スレイヴァーズヌード (リンクスロマンス)

  • 132人登録
  • 3.41評価
    • (9)
    • (15)
    • (46)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 華藤えれな
制作 : 雪舟 薫 
  • 幻冬舎コミックス (2003年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344802223

スレイヴァーズヌード (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 元使用人の冴木鷹成におとしめられ、隷属の日々をおくる倉橋柊一。屈辱的な仕打ちを受ける中、冴木が特別な存在であることを次第に自覚し…。 イラスト:雪舟 薫

  •  うーん……微妙……。
     このシリーズとってもすきなんだけど……。
     これは三本立てで、話の中に出てきた謎は一つも解決せず……。
     早く次をっ!! っていう気分になる。
     ようやく一歩進んだけど、進んだところで止まってしまった感じ。
     本当はもう一歩進んで欲しいんだけど……ちゃんと次も買ってるから、まぁ、いいや。次、読もう。

     早く、柊一は冴木の本当の気持ちに気付いてあげるといいよ。

  • あらすじ:使用人の冴木鷹成に会社を奪われ、奴隷になることを強いられた社長令息の倉橋柊一。母親譲りの艶麗な美貌を持つ彼は、冴木のたくましい体躯や優秀な頭脳に自尊心を傷つけられ、打ち解けることができなかった。屈辱的な日々を過ごす柊一だったが、幾多の危機を冴木に救われ、歩み寄ろうとする。しかし、冴木について何も知らないことに気づき、柊一は冴木を意識し始めるのだった―。

    スレイヴァー第3弾。

  • シリーズ第3弾。前回の2冊とはうって変わって、柊一と冴木のほんのり甘い日常が描かれています。でもやっぱりヤキモキさせる二人です。

  • 使用人の冴木に会社を奪われ、奴隷になることを強いられた社長令息の柊一は屈辱的な日々を過ごしていたが、幾多の危機を彼に救われ、歩み寄ろうとする。が、冴木について何も知らないことに気づき、柊一は冴木を意識し始め…。
    スレイヴァーズシリーズ待望の第3段! 柊一と冴木の関係はモチロン脇を固める素敵なキャラクターも相変わらず魅力的。今回は事件というよりは日常に近い部分でのお話なのでハラハラしなくてもドキドキできます(笑)ちょっと距離が縮まったような…? 米猫は桔梗がイチオシ!

  • これはまだ新装版でてないようなので。私の中でのBL小説至上最高の作品スレイヴァーズシリーズの第3弾。意地を張りつつも少しずつ柊一さまにまた尻にしかれはじめる冴木(笑)そしてスレイヴァーズ恒例の番外冴木視点シリーズも今回は特に注目!スレイヴァーズシリーズすべての根源となった冴木の柊一さまに対する例の誤解が解けた瞬間を拝めます(笑)

  • ○感想○相変わらず山脇に騙されそうになる柊一。冴木も気苦労が耐えません、同情します。高校時代嫌われてた訳じゃなく実は・・・と言うことが数々判明します。やっと少し歩み寄れるわけですが、もっと二人でちゃんと話しなさい!と思うのですが・・・。●あらすじ●使用人の冴木に会社を奪われ、奴隷になることを強いられた社長令息の柊一は屈辱的な日々を過ごしていたが、幾多の危機を彼に救われ、歩み寄ろうとする。が、冴木について何も知らないことに気づき、柊一は冴木を意識し始め…。

全7件中 1 - 7件を表示

華藤えれなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

スレイヴァーズヌード (リンクスロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

スレイヴァーズヌード (リンクスロマンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スレイヴァーズヌード (リンクスロマンス)の文庫

スレイヴァーズヌード (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする