな雰囲気で進み、そして終わる。

  • 久々の有川浩です。
    『キャロリング』とは、クリスマスイヴにキリストの生誕を賛美歌で知らせること、とあった。
    クリスマスキャロルか。

    不幸の比べっこしても仕方ない。

    主人公の大和の胸にある言葉を軸に話は展開する。
    でも、私はどちらかと言うと赤木率いるチーム・ヘッポコファイナンス(笑、勝手に命名)に愛着が湧いた。
    自由に生きるという選択肢を根っこから奪われてしまった赤木と、社会から使えないと烙印を押され、失敗すれば死を意味するような環境にいる、部下の糸山と石田、そしてレイ。
    そんな、どうしようもない三人を抱えて、赤木は裏社会に相応しくない「つましい暮らし」を送ることだけを考え、悪事を働くわけで。
    話の展開としては完全に悪役なのだけど、この四人が愛おしすぎた。

  • 残念
    久しぶりに有川さんを読んだけど
    いつもの展開に飽きたのかな
    読み手の問題かな

  • とくにない

  • 登場人物それぞれキャラを持っていて
    小説というより映画がドラマの脚本を読んでる感覚だった。ストーリーも面白くて一気に楽しく読めました。
    ただ私にとっては心に残る本ではなかったです

  • 有川浩さんの久々の新刊。
    最初は、不幸な家族のHAPPY ENDものかと思いきや、流石、有川さん!
    登場人物の人間模様はもちろんのこと、物語が進むにつれての七転八倒は有川さんらしさ健在!!
    ハラハラ・ドキドキの面白い1冊でした~

  • え!有川さんどーしたの!!!?って始まりにびっくり!
    でも読み進めるとやっぱり有川節で安心した。
    大和と英代も、航平も、柊子も、素敵な関係。
    圭子ママもわりと好き。
    悪者にわかりやすくヤクザ?が出てきたのは、
    なんだかなぁ、でしたが、
    最後のレイが可愛かったので良し。

  • 有川浩さん独特のクセが抜けた?ように思う。でも芯の部分はブレていなくて、青臭さも感じるけれど、それが、素直に、良いと思える作品だった。この作者の描く子供と、それに対する大人が、好きだなぁと改めて感じた。

  • いや~、有川浩って久し振り。前は毎月のように読んでいたように思うけど…。
    登場人物がそれぞれにイタくて、お話し全体もイタくて、読んでて多少キツいかな。
    ストーリー展開もありがちで、最初の不穏なプロローグがあっても、行き先はなんとなく想像がつく。
    でもって、子供を使ってこちらの涙腺緩ませるなんてのはズルいよな。
    まあ、それがこの作者らしいところではあるけどな。

有川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする