この罪深き夜に (リンクスロマンス)

  • 282人登録
  • 3.52評価
    • (21)
    • (40)
    • (74)
    • (8)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 和泉桂
制作 : 円陣 闇丸 
  • 幻冬舎コミックス (2003年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344802070

この罪深き夜に (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今更ながら手を出しました清澗寺シリーズ。
    そして単体なら初読みの和泉さん。
    時代物、ファンタジーもの大好きなのに、なぜか手を出して
    いなかった有名作ですが、漸く重たい腰をあげて一気読み
    してみようかと……。

    大正時代の没落家族の長男受でした。
    お相手は使用人の息子なんですが、全体的に漂う退廃的な
    空気感がなんとも言えません。
    幼い頃の約束を後生大事に胸にしまい続けてきた受が、
    悲劇の別れから偶然に攻と再会。
    でもお相手は社会主義運動に手を染めており、自分は
    軍人という立場上、それを見過ごすことはできないという
    何とも胸苦しい展開です。

    何とか攻を逃がしたいという思いから、同窓の憲兵に
    情報を流すようスパイ行動をするのですが、その見返りに
    身体を……というお決まりコース。
    身を削っての献身もむなしく、攻にも色々と誤解され
    こっちでも身体を要求されるという、不憫受です。
    結局は色んなすれ違いが生んだ悲しい出来事だったわけ
    ですが、色々と鬱屈が溜まっていた受が終盤爆発。
    あれほど拘っていた家というものを全て捨てて攻めと
    逃避行。
    BL的にはおいしい展開なんですが、弟達のその後が
    凄く気になる……。

    書き下ろしの逃避行編では、何も出来ない受ににやにや。
    主従身分差好きにはおすすめです。

  • なんとなく苦手な気がしていた時代もの。ようやく積本くずせました^^主従ものいいなー。ものすごく萌えるというのとは違ったけど楽しく読めました。

  • 陸軍中尉である国貴は、金策に追われ疲れ果てていた。そんなある日、幼なじみの成田と偶然再会し、国貴は改めて成田に魅かれていくが…。大正ロマン登場! イラスト:円陣闇丸

  • 魔性な受け一族(3代続けw)いろんな美味しい受けが花を咲く

  • 時代と運命に抗うように生きる、ひたむきなふたりに惹かれました。後日談のショートも良かったです♪絵はがきのエピソードに泣けます。。

  • 備考:清澗寺家シリーズ1作目(長男編)/ドラマCD化

  • この作者らしく、けなげ受の気配はあるんですが、いかんせん全体的にハードな感じなので、期待した「切ない→幸せ~」って気分にはならなかった。

  • 大、大、大好きな清澗寺家シリーズ第1作。長男・国貴編です。
    没落しかけの家を支えようと奮闘するお兄ちゃん。
    でも、そんな国貴を尻目に、パパや次男坊は醜聞を垂れ流し続けているという…うーん、苦労人…。
    大正時代の背景も濃くて、歴史ものとしても恋愛ものとしても十分楽しめます!
    お互いがお互いを想い合うが故に傷つけ合ってしまうのが苦しいです…(´;ω;`)

  • 清澗寺家シリーズ第一弾。軍人の長男・国貴は長男ゆえに家にとらわれていた。その国貴が幸せな思い出のある、元使用人の遼一郎と再会し。

    ストイックなまでに大正という時代の中で旧華族である家を守ろうとする長男・国貴。そのために自分自身を律する必要があり、しかし不幸な出来事ゆえに離れてしまった忘れられない遼一郎と再会後は、遼一郎を守りたい一心で憲兵の男と寝る。

    下剋上、かな。

    清澗寺というあるいみ特殊な家の中で長男として何とかしなければ、という国貴がけなげ。

    Hシーンは濃い。

  • 面白かった…!ですがこれで終わりなのかと思って焦りました。(このままでは他の家族や使用人?が…)いやいや、ありますよね続き…良かった…。そのうち他も読みます~。

全25件中 1 - 10件を表示

和泉桂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

この罪深き夜に (リンクスロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

この罪深き夜に (リンクスロマンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

この罪深き夜に (リンクスロマンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この罪深き夜に (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする